診療科のご案内

ホーム > 診療科のご案内 > 移植外科

  • 診療科のご紹介
  • 医師案内
  • フロアマップ

移植外科

腎臓移植
末期腎不全に対する究極的な代替療法である腎臓移植は、患者様のQOL(生活の質)を改善するだけでなく、生命予後の向上にも貢献します。当科では、維持透析導入を経ずに計画的に移植を行う先行的腎臓移植をはじめとし、夫婦間の腎臓移植、高齢ドナー(腎臓提供者)やABO血液型不適合ドナーからの腎臓移植も行います。また、免疫抑制剤に起因する副作用を予防するため、ステロイド減量療法を積極的に取り入れています。腎臓をご提供の方には腹腔鏡手術が採用され、手術後5日以内の早期退院が可能です。

透析用バスキュラーアクセス
透析患者様の命綱であるシャント、人工血管、動脈表在化、長期留置カテーテルに対し、手術による初回作成から長期にわたる管理まで、幅広く診療を行います。血管狭窄には、超音波検査による血管・血流量評価とバルーン拡張手術(PTA)、血管感染や血管瘤には、適切なタイミングで手術を行い、安全な透析治療をサポートします。なお、シャントや人工血管が閉塞して来院された場合 、即日の手術を原則とし、臨機応変に対応します。

肉腫手術
当科は肉腫センターの外科チームとして、初発、再発腫瘍に対し積極的に手術を行なっています。特に、腹部・骨盤部の肉腫は手術治療が原則です。術前の腫瘍評価や治療計画、術後の検査計画は内科チームとのきめ細かい連携により検討され、患者様に安心して治療を受けていただけるよう丁寧にご説明します。


■対象疾患
腎臓移植
腹部・骨盤部肉腫
透析用バスキュラーアスセス
腹膜透析カテーテル
腎不全に伴う外科疾患

手術実績
診療科 術式 2017年度
移植外科・
肉腫センター
腎移植関連手術 計7件
生体腎移植術(レシピエント) 2件
腹腔鏡下腎採取術(ドナー) 2件
移植腎生検 3件
肉腫手術 計51件
腹部脂肪肉腫摘出術 15件
腹部平滑筋肉腫摘出術 6件
腹部炎症性筋線維芽細胞腫瘍摘出術 2件
腹部紡錘形細胞腫瘍摘出術 2件
腹部多形細胞腫瘍摘出術 1件
腹部消化管間質腫瘍摘出術 1件
骨盤部脂肪肉腫摘出術 3件
骨盤部平滑筋肉腫摘出術 14件
骨盤部線維形成性小細胞腫瘍摘出術 2件
骨盤部紡錘形細胞腫瘍摘出術

1件

骨盤部炎症性筋線維芽細胞腫瘍摘出術 1件
骨盤部子宮内膜間質肉腫摘出術 1件
骨盤部悪性孤立性線維性腫摘出術 1件
頸部線維形成性小細胞腫瘍摘出術 1件
複合術式 骨盤内蔵全摘 2件
横隔膜部分切除 6件
胃部分切除 1件
脾臓摘出 4件
膵体尾部切除 4件
肝区域切除 2件
肝部分切除 2件
胆嚢摘出 2件
肝ラジオ波焼灼 1件
小腸部分切除 4件
結腸部分切除 6件
直腸切除 1件
直腸切断 2件
虫垂切除 1件
腎摘出 7件
尿管切除、尿管再建 1件
膀胱部分切除 4件
膀胱全摘、回腸導管作成 1件
子宮付属器切除 3件
膣部分切除 2件
前立腺摘出

1件

腹壁切除 6件
試験開腹 1件
肝生検 2件
バスキュラーアクセス関連手術 計32件
内シャント造設術 17件
内シャント閉鎖術 1件
人工血管移植術 6件
人工血管閉鎖術 1件
血栓除去術 1件
透析用カフ型カテーテル留置術 1件
経皮的血管拡張術(PTA) 5件
その他 計6件
後腹膜膿瘍ドレナージ 1件
十二指腸穿孔閉鎖術 1件
腹壁瘢痕ヘルニア根治術 1件
デブリードマン、植皮術 1件
下肢静脈瘤ストリッピング 1件
腹壁腫瘤切除術 1件
全身麻酔手術計 60件
局所麻酔手術計 36件
外来医師担当表
曜日
午前 頓所 展 頓所 展
(手術 第3火曜日)
正木 紀行 (手術) ★寺岡 慧 頓所 展
午後 (手術 第3火曜日) (手術) ★寺岡 慧

【特記事項】

※ ★印は予約制となっております。


ご予約・お問い合わせ
電話03‐3451‐8121(代表)
※9:00~17:00の間にお願いたします。

PAGE TOP