医師案内

ホーム > 医師案内 > 耳鼻咽喉科(聴覚・人工内耳センター)

  • 診療内容
  • 医師案内
  • フロアマップ

耳鼻咽喉科(聴覚・人工内耳センター)

岩崎 聡
岩崎 聡

(いわさき・さとし)
Satoshi Iwasaki

耳鼻咽喉科部長
聴覚・人工内耳センター長

国際医療福祉大学教授

耳鼻咽喉科(耳科学(外耳・中耳)、耳科手術(外耳・中耳)、聴覚医学(中耳・内耳・中枢)、人工聴覚(中耳・内耳)、遺伝性難聴)

三重大学卒、医学博士
信州大学客員教授、前信州大学人工聴覚器学講座教授、元浜松医科大学耳鼻咽喉科講師
元愛知医科大学耳鼻咽喉科教授、米国ハウス耳科学研究所留学
日本耳鼻咽喉科学会認定耳鼻咽喉科専門医、日本人類遺伝学会認定臨床遺伝専門医、日本気管食道科学会認定気管食道科専門医・認定医

さまざまな原因によって発症する難聴に関して、外耳道狭窄・閉鎖症に対しては外耳道形成術、中耳炎に対しては鼓室形成術、アブミ骨固着症に対してはアブミ骨手術、また両側重度感音難聴に対しては人工内耳手術があり、これらの手術を専門に行っている。さらに、既存の手術方法では治らないさまざまな難聴に対しては、先端医療である人工聴覚手術(人工中耳、埋め込み型骨導補聴器、残存聴力活用型人工内耳)の普及に尽力している。難聴発症のメカニズムについて基礎的研究を行ってきた経験を生かし、事実に基づいたさまざまな治療法を呈示し、患者様と相談しながら進めていくことを心がけている。また、臨床遺伝専門医の立場で、これまで原因不明とされてきた難聴の原因を遺伝子解析により診断し、より詳細な情報提供をしていきたいと考えている。


鈴木 伸嘉
鈴木 伸嘉

(すずき・のぶよし)
Nobuyoshi Suzuki

国際医療福祉大学准教授

耳鼻咽喉科(耳科学、聴覚学、補聴器、鼻・副鼻腔内視鏡手術、いびき)

弘前大学卒、医学博士
前信州大学医学部附属病院助教・統括医長
日本耳鼻咽喉科学会耳鼻咽喉科専門医・専門研修指導医、臨床研修指導医、補聴器適合判定医師、補聴器相談医、めまい相談医

難聴と補聴器・人工内耳の専門外来を中心に、小児から高齢者までの幅広い年代層を治療してきた。補聴器のフィッティング技術もあり、補聴器の効果がない患者様には、人工内耳まで診療することが可能である。また、鼻の内視鏡手術や咽頭・喉頭、頭頸部の手術経験が豊富である。患者様と一緒に病気について悩み、考え、少しでも患者様のお役に立てることを目標に診療している。


古舘 佐起子
古舘 佐起子

(ふるたて・さきこ)
Sakiko Furutate

国際医療福祉大学講師

耳鼻咽喉科(小児難聴)

信州大学卒、医学博士
前諏訪赤十字病院、元信州大学医学部附属病院、元相澤病院
日本耳鼻咽喉科学会認定耳鼻咽喉科専門医、日本めまい平衡医学会認定めまい相談医、厚生労働省認定補聴器適合判定医、緩和ケア研修修了

耳鼻咽喉科全般の診断・治療を担当している。患者様の言葉に丁寧に耳を傾け、患者様が安心して医療を受けられるような診療を心がけている。


加我 君孝
加我 君孝

(かが・きみたか)
Kimitaka Kaga

非常勤
国際医療福祉大学クリニック 言語聴覚センター長
国際医療福祉大学教授

耳鼻咽喉科(耳科学、聴覚医学、神経耳科学、小児耳鼻咽喉科)

東京大学卒、医学博士、東京大学名誉教授
東京医療センター・臨床研究センター長、同名誉センター長、ジェファーソン医科大学留学
カリフォルニア大学ロサンゼルス校医学部脳研究所留学、元東京大学耳鼻咽喉科学教室教授
元帝京大学耳鼻咽喉科学教室助教授
日本耳鼻咽喉科学会認定耳鼻咽喉科専門医

幼小児難聴、幼小児・成人の人工内耳手術、聴力改善手術、小耳症・外耳道閉鎖症に対する形成外科との合同手術を得意とする。豊富な経験を有しており、医学教育にも力を注いでいる。


宇佐美 真一
宇佐美 真一

(うさみ・しんいち)
Shinichi Usami

非常勤

耳鼻咽喉科
<難聴の診断(難聴の遺伝子診断)、難聴の治療(人工内耳、人工中耳)>

弘前大学卒、医学博士
信州大学医学部耳鼻咽喉科教授、東海大学客員教授、横浜市立大学客員教授、弘前大学非常勤講師
日本耳鼻咽喉科学会認定専門研修指導医・耳鼻咽喉科専門医・補聴器相談医、臨床遺伝指導医・専門医

難聴の遺伝子診断は、正確な診断、難聴の予後の予測、適切な治療法の選択、難聴の予防に必須であり、近年、人工内耳をはじめ人工聴覚器の進歩には目を見張るものがある。当院における診療では、難聴の遺伝子診断に基づく最適な治療をご提案し、患者様にはどんなことでもお気軽にご相談いただきたいと考えている。


渡邊 雄介
渡邊 雄介

(わたなべ・ゆうすけ)
Yusuke Watanabe

非常勤
国際医療福祉大学 東京ボイスセンター長
国際医療福祉大学教授

耳鼻咽喉科:音声言語医学、音声外科(特に職業歌手の音声障害に対する外科的治療)、音声治療GERDと耳鼻咽喉科疾患、言語聴覚士学生教育、音楽学生教育

神戸大学卒
前大阪大学大学院耳鼻咽喉科学内講師、前東京専売病院耳鼻咽喉科部長、元大阪厚生年金病院医長、元国立障害者リハビリテーションセンター学院非常勤講師
日本耳鼻咽喉科学会認定耳鼻咽喉科専門医、日本気管食道科学会認定医

耳鼻咽喉科学の中でも音声言語医学を専門としている。声帯にできものができる声帯ポリープや声帯結節などから、声帯の形に異常を認めないにもかかわらず音声障害になる機能性音声障害といわれる病気まで、あらゆる声の障害に対して手術療法から切らずに治す音声治療までを駆使し、幅広く診療にあたっている。また音楽家の音声障害には、その特殊性をよく理解し、芸術的なセンスも加えてよいパフォーマンスができるよう心がけている。当院のがんを治療するという専門性と関連し、悪性腫瘍そのものや、その治療によって起こる声帯麻痺(反回神経麻痺)などの音声障害や飲み込みの障害に対してもリハビリテーションや外科治療を行っている。


竹腰 英樹
竹腰 英樹

(たけごし・ひでき)
Hideki Takegoshi

非常勤

耳鼻咽喉科(耳科学、神経耳科学、耳鼻咽喉科学)

東京医科大学卒、医学博士
獨協医科大学形成外科客員講師、前国際医療福祉大学准教授、元東京大学耳鼻咽喉科助手
元埼玉医科大学耳鼻咽喉科講師、元東京医療センター・臨床研修センター研究員
国立フランス研究所体性感覚神経生物学研究室留学
日本耳鼻咽喉科学会認定耳鼻咽喉科専門医、身体障害者福祉法第15条指定医

継続する耳漏、難治性の耳鳴や、めまいを持つ患者様に薬などの保存的治療、手術などの外科的方法を駆使した診療経験が豊富である。具体的には、突発性難聴や顔面神経麻痺の薬物治療や老人性(加齢性)難聴に対する補聴器調整、耳鳴に対する音響療法、外耳道閉鎖や中耳奇形に対する形成手術、慢性中耳炎・真珠腫性中耳炎・耳硬化症に対する鼓室形成術、先天性難聴や高度難聴に対する人工内耳埋め込み術などを多く実施している。耳科学・神経耳科学ばかりでなく、慢性副鼻腔炎に対する内視鏡手術、いびきに対する咽頭形成術、アレルギー性鼻炎に対するレーザー治療なども多数経験している。治療にあたっては、患者様とその御家族に病気についての知識と現在の病状の認識を把握したうえで、患者様の立場や取り巻く環境に配慮して、よりよい治療方法を選択していくことを基本としている。


駒澤 大吾
駒澤 大吾

(こまざわ・だいご)
Daigo Komazawa

非常勤

耳鼻咽喉科(音声医学・歌唱指導)

奈良県立医科大学卒
国際医療福祉大学東京ボイスセンター(山王病院内)
日本耳鼻咽喉科学会認定耳鼻咽喉科専門医

一般耳鼻咽喉科診療のほか、音声医学を専門とし、山王病院内の国際医療福祉大学東京ボイスセンターとも連携しながら診療を行っている。プロ・アマを問わず、歌声に関する問題を抱えている方々には、長年ボーカリストとして活動している経験を生かし、医師の立場から発声 調節指導も行っている。医師、言語聴覚士、患者様が、良好なコミュニケーションのもと三位一体となった療養環境をつくるよう努力している。患者様の立場に寄り添い、わかりやすく丁寧な説明を心がけている。

PAGE TOP