診療科のご案内

ホーム > 診療科のご案内 > 心臓血管センター > 心臓外科

  • 診療科のご紹介
  • 医師案内
  • フロアマップ

心臓外科

当科の特徴

当院心臓外科では、狭心症・心筋梗塞に対する冠動脈バイパス術、弁膜症に対する弁置換術・弁形成術、および胸部大動脈瘤に対する人工血管置換術・ステントグラフト手術を行います。また、これら心疾患が原因としておこる不整脈、心不全に対する外科治療を行います。

当科の外科医は全て心臓血管外科専門医・指導医です。経験豊富で優秀なスタッフが最先端の医療機器を揃えて診療体制を整備し、心臓病で苦しむ患者様へ質の高い医療を提供しております。

患者様お一人おひとりにとって最適な治療法を選択し、満足度の高いハイクオリティな手術を提供し、多くの患者様から信頼される病院をめざして努力してまいります

当科の手術の特徴

心臓手術は医療技術の進歩により成績が向上し、多くの患者様にとって安全な手術となっています。しかしながら身体への負担は依然として大きく、早期の社会生活復帰という点ではまだ改善されるべきです。当科では身体への負担が少ない「低侵襲手術」を行います。内視鏡を用いた小切開による手術は疼痛や出血が少ないのが特徴で、早期の社会生活、日常生活への復帰が可能です。

冠動脈バイパス術
オフポンプ冠動脈バイパス術(OPCAB)

人工心肺を用いずに心臓の動いた状態でバイパス手術を行う方法です。人工心肺を使用する方法に比べて以下の特徴があります。

心機能の保持

心停止させずに行うため心臓へのダメージが軽減されます。

出血量の軽減

抗凝固薬の量を減らせるため出血傾向が少なくなります。

脳梗塞の回避

人工心肺の一連の操作に伴う塞栓を減らせます。

炎症反応の軽減

臓器機能を保持し全身状態の早い回復をはかります。

小切開心拍動冠動脈バイパス術(MICS-CABG)

症例によっては、胸骨を切開せずに左乳頭下を約10cm切開してバイパス術を行います。ハイリスク症例に対しては、重要血管へのバイパス手術と、追加のカテーテル治療を併用したいわゆるハイブリッド療法を行うことによりさらに身体への侵襲を軽減します。

低侵襲バイパス術

低侵襲バイパス術

弁膜症手術
弁形成術/自己弁温存手術

患者様自身の弁の異常を修復することにより機能を回復させます。術後にワーファリン等の特殊な薬を必要としないので、非常に大きなメリットがあります。僧帽弁閉鎖不全症のほとんどの症例、大動脈弁閉鎖不全症の一部の症例がこの手術のよい適応です。

また弁形成術と同様に、人工弁を使用せずに自己組織(心膜)を使用して大動脈弁を再建する手術も行っています 。

低侵襲弁形成術/弁置換術(MICS)

胸骨を部分的に切開する方法(写真左)、胸骨切開をせず右乳頭下を約8cm切開する方法(写真右)があります。傷の痛み、感染や出血のリスクを軽減し早期の退院、社会復帰が可能です。

心房細動に対する手術

心房細動は弁膜症に合併する場合と単独で起こる場合があります。いずれの場合も動悸、心不全を助長するばかりでなく脳梗塞の原因となるため、その対策として心房細動の外科的アブレーション(メイズ手術)および左心耳閉鎖術を行います。メイズ手術により一過性心房細動の約95%の患者様、慢性心房細動の約80-90%が術後に洞調律で安定します。また、孤立性の心房細動に対しては脳梗塞予防のため、内視鏡を使用した低侵襲の左心耳切除を行っています。

胸部大動脈瘤手術

大動脈瘤は高齢化にともない増加する疾患です。大きくなると破裂のリスクがあるので、症状がなくても予防的に手術が必要です。

大動脈瘤の手術には人工血管で置換する方法と、ステントグラフトを用いて動脈瘤に蓋をして破裂を予防する方法があります。

当院では、胸部大動脈瘤に対していずれの手術も行っています。またステントグラフトでは、開胸せず人工心肺を使用しない術式を選択するなど、高齢者でも安心して行える手術を確立しています。

ステントグラフト

ステントグラフト

動脈瘤

動脈瘤

動脈瘤は消失

動脈瘤は消失

重症心不全に対する外科治療

われわれのチームは、心臓移植から再生医療まで幅広く行っている大阪大学心臓血管外科で、重症心不全に対する外科治療の経験を多く積んできました。

重度僧帽弁閉鎖不全症を合併した症例には、積極的に左室形成術および僧帽弁手術により心不全の改善を図ります。

急性心不全により補助循環を装着しても多臓器不全が進行する超重症例に対しては、補助人工心臓を装着することにより臓器機能を保持し救命することが可能です。

手術を受ける患者様へ

心臓病の患者様の多くは、できるだけ早めに手術を受けていただくことがよい結果につながります。
適切なタイミングで手術を受けていただけます。

心臓血管外科 外来診察
曜日
午前 仲村 手術 牛島 手術 牛島
午後 手術 牛島 手術

ご予約はこちら

電話:03‐3451‐8121(代表)
※急患の場合は予約がなくても対応します。

心臓病に関する相談をメールで受け付けています。お悩みのことに関して専門医がすぐにお答えします。
連絡はこちらまで(iuhwmitacs@gmail.com

医師のブログも御覧ください(http://iuhwmitahosp.blog.jp

ご紹介の先生方へ

心臓外科はスタッフの充実に伴い、先生方からの要請に一層応えてまいります。
循環器疾患の緊急性を重視しており、いつ何時でも患者様を受け入れます。他院からの治療の要請も増えております。些細なことでもどうぞお気軽にご相談ください。

ご紹介は当院医療連携室(03-3451-8062)
緊急の場合でも循環器オンコールが常勤しておりますので、お呼び出しください。
メールでもご連絡を申し受けます(即日回答)。(iuhwmitacs@gmail.com

手術実績
診療科 術式 2016年度
心臓外科 心拍動下冠動脈バイパス術 3
大動脈弁置換術 2
大動脈弁置換術+冠動脈バイパス術 3
大動脈弁置換術+心房細動手術 1
僧帽弁置換術 2
僧帽弁形成術 2
大動脈基部置換術+弓部大動脈置換術 1
大動脈基部置換術 1
大動脈弁置換術+僧帽弁置換術+三尖弁形成術 1
大動脈弁置換術+上行大動脈置換術 1
僧帽弁置換術+心房細動手術 1
僧帽弁置換術+三尖弁形成術 1
三尖弁形成術+冠動脈バイパス術+心房細動手術 1
20
PAGE TOP