医師案内

悪性リンパ腫・血液腫瘍センター

畠 清彦

畠 清彦(はたけ・きよひこ)

Kiyohiko Hatake

悪性リンパ腫・血液腫瘍センター長
国際医療福祉大学 医学部教授

血液内科

自治医科大学卒、医学博士
東京大学薬学部大学院非常勤講師、自治医科大学血液学非常勤講師
前がん研究会有明病院血液腫瘍科部長、元自治医科大学血液学助教授
緩和ケア研修修了

悪性リンパ腫を中心に、骨髄腫なども含め血液疾患の中でも悪性疾患の治療を行う。当院に所属する多くの優れた内科医師と協力し、適切な医療を進めていきたいと考えている。大きな手術を受けた患者としての経験もあるため、患者様にやさしい医療をめざしたいと日々努めている。

中世古 知昭

中世古 知昭(なかせこ・ちあき)

Chiaki Nakaseko

国際医療福祉大学 医学部
血液内科学主任教授

血液内科(急性白血病、慢性骨髄性白血病、悪性リンパ腫、多発性骨髄腫、造血幹細胞移植)

千葉大学卒、医学博士
前千葉大学医学部附属病院血液内科科長・診療教授、前千葉大学大学院医学研究院細胞治療内科学講座准教授、元千葉大学医学部第2内科学講座助教、元米国Fred Hutchinson Cancer Research Center Clinical Fellow、元千葉県がんセンター血液・腫瘍科
日本内科学会認定指導医・総合内科専門医、日本血液学会認定指導医・血液専門医、日本がん治療認定医機構がん治療認定医、日本造血細胞移植学会造血細胞移植認定医、緩和ケア研修修了

近年、白血病や悪性リンパ腫、多発性骨髄腫などの血液疾患診療では、化学療法や分子標的療法、造血幹細胞移植療法などの進歩が大変めざましく、治療成績が大幅に向上している。患者様に最先端の医療をご提供するとともに、少しでも患者様、ご家族が安心して治療を受けられるよう、医師、看護師、薬剤師等の多職種からなるチームで力をあわせ、患者様の診療にあたっている。

小林 幸夫

小林 幸夫(こばやし・ゆきお)

Yukio Kobayashi

悪性リンパ腫・血液腫瘍センター副センター長
国際医療福祉大学 医学部教授

血液内科

東京大学卒、医学博士
前国立研究開発法人国立がん研究センター中央病院血液腫瘍科外来医長
日本内科学会認定指導医・総合内科専門医、日本血液学会認定指導医・血液専門医、日本臨床腫瘍学会認定指導医・がん薬物療法専門医、日本がん治療認定医機構暫定教育医・認定医、緩和ケア研修修了

血液腫瘍の診断、治療に取り組んできた。標準療法が確立している場合は、可能なかぎり苦痛のないように治療を行う。標準療法が確立していない場合には、前職の経験を生かして最善の治療を提示できるように努めている。また、頻度の少ない疾患の経験も多く、今後の診療に生かしたいと考えている。

朝井 洋晶

朝井 洋晶(あさい・ひろあき)

Hiroaki Asai

国際医療福祉大学 病院准教授

造血器悪性腫瘍・血液内科、腫瘍内科、がん薬物療法

愛媛大学卒、医学博士
前愛媛大学医学部附属病院腫瘍センター特任講師、元愛媛大学医学部附属病院腫瘍センター助教、元愛媛大学大学院医学系研究科生体統御内科学、元がん研有明病院血液腫瘍科/化学療法科、元愛媛大学医学部附属病院総合研修センター
日本内科学会認定総合内科専門医、日本血液学会認定血液専門医、日本臨床腫瘍学会認定指導医・がん薬物療法専門医、厚生労働省認定臨床研修指導医、緩和ケア研修修了

これまで悪性リンパ腫、多発性骨髄腫などの抗がん剤治療、分子標的治療を中心に診療し、がん薬物療法専門医として原発不明がんを代表とする希少がんの抗がん剤治療、さらには免疫チェックポイント阻害剤や各種がん薬物療法の有害事象対応の相談も受けてきた。患者様、ご家族が満足できる医療をご提供できるよう、チーム医療・チームケアの一員として力を尽くしたいと考えている。

東ヶ崎 絵美

東ヶ崎 絵美(とうがさき・えみ)

Emi Togasaki

国際医療福祉大学 医学部助教

血液内科

千葉大学卒、医学博士
前大網白里市立国保大網病院血液内科診療科長、元千葉大学医学部附属病院血液内科、元千葉市立青葉病院内科、元千葉労災病院内科、元成田赤十字病院
日本内科学会認定内科医、日本血液学会認定指導医・血液専門医、日本骨髄バンク調整医師、緩和ケア研修修了

血液疾患全般の診療を行っている。血液内科は研究と臨床が非常に近く、特に多発性骨髄腫や悪性リンパ腫などは、ここ数年で新しい治療薬が次々と導入されている分野である。最新の知見に基づき、お一人おひとりの患者様にとって最も適した治療をご提案し、ともに決定しながら 治療を行っていける医療をめざしている。