医師案内

ホーム > 医師案内 > 女性腫瘍センター・婦人科

  • 診療内容
  • 医師案内
  • フロアマップ

女性腫瘍センター・婦人科

進 伸幸
進 伸幸

(すすむ・のぶゆき)
Nobuyuki Susumu

婦人科部長
国際医療福祉大学 医学部教授

婦人科〈婦人科腫瘍全般、腹腔鏡下手術(子宮体がん、筋腫、卵巣腫瘍)、子宮鏡下手術、若年体がん妊孕性温存療法、細胞診、コルポ診など〉

慶應義塾大学卒、医学博士
前慶應義塾大学医学部産婦人科准教授、元慶應義塾大学医学部産婦人科専任講師
日本産科婦人科学会認定指導医・産婦人科専門医、日本臨床細胞学会認定教育研修指導医・細胞診専門医、日本婦人科腫瘍学会認定指導医・婦人科腫瘍専門医、日本専門医機構認定産婦人科専門医、日本癌治療学会認定臨床試験登録医、日本がん治療認定医機構認定がん治療認定医、日本産科婦人科内視鏡学会技術認定医、緩和ケア研修修了

内視鏡下手術技術認定医と婦人科腫瘍専門医のダブルライセンスを有し、腹腔鏡下手術(子宮体がん、子宮頸部上皮内がん、子宮筋腫、卵巣嚢腫)、子宮鏡下手術(APAM、内膜ポリープなど)、開腹手術も含めて、ここ10年の慶應義塾大学病院産婦人科時代で2,200例以上の手術を執刀した。子宮体がん、子宮頸がんの妊孕性温存治療に積極的に従事し、若年体がんの黄体ホルモン療法では約200名の治療と約70名の妊娠、早期子宮頸がんの広汎性子宮頸部トラケレクトミーでは10名の治療と5名の妊娠出産例を有している。また、子宮頸部異型腺細胞AGCの診断治療の多数の経験があり、細胞診専門医資格、婦人科病理診断の経験から、的確な診断、多数のセカンドオピニオンを行っている。がん手術後の長期的フォローアップも担当している。


田中 都生
田中 都生

(たなか・くにお)
Kunio Tanaka

婦人科(婦人科腫瘍)

東京医科大学卒
元がん研究会有明病院婦人科・消化器外科
日本産科婦人科学会認定産婦人科専門医、日本婦人科腫瘍学会認定婦人科腫瘍専門医、緩和ケア研修修了

早期がんから進行がんまで、"専門医による手術"という医療技術を個々の患者様に提供することで、機能障害を伴わない最高の治癒率をめざしている。また、各分野の腫瘍専門医で構成されたチーム医療を行うことが、患者様にとって最善の治療と考えご提供している。他病院で手術不可能と告げられた患者様でも、当院では手術が可能となる場合があるため、ぜひセカンドオピニオンを活用していただきたい。


齊藤 英子
齊藤 英子

(さいとう・えいこ)
Eiko Saitoh

国際医療福祉大学 病院講師

予防医学センター(婦人科検診)

産業医科大学卒、医学博士
慶應義塾大学医学部産婦人科学教室非常勤講師
前東京電力病院臨床検査科長・婦人科科長・産業医
日本産科婦人科学会認定産婦人科専門医、日本臨床細胞学会認定細胞診専門医、日本医師会認定産業医、緩和ケア研修修了

産婦人科臨床とがん検診の研究の両者において培ってきた経験を生かし、受診者の健康増進の一助となるよう、エビデンスに基づいた医療を展開することをめざしている。

PAGE TOP