診療科のご案内

ホーム > 診療科のご案内 > 脊椎脊髄センター > 脊椎最小侵襲手術の種類と方法・側方経路腰椎椎体間固定術

  • 診療科のご紹介
  • 医師案内
  • フロアマップ

脊椎最小侵襲手術の種類と方法

側方経路腰椎椎体間固定術
(Lateral Lumbar Interbody Fusion: LIF), XLIF(Extreme Lateral Interbody Fusion: XLIF)/ OLIF(Oblique Lateral Interbody Fusion: OLIF)(エックスリフ/オーリフ)

MIS-TLIFやミストと同様に日本で普及しつつある低侵襲手術で、欧米では約10年前、日本では2013年から承認され実施されています。特にXLIF(エックスリフ)は全国でも限られた医師と医療機関でのみ実施されています。

当院では、実施許可を取得した医師により施行され、すでに数多くの実績があります。また、病態によりOLIF(オーリフ)と呼ばれる類似の手技も導入しています。

手術では側腹部に約4cmの傷で手術を実施します。この手技の最大の利点は神経を直接触らないで神経を圧迫から解除する事にあります。右下の図のように神経機能を随時確認し重要な神経を避けながら椎間板内に人工骨を移植します。その後、腰部から固定術を行います。対象となる疾患は、腰椎椎間板ヘルニア、腰部脊柱管狭窄(症)、腰椎変性すべり症、腰椎変性側弯症(成人脊柱変形)、腰椎後弯症、腰椎分離(すべり)症の一部などです。

原則、手術翌日より起立・歩行を開始します。入院期間は最短で約7日程度ですが、病態により異なります。また、手術後は硬いコルセットを装着します。

#
#
手術前

手術前

手術後

手術後

手術後

手術前に曲がっている腰(左:横線)が、XLIFにより手術後は水平に復元されています。手術前は歩行距離が50mと制限されていましたが、術後3ヶ月では2kmの歩行が可能となっています。

腰椎変性側弯(後弯)症に対するLIFによる矯正固定術

腰椎変性側弯(後弯)症に対する矯正固定術は、体にかかる負担が多い手術の一つです。従来の後方単独の手術に比較して、LIFを併用した手術は出血量が少ないことが報告されています。

最大の利点は、脊柱管を直接触らないで圧迫から解除したり、背骨の変形を矯正できる点にあります。重要な神経をよけながら、側方から椎間板内に50%以上の面積を占める大きな人工骨を移植することにより、前方・側方すべり、あるいは側弯・後弯変形などを矯正することができます。さらに、後方からの固定を追加し、さらなる矯正と強固な固定を行います。

入院期間は、最短で約14日程度ですが、病態により異なります。術後は、硬いコルセットやギプスを装着します。

腰椎変性側弯(後弯)症手術前
腰椎変性側弯(後弯)症手術前
腰椎変性側弯(後弯)症手術後
腰椎変性側弯(後弯)症手術後

(上)術前は、脊椎(せぼね)の彎曲により体幹のバランスを保てず、右側および前方に体が大きく傾いていました。強い腰痛で数分しか立てず、日常生活が著しく制限されていました。

(下)本症例では、人工スペーサーや金属性のスクリューなどを用いた矯正固定術を行い、姿勢バランスとともに臨床症状も著明に改善しました。最近では、側方経路腰椎椎体間固定術(Lateral Lumbar Interbody Fusion: LIF)や、経皮的椎弓根スクリュー(Percutaneous Pedicle Screw: PPS)をはじめとした体への負担を軽減する手法も取り入れられています。

当院では、前述のXLIF(エックスリフ)やOLIF(オーリフ)を用いて、できるだけ低侵襲な手術を行い、患者様の早期社会復帰を目指しています。

PAGE TOP