診療科のご案内

ホーム > 診療科のご案内 > 予防医学センター > PET-CT検査のご案内

  • 診療科のご紹介
  • 医師案内
  • フロアマップ

PET-CT検査のご案内

がんの早期発見に威力を発揮
PET-CT

PET-CT

がんは、早期に発見することで、適切な治療が受けられ、克服できる可能性も広がります。時間とともに大きく成長するがん細胞を阻止するためには、早期発見・治療が最も重要です。

PET-CT検査は、がん細胞の成長・増殖・転移や治療効果を知るための有効で的確な検査法です。病巣の有無を調べるためPET(陽電子放出断層撮影)と、病巣場所を確認するためのCT(コンピュータ断層撮影)による2つの画像を同時に撮影することで、がんの有無と位置・転移場所・大きさを、一回の全身撮影で診断できます。

PET-CT検査の特長
  • 早期発見 
    見つけにくいとされていた1cm程度のがんを発見できます。
  • 全身を診る 
    一回の検査で全身を検査できます。
  • PET-CT画像

    PET-CT画像
    身体の形態も
    病変も一目瞭然

    PET画像

    PET画像
    病変は見えているが
    身体の形態はぼやけている

    CT画像

    CT画像
    身体の形態ははっきり
    見えているが病変が不明

  • 転移や再発の発見 
    予想外の部位への転移や再発を発見できます。
  • 良性・悪性の識別 
    腫瘍の良性・悪性識別の手がかりになります。
  • 負担の少ない検査 
    薬剤を注射後、検査台に着衣のまま横になって撮影するだけです。
検査のしくみ

がん細胞は、正常細胞に比べ約8~10倍のブドウ糖を細胞内に取り込む性質を持っています。その性質を利用し、ブドウ糖がより多く集まるところが全身のどこにあるかを撮影・画像化するのがPET-CT検査です。

ブドウ糖とポジトロン製剤を結合させた薬剤(FDG)を静脈注射し、薬剤が全身で代謝される間の約1時間、安静にします。

体内の薬剤分布をPET-CTカメラで撮影・画像化し、がん細胞に取り込まれた薬剤の集まり具合で、がんの位置と進行度合いなどを調べます。


よくあるご質問
  • 検査にあたって注意することはありますか?
  • PET-CT検査は、血糖値の影響を受けるため、絶飲絶食での検査となります。また、前日・当日の激しい運動は避けてください。
    糖尿病の方は、検査前日の21時以降、糖分を含む飲食物の摂取を控えていただきます。同時に、インスリン注射、経口糖尿病薬の服用も控えていただきます。
    妊産婦や授乳中の方は、放射線検査は極力避けるべきですので、検査前には妊娠の可能性がないことをご確認ください。
  • PET-CT検査の体への影響はありますか?
  • 検査に使うFDGという薬はブドウ糖製剤で、副作用は少なく安全と考えられています。また、一回の検査で最大9mSv(ミリシーベルト)の放射線被ばくはありますが、胃のバリウムX線検査を2回受ける放射線量と同じです。
    PET-CT検査で放射線障害を引き起こす可能性はありませんし、将来がんになるという危険性もありません。
  • どんながんでも見つけることができますか?
  • 広く有効性の認められているPET-CTですが、万能というわけではありません。PET-CTでも発見できない場合をカバーするため、CTやMRI、超音波、生化学検査などを併用した総合的な検診を受けることで、より確実にがんを見つけることが可能になります。
    発見しやすいがん
    甲状腺がん、大腸がん、乳がん、すい臓がん、食道がん、卵巣がん、子宮体がんなど
    発見しにくいがん
    膀胱がん、尿管がん、前立腺がん、腎がん、胃がん、肝臓がんなど
PAGE TOP