診療科のご案内

ホーム > 診療科のご案内 > 脊椎脊髄センター >  代表的疾患・手術(頚椎)

  • 診療科のご紹介
  • 医師案内
  • フロアマップ

代表的疾患・手術(頚椎)

頚椎椎間板ヘルニア

頚椎は7つの骨(椎体)と、その間のクッション(椎間板)から主に構成されています。椎間板は中央部に髄核という水分に富む組織があり、周囲は線維輪という丈夫な組織に囲まれています。加齢により髄核の水分量が減少し、線維輪に亀裂が入るなどして、椎間板は徐々に傷んでいきます。
髄核の一部が線維輪の亀裂から突出して、後方の脊髄や神経根を圧迫してしまう病態を椎間板ヘルニアと言います。
頚椎椎間板ヘルニアは、30〜50代の男性に多く、症状は一方の腕や手の痛み・しびれが多く見られます。重症例では脊髄の圧迫により、指の動かしづらさ、ふらつきなどの歩行障害、尿失禁などの膀胱直腸障害を認めます。
椎間板ヘルニアは、免疫系の細胞により異物とみなされ次第に縮小することがあるため、痛み止めの内服やブロック治療、牽引などの理学療法で改善することがあります。
しかしながら、長期に持続する痛みや、麻痺などの重篤な神経障害を生じた場合には、手術治療を考慮します。手術は、椎間板を前方から直接摘出して、人工スペーサーや腸骨(骨盤の骨)を移植する前方固定術や、脊髄の圧迫を後方から間接的に解除する後方除圧術が主流ですが、患者様の病態により術式を選択します。

頚椎椎間板ヘルニアの代表的手術として、頚椎椎弓形成術頚椎前方固定術頚椎後方固定術 などがあります。

頚椎症性脊髄症・頚椎症性神経根症

頚椎の変形が進行すると、骨棘(骨のとげ)や椎間板の突出が生じ、神経組織が圧迫されることがあります。頚部の神経組織は、脊髄とそこから枝分かれする神経根から構成されているため、症状も脊髄症状と神経根症状に分けられます。
脊髄が障害されると、手指の巧緻運動障害(箸が持ちづらい、字が書きづらい、ボタンが上手くはめられない)、痙性歩行(ふらつき・つまずきやすい・歩行がぎこちない)、膀胱直腸障害(頻尿・失禁)などの症状が生じます。神経根が障害された場合には、片側の腕や肩甲骨の裏側に放散する痛みやしびれ、さらに力が入りにくいといった症状が生じます。

治療は、薬物治療や頚椎カラーなどの装具治療、あるいは牽引やリハビリテーションなどの理学療法などの保存治療が基本となりますが、保存治療で十分な効果が得られない場合、進行性の運動麻痺や排尿障害を伴う場合は手術の適応となります。
神経根障害では、痛みのみならずある程度の麻痺も自然経過で軽快することがありますが、頑強な疼痛の持続や、麻痺が進行性であれば手術治療を考慮します。重度の脊髄障害は、不可逆的になり回復が困難となることがあるため、早急な外科的治療を要することがあります。

頚椎症性脊髄症・頚椎症性神経根症の代表的手術として、頚椎椎弓形成術頚椎前方固定術頚椎後方固定術 などがあります。

頚椎後縦靭帯骨化症

頚椎の後縦靭帯が骨になる事で、神経組織が圧迫されます。脊髄が障害されると、手指の巧緻運動障害(箸が持ちづらい、字が書きづらい、ボタンが上手くはめられない)、痙性歩行(ふらつき・つまずきやすい・歩行がぎこちない)、膀胱直腸障害(頻尿・失禁)などの症状が生じます。

治療は、症状が軽度な場合には慎重な経過観察を実施します。進行性の運動麻痺や排尿障害を伴う場合は手術の適応となります。特に重度の脊髄障害は、不可逆的になり回復が困難となることがあるため、早急な外科的治療を要することがあります。

頚椎後縦靭帯骨化症の代表的手術として、頚椎椎弓形成術 、前方除圧固定術(骨化浮上術)、頚椎後方固定術 などがあります。

頚椎椎弓形成術 —片開き・両開き式椎弓形成術−

圧迫された頚部の脊髄の除圧を目的として、いくつかの手術法があります。
代表的な手術法に、片開き式あるいは両開き式椎弓形成術があります。高齢者や併存疾患の多い患者様に対しても、安全で安定した成績のある優れた術式です。

手術は、後方よりアプローチして椎弓(首の骨の後ろの部分)の両側に溝を掘り、片側のみ骨の連続性を残して扉を開くように脊柱管を拡大します。開いた椎弓は、再度閉じないように糸で固定したり、最近では金属性のプレートで再閉鎖を予防しています。

手術時間は1-2時間で出血量は50ml前後と、身体への負担が少ない点がこの術式の利点です。通常、手術翌日より座位や歩行訓練を行います。手術後の装具は用いないこともありますが、病態により装着を考慮します。

頚椎後縦靭帯骨化症

頚椎後縦靭帯骨化症

(左)術前のレントゲンで、椎体(首の骨の前の部分)の後方に骨化巣が認められます。
(中)術前のMRIでは、脊柱管内に突出した骨化巣により脊髄が強く圧迫されることが分かります。
(右)手術により、椎弓(首の骨の後ろの部分)が開き脊柱管が拡大され、神経症状が改善しました。最近では、椎弓の再閉鎖予防に金属性のプレートを使用することがあります。

頚椎前方固定術

頚椎前方固定術は、前頚部に斜めあるいは横方向に皮膚を切開し、気管や食道などの臓器や血管などをよけながら、前方から椎間板や骨棘などの圧迫因子を除去して、脊髄や神経根の圧迫を解除する手術法です。その後、腸骨(骨盤の骨)や人工スペーサーを椎間(首の骨の間)に設置して、上下の椎体(首の骨)の固定と安定化をはかります。

近年では、金属製のプレートとスクリューなどで、早期離床が可能となっています。一般的には、1−2椎間の病変に対して適応となりますが、まれに長範囲の固定を行うこともあります。前方からの圧迫因子が大きい場合(椎間板ヘルニア、後縦靭帯骨化症、腫瘍など)、不安定性(首の骨のぐらつき)が生じている場合、あるいは後弯変形(骨の並びが後ろに曲がっている)を認める場合などに適応になります。

術後、隣接椎間障害という固定した上下の椎間に新たな狭窄を生じることがあるため、脊柱管が全体的に狭い患者様には慎重に選択する必要があります。

最大の利点は、後方の筋肉組織に損傷を与えないため、術後の軸性疼痛(後頚部から肩甲部にかけての痛み)が少ないことです。その他、後縦靭帯骨化症で骨化巣が大きい場合は、有効な術式となります。
ただし、骨化巣の神経組織からの剥離は困難なことがあり、かえって神経を痛めることがあるので、骨化巣を浮上させるのみで神経症状の改善をはかる方法もあります。

入院期間は、最短で約10日程度ですが、病態により異なります。術後は、頚部を固定する装具を約1−3カ月装着します。

頚椎椎間板ヘルニア

頚椎椎間板ヘルニア
頚椎椎間板ヘルニア
頚椎椎間板ヘルニア

(左・中)手術前のMRIでは、首の骨の間のクッション(椎間板)が脊柱管へ飛び出し、脊髄を強く圧迫しています。
(右)手術により、飛び出した椎間板を前方から摘出し、

頚椎椎間板ヘルニア
頚椎椎間板ヘルニア

(左)人工スペーサーと金属製のプレートなどで上下の骨を固定しました。
術後、神経症状は著明に改善し、(右)MRI でも脊髄の圧迫が解除されていることが分かります。

頚椎後方固定術

頚椎後方固定術は、頚椎の後方から切開を加えて脊椎にアプローチし、金属製スクリューなどで頚椎を固定する手術法です。多くの場合、脊髄の圧迫を解除する後方除圧術と併用されます。
適応となる病態は、頚椎に不安定性を認める場合(関節リウマチや転移性脊椎腫瘍など)、頚椎の骨の並びが後ろに曲がっている場合(後弯)、あるいは「首下がり病」などがあります。
こういった病態に、脊髄の圧迫をとる骨を削る手術だけを行うと、術後に変形が進行したり、麻痺の症状が改善しないことがあります。

そこで我々は、神経モニタリングを使用した上で、安全に脊髄の除圧を行った後に、金属を使用して頚椎の変形を矯正し、安定化させる手術を行っております。

入院期間は最短で約10日程度ですが、病態によっても異なります。術後は、頚部を固定する装具を約1−3カ月装着します。

首下がり病

首下がり病
首下がり病
首下がり病
首下がり病

(左)ご高齢の方に多く発症する、頭が下を向いてしまって持ち上がらない首下がり病という疾患があります。前方が見れないため、日常生活に不便を生じたり、嚥下障害で食事が十分にとれないこともあります。
(中、右)本症例では、金属製のスクリューを用いて頚椎が大きく矯正固定され、前方が見れるようになりました。
脊髄や重要な血管をよけながら行う難易度の高い手術ですので、手術前に特殊な検査で十分に評価し、手術中にも神経モニタリング装置を用いながら慎重に手術を行います。

リウマチ性脊椎炎による環軸椎不安定症・偽腫瘍

リウマチ性脊椎炎による環軸椎不安定症・偽腫瘍
リウマチ性脊椎炎による環軸椎不安定症・偽腫瘍
リウマチ性脊椎炎による環軸椎不安定症・偽腫瘍

関節リウマチは四肢の関節だけでなく、脊椎にも様々な障害が生じます。本症例では、環軸椎という脳に近い首の骨にぐらつきが生じ、2番目の頚椎の後方に偽腫瘍と呼ばれる病変が形成され、脊髄が強く圧迫されていました。
金属製のスクリューにより頚椎のぐらつきが固定されると、偽腫瘍は自然縮小し神経症状も改善しました。

PAGE TOP