診療科のご案内

ホーム > 診療科のご案内 > 心臓血管センター > 循環器内科

  • 診療科のご紹介
  • 医師案内
  • フロアマップ

循環器内科

循環器内科では、狭心症、心筋梗塞、不整脈、心不全などの心疾患、大動脈瘤や大動脈解離、閉塞性動脈硬化症などの動脈疾患、さらにはこれらの危険因子となる高血圧症、脂質異常症、メタボリック症候群、慢性腎臓病、糖尿病などに幅広く対応し、循環器疾患の早期発見・早期治療をめざしております。危険因子を多くお持ちの方、胸や背中の痛み、動悸、息切れなどの症状がある方は、早めの受診をお勧めいたします。
心エコー図や運動負荷心電図、また心筋シンチグラムや冠動脈CTによる検査・診断を行い、各種薬物治療やカテーテルを用いた冠動脈形成術、ペースメーカー装着を含め、さまざまな循環器疾患に迅速に対応しております。集中治療室では、症状の緩和だけでなく、心臓や腎臓などの各臓器を保護し、生命予後の改善をめざした治療を行っています。2011年2月より救急告示病院として認可され、循環器疾患への救急対応も可能となっ ています。また、専門外来として肺高血圧症専門外来を開設しました。


循環器内科の検査と診断
カルジオフォン
カルジオフォン

カルジオフォン

携帯型のカルジオフォン(心電図記憶伝送装置)を用いることで、これまで原因がわからなかった不整脈発作や夜間の狭心症発作などが正確に診断でき、治療法の決定に大きな威力を発揮します。在宅管理、緊急対応にも利用でき、いつも循環器専門医がそばにいて生活しているような安心感が得られます。装置は外来で一定期間貸し出しをいたします。

心エコー図
Vivid7

Vivid7

最新機器(Vivid7)により、心筋梗塞、弁膜症、心筋症などの診断のみならず、詳細な心機能評価、心臓再同期治療の適応決定などが可能です。
また経食道心エコーでは、弁膜症の手術適応ならびに術式決定などに有用な情報を得られます。

心筋シンチグラム

心筋への血流状況や、心筋壊死の程度、心臓の機能を把握することが可能です。運動などによって負荷をかけた際の血流の変化を調べることにより、狭心症の診断、血流の不足している部位などに関する情報を得られます。

冠動脈CT(320列)
320列マルチスライスCT

320列マルチスライスCT

最先端超高性能CTスキャナ(320列マルチスライスCT撮影装置)を新たに導入いたしました。これにより、冠動脈の狭窄をはじめ とした心血管系疾患の診断能力は、飛躍的に向上することが期待されます。同時に、従来の64列CTに比べて放射線被曝量、造影剤使用量とも大幅に削減でき、患者様の負担をより一層軽減できます。

心臓カテーテル

冠動脈に選択的にカテーテルを挿入し、造影剤を注入することにより、冠動脈狭窄に関する詳細な情報を得られます。また、心不全 や弁膜症などの重症度を調べるためにも有用な検査です。冠動脈に高度な狭窄を認め、狭心症などの原因になっている場合には、カテーテルを用いてステントを留置するなどの冠動脈形成術(PCI)が可能です。最近では、再狭窄の少ない薬剤溶出性ステントが広く用いられ、良好な成績が得られています。心エコー、心筋シンチグラム、冠動脈CTとカテーテル検査所見を統合することにより、より高い診断精度と確実・安全な治療戦略をご提供できます。

PAGE TOP