診療科のご案内

ホーム > 診療科のご案内 > 泌尿器科 > 当院で特徴的な治療法について

  • 診療科のご紹介
  • 医師案内
  • フロアマップ

当院で特徴的な治療法について

腹腔鏡手術
腹腔鏡手術とは

当院泌尿器科の特色として治療に腹腔鏡手術を積極的に取り入れています。腹腔鏡手術とは体に1~2cmの小さな傷を数箇所作り、そこから内視鏡や専用の器械を入れて手術を行う方法です。
腹腔鏡のメリットとしては、痛みが少なく術後の回復が早い、出血が少ない、入院期間が短いなどの利点があります。一方、腹腔鏡手術は、一般の開腹手術よりも高い技術と経験が必要です。当科の手術は学会で認められた泌尿器科腹腔鏡技術認定医が担当いたします。
現在腹腔鏡下で行われている手術は、腎臓がん、腎盂尿管がん、前立腺がんに対する手術や副腎腫瘍、精索静脈瘤などです。

腹腔鏡下前立腺全摘術

当院では腹腔鏡下前立腺悪性手術の施設認定を受けています。腹腔鏡下前立腺全摘術は、次のような利点があります。
・手術中の出血が少ない。ほとんどの場合、無輸血で行えます。
・術後の痛みが少ないため手術後の回復が早く、入院期間が短い。
腹腔鏡下前立腺全摘術は高度な技術を必要とする手術法です。当院では、豊富な経験を持つ泌尿器科腹腔鏡技術認定医が手術を行っています。

<入院までの準備>
入院までは、特に生活上の注意はありません。ただし血液が止まりにくい薬を飲んでいる場合は、必ず担当医に伝えてください。そのまま服用していると手術ができないことがあります。

<入院期間>
入院期間は約1週間から10日間ほどです。

手術の方法

手術の方法

<手術の方法>
(1) 下腹部に図のように小切開を加え、トロッカーと呼ばれる筒状の管を入れます。トロッカーのひとつから炭酸ガスを注入して、下腹部を膨らまして内視鏡の視野を良くします。
(2) トロッカーより鉗子や切開装置を入れて前立腺および精嚢腺を摘出します。
(3) 臍の下方のトロッカーの傷より前立腺および精嚢腺を取り出します。前立腺のサイズによっては傷を大きくします。
(4) 尿道と膀胱との間を吻合し、腹壁を閉鎖して手術が終了します。

<手術後のスケジュール>
手術の翌日に歩行ができ、水が飲めます。次の日には食事ができるようになります。
尿は尿道から膀胱に挿入した管から持続的に排出されます。この管は術後4、5日ほどで通常抜きます。体内にたまった血液やリンパ液などを排出する管がおなかから出ます。これは経過をみて1~2日ほどで抜きます。おなかの傷は溶ける糸で縫いますので抜糸の必要はありません。

腹腔鏡下腎部分切除術

当院では小径腎がんに対しては積極的に腹腔鏡下腎部分切除術を行っています。
・手術中の出血が少ない。ほとんどの場合、無輸血で行えます。
・術後の痛みが少ないため手術後の回復が早く、入院期間が短い。
・術後の腎機能が温存できる。
腹腔鏡下腎部分切除術は高度な技術を必要とする手術法です。当院では、豊富な経験を持つ泌尿器科腹腔鏡技術認定医が手術を行っています。

<入院までの準備>
入院までは、特に生活上の注意はありません。ただし血液が止まりにくい薬を飲んでいる場合は、必ず担当医に伝えてください。そのまま服用していると手術ができないことがあります。

<入院期間>
入院期間は約1週間ほどです。

手術の方法

手術の方法

<手術の方法(左腎の場合)>
(1) 下腹部に図のように小切開を加え、トロッカーと呼ばれる筒状の管を入れます。トロッカーのひとつから炭酸ガスを注入して、下腹部を膨らまして内視鏡の視野を良くします。
(2) トロッカーより鉗子や切開装置を入れて腎臓の周りをはくりします。
(3) 腎動脈を一時的に挟んで血流を止めます。がん組織の周りに正常の部分をつけて部分切除します。切除したところは糸で縫い合わせます。
(4) トロッカーの傷より切除した腎臓を取り出します。腹壁を閉鎖して手術が終了します。

<手術後のスケジュール>
手術の翌日に歩行ができ、2日目より水が飲めます。次の日には食事ができるようになります。おなかの傷は溶ける糸で縫いますので抜糸の必要はありません。

前立腺がんに対する高密度焦点式超音波治療(HIFU治療)

国際医療福祉大学三田病院泌尿器科では、倫理委員会の承認を得て、前立腺がんに対する高密度焦点式超音波治療(HIFU)療法を行っています。この治療は新しい治療法のため健康保険ではカバーされておらず、自費での治療となります。

HIFU治療について

高密度焦点式超音波治療(HIFU)療法とは、強力超音波を直腸内にいれた振動子(プローブ)から照射することで前立腺の温度を80~100℃とし、前立腺の癌病巣を凝固させて死にいたらしめる治療法です。焦点以外の場所では、温度がそれほど上昇しないため、周囲の組織の影響は少なくなっています。

前立腺がんに対するHIFU療法は新しい治療法ですので、保険診療はまだ認められておりませんが、(1)短期間の入院で行える (2)生命に関わるような重篤な合併症がない (3)放射線照射後の再発症例にも施行できる (4)狙った部位のみ何回でも照射が可能であるなどのメリットがあります。
現在わが国では、約30の医療機関において前立腺がんに対するHIFU療法が行われており、他にヨーロッパでも施行されています。HIFU療法自体が新しい治癒法ですので、治療後長期間経過を観察している方の人数は限られていますが、短期の成績では早期前立腺がんに対しては、ほぼ前立腺全摘術に匹敵する治療成績が報告されています。

治療の実際

麻酔法は、全身麻酔または腰椎麻酔で行います。肛門から治療用・観察用プローベを挿入します。前立腺をこのプローブで十分観察し、前立腺の照射範囲を設定いたします。次にコンピューターでプログラムされた順序で目的の照射範囲に少しずつ位置を変えながら高密度超音波を照射します。治療の焦点領域は60~90度の高温になり、癌病巣は死滅します。
治療時間は前立腺の体積にもよりますが,約3時間程度かかります。治療終了後に膀胱尿道にはカテーテルを留置します。入院期間は原則として3泊4日を予定しております。

高密度焦点式超音波治療(HIFU治療)

高密度焦点式超音波治療(HIFU治療)

HIFUの利点

HIFU治療の適応は、癌が前立腺内に限局しており、かつ他の臓器(リンパ節や骨など)に転移していない前立腺がんの治療法として、80%以上の症例で癌をコントロールすることができる最先端医療です。HIFUは次のような利点があります。

初めてHIFU治療を行う場合以下の利点があります。
1.メスで切るようなことはなく、身体に傷をつけることがない。
2.術中・術後に多量の出血がない。
3.前立腺内の一定の部分のみ治療することができる。
4.短期間の入院による治療が可能(通常3泊4日)。
5.カテーテルをいれたままですが、退院後すぐ社会復帰でき仕事をすることが可能。

前立腺癌に対してすでに治療を行っている場合の利点は以下が考えられます。
1.手術や放射線治療と異なり、2回以上繰り返してHIFU治療することが可能。
2.放射線治療を受けたあとでもHIFU治療することが可能。

費用について

この治療は保険で認められた治療法ではありませんので、費用は患者様のご負担になります。かかる費用は、自費で100万円です。入院期間は、基本的に3泊4日としております。
自費診療に含まれる費用は、この期間中の手術費、入院費、検査費、投薬を含みます。もし、HIFU治療中にやむを得ない理由にて治療を中止したほうが良いと医師が判断した場合でも自費診療の負担分を支払っていただきます。入院の延長を希望される場合、延長される費用も自費となりますのでご注意ください。また、差額ベッドにかかる費用も自費となり、100万円の治療費に含まれません。ただし、この治療の入院前後の外来での検査、投薬の費用は、保険診療で行われます。

前立腺肥大症に対する経尿道的レーザー前立腺核出術(HoLEP)
HoLEPについて

大きな前立腺に対しては通常の経尿道的前立腺切除術(TUR-P)では出血が多く、時間がかかるために、おなかを切って摘出する方法がしばしば行われてきました。反面、術後の疼痛などで回復が遅くなることがあります。
経尿道的レーザー前立腺核出術は、内視鏡を用いて前立腺を一塊にしてくりぬく方法です。その後に特殊な機械を使って細かく切りながら吸い出す方法です。この方法は出血が少なく大きな肥大でも完全に取り出すことができます。またおなかを切らないため、手術後の痛みもほとんどありません。くりぬく時にはホルミウムレーザーが用いられています。当院では大きな前立腺肥大症に対してもHoLEPと呼ばれるこの方法で、おなかを切ることなく手術を行っています。

HoLEPの実際

1.尿道から専用の内視鏡を入れ、肥大している前立腺組織を一塊にして、レーザーを用いて周囲の組織より剥離する。その際出血する血管はレーザーで止血する。
2.完全に剥離が終了したら、肥大組織の塊を膀胱の中に入れる。
3.モーセレーターといわれる特殊な器械で前立腺組織を細かく刻みながら、体の外に吸い出す。

経尿道的前立腺切除術(TUR-P)と経尿道的レーザー前立腺核出術(HoLEP)の違い
TUR-P

TUR-P
前立腺を少しずつ削り取るためその度に出血する。

HoLEP

HoLEP
前立腺を一塊にして取り出すため、出血が少ない。

泌尿器科トップに戻る
PAGE TOP