診療科のご案内

ホーム > 診療科のご案内 > 脊椎脊髄センター > 脊椎最小侵襲手術の種類と方法・内視鏡下椎間板切除術

  • 診療科のご紹介
  • 医師案内
  • フロアマップ

脊椎最小侵襲手術の種類と方法

内視鏡下椎間板切除術
(Microendoscopic Discectomy:MED)

腰に約2cmの切開を加え、そこに筒を設置3mm径の内視鏡を装着し、手術を行います。

対象となる疾患は、腰椎椎間板ヘルニア、腰部脊柱管狭窄(症)、腰椎変性すべり症、腰椎分離(すべり)症の一部などです。原則、手術翌日より起立・歩行を開始します。入院期間は最短で約4日程度ですが、病態により異なります。また手術後は軟らかいコルセットを装着します。

内視鏡椎間板切除イメージ図

内視鏡椎間板切除イメージ図

#
手術前

手術前

手術後

手術後

神経の通り道(脊柱管)へ突出したヘルニアが手術により除去されています。

PAGE TOP