診療科のご案内

女性腫瘍センター・婦人科

治療対象疾患
婦人科悪性腫瘍:子宮頸がん、子宮体がん、卵巣がん、その他悪性疾患
子宮筋腫、子宮内膜症、卵巣腫瘍
子宮頸部異形成(円錐切除術)

その他、セカンドオピニオンのご相談も随時お受けしております。

身近なプロフェッショナル
診断は信頼のはじまり
治療をするにあたり必要な診断は正確でなくてはなりません。
患者様からの情報をもとに従来の基本的診察から病理診断、画像診断( CT、MRI、PET-CT )を必要に応じて行い、総合的に診断を確定し、それぞれの検査所見を情報として患者様へ正直に、わかりやすい言葉でお伝えするまでを診断と考えています。
求められる医療の付加価値とは
専門医としてのプライド
最も責任の重い医療行為が手術であると考えると同時に、私たちの最大の武器は手術です。婦人科腫瘍疾患はバリエーションが多く、あらゆる状況下での対応能力を備えています。 特に子宮頸癌に対する広汎子宮全摘術では、術後合併症である排尿障害のない、リンパ浮腫が発症しない手術技術を有しております。現状に満足することなく、より高いレベルをめざし、真の専門医として力を発揮することが私たちの責務と考えています。
つながりを感じる空間
適材適所が奏でる総合力
当院は医療福祉系総合大学の附属病院という特徴を生かし、院内に多職種の専門家が揃っています。医師、看護師だけでなく、医療に携わるさまざまなメディカルスタッフが治療に携わり、それぞれの専門性を発揮することで、高い水準でチーム医療を実現することができます。
"おもてなし"とは本当の優しさ
一人ひとりに寄り添う看護の提供
婦人科病棟では、同じ女性として現在・未来をともに考える看護でありたいと考えています。そのため、患者様と多くの時間を共有し問題を解決していただけるよう、看護師がチームでお一人おひとりの患者様を支えられるような体制をとっています。

手術実績

診療科 術式 2013年 2014年 2015年 2016年 2017年
女性腫瘍センター
婦人科
子宮頸部円錐切除術 66 81 59 48 53
子宮頸癌根治術 12 10 11 7 3
子宮体癌根治術 11 11 3 6 6
卵巣悪性腫瘍手術 13 8 6 4 12
良性開腹手術 28 39 29 20 29
腹腔鏡下手術 11 2 4 2 19
その他 18 20 10 21 30
159 171 122 108 152

外来医師担当表

曜日 午前 午後
進 伸幸
田中 都生
進 伸幸
田中 都生
(手術) (手術)
(手術) 齊藤 英子
(HPV外来)
田中 都生 田中 都生
進 伸幸 進 伸幸
田中 都生
【特記事項】
  • 赤字は女性医師です。
ご予約・お問い合わせ

電話03‐3451‐8121(代表)

※9:00~11:30、13:30~16:00の間にお願いいたします。