診療科のご案内

ホーム > 診療科のご案内 > 呼吸器センター > 睡眠時無呼吸症候群

  • 診療科のご紹介
  • 医師案内
  • フロアマップ

睡眠時無呼吸症候群

睡眠時無呼吸症の診断と治療について
機器

国際医療福祉大学三田病院・呼吸器センターでは、睡眠時無呼吸症候群の診断【終夜ポリソムノグラフィー(PSG)検査】と、保険診療による治療【持続陽圧呼吸療法(CPAP:シーパップ)】を行っております。

2012年2月の新病院開設に伴い、専用のPSG検査室を2部屋整備いたしました。個室差額料金が必要となりますのでご了承ください。

当院はDPC/PDPS(診断群分類包括評価制度)の対象病院です。1泊の精密検査にかかる自己負担額は、下記のとおりです。

医療費の自己負担割合 医療費等の自己負担額
(医療費等+個室差額料金)
3割負担の方の場合 80,430円
2割負担の方の場合 70,800円
1割負担の方の場合 61,160円
公費の方の場合
(医療費の自己負担なし)
51,520円

当センターでは、日本睡眠学会 認定医(井上寧医師)が診断・治療にあたっており、CPAP(持続陽圧呼吸療法)治療の継続率も1年間で85.2%と良好です。

ご自宅で可能な睡眠の簡易検査も行っておりますので、呼吸器センターまでお気軽にご連絡ください。

  • 診療は初診を含めすべて予約制になります。

お問い合わせ
国際医療福祉大学 三田病院
呼吸器センター (代表)03-3451-8121

  • 現在のところ、眠気の度合いを調べる睡眠潜時反復検査(MSLT)については、当センターでは行っておりません。
  • 睡眠時無呼吸症候群以外の睡眠障害の診断・治療については、睡眠専門病院へご相談いただけますようお願い申し上げます。
PAGE TOP