医師案内

ホーム > 医師案内 > 形成外科

  • 診療内容
  • 医師案内
  • フロアマップ

形成外科

松﨑 恭一
松﨑 恭一

(まつざき・きょういち)
Kyoichi Matsuzaki

形成外科部長
国際医療福祉大学教授

形成外科(顔面悪性腫瘍 切除後再建、乳房再建、下肢再 建、外傷・熱傷後瘢痕拘縮再建、 眼瞼・耳介・外鼻形成)

千葉大学卒、医学博士
前慶應義塾大学医学部形成外科学教室准教授、元Harvard Medical School, Postdoctoral Fellow
日本形成外科学会認定形成外科専門医・皮膚腫瘍外科指導専門医、日本創傷外科学会専門医、日本熱傷学会認定熱傷専門医、日本褥瘡学会認定師

米国留学で培養表皮を研究し、「なかなか治らないキズを治す」、「キズあとを目立たなくする」に応用している。先天異常(先天性眼瞼下垂・口唇口蓋裂・小耳症・臍変形・多合指症など)、外傷(顔面骨骨折など)、腫瘍切除後の変形、顔面神経麻痺などの従来分野に加え、保険適応に伴い増加している乳房再建、高齢化社会に伴い増加している眼瞼下垂などの新たなニーズにも対応する。


酒井 成身
酒井 成身

(さかい・しげみ)
Shigemi Sakai

国際医療福祉大学教授

形成外科・美容外科

新潟大学卒、医学博士
米国ニューヨーク大学形成外科臨床医研修、米国ヴァージニア大学形成外科臨床医研修
前聖マリアンナ医科大学横浜市西部病院形成外科部長、前聖マリアンナ医科大学形成外科助教授
日本形成外科学会認定形成外科専門医・皮膚腫瘍外科指導専門医、日本美容外科学会(JSAPS)認定専門医、日本頭蓋顎顔面外科学会専門医

乳がん手術後の乳房再建を専門とし、全国で最多の症例を扱っており、TBSテレビ「世界のスーパーDr.乳房再建」や、週刊女性自身「命をあずけたい神の手10人」でも取り上げられた。第28回日本美容外科学会会長を務め、美容外科手術にも精通していて、美容外科の教科書「美容外科基本手術」を編集。乳房手術としては豊胸術、乳房縮小術、陥没乳頭修正術など、さらに眼瞼部の手術としては重瞼術、眼瞼下垂修正術、眼瞼しわとり術、義眼床術、顔面しわとり術も手がけている。患者様と十分話し合い、納得していただいたうえでの手術を行うことをモットーにしている。


種子田 紘子
種子田 紘子

(たねだ・ひろこ)
Hiroko Taneda

形成外科、美容外科

大分大学卒
米国ピースヘルス・サウスウエスト・メディカルセンター留学
日本形成外科学会認定形成外科専門医

乳がん術後乳房再建(筋皮弁使用)、乳がん術後の一期再建(インプラント使用)、豊胸術、陥没乳頭修正術などの症例を得意としている。また、眼瞼部の手術においては、重瞼術、眼瞼下垂修正術、義眼床手術なども得意とし、さらにケロイド治療等も行っている。主に保険診療を行い、論文や学会の発表も国内外で精力的に行っている。


鈴木 彩馨
鈴木 彩馨

(すずき・あやか)
Ayaka Suzuki

形成外科(形成外科 一般)

北里大学卒
前東京歯科大学市川総合病院、元慶應義塾大学病院、元那須赤十字病院

外傷(顔の骨折、軟部組織損傷、潰瘍、やけど、ケロイド・肥厚性瘢痕)による傷全般の治療のほか、全身の皮膚のできもの(良性・悪性)の切除とその再建(なくなった部分や機能の再建)に加え、先天奇形(生まれつきある変形)や、美容(眼瞼下垂など)に関しても治療を行う。特に、皮膚表面のできものの切除や傷の治療を得意とする。

PAGE TOP