医師案内

ホーム > 医師案内 > 血液内科

  • 診療内容
  • 医師案内
  • フロアマップ

血液内科

小林 幸夫
小林 幸夫

(こばやし・ゆきお)
Yukio Kobayashi

国際医療福祉大学 病院教授

血液内科

東京大学卒、医学博士
前国立研究開発法人国立がん研究センター中央病院血液腫瘍科外来医長
日本内科学会認定指導医・総合内科専門医・認定内科医、 日本血液学会認定指導医・血液専門医、日本臨床腫瘍学会認定指導医・がん薬物療法専門医、日本がん治療認定医機構暫定教育医・認定医、緩和ケア研修修了

血液腫瘍の診断、治療に取り組んできた。標準療法が確立している場合は、可能なかぎり苦痛のないように治療を行う。標準療法が確立していない場合には、前職の経験を生かして最善の治療を提示できるように努めている。また、頻度の少ない疾患の経験も多く、今後の診療に生かしたいと考えている。


中世古 知昭
中世古 知昭

(なかせこ・ちあき)
Chiaki Nakaseko

国際医療福祉大学 医学部
血液内科学主任教授

血液内科(急性白血病、慢性骨髄性白血病、悪性リンパ腫、多発性骨髄腫、造血幹細胞移植)

千葉大学卒、医学博士
前千葉大学医学部附属病院血液内科科長・診療教授、前千葉大学大学院医学研究院細胞治療内科学講座准教授、元千葉大学医学部第2内科学講座助教、元米国Fred Hutchinson Cancer Research Center Clinical Fellow、元千葉県がんセンター血液・腫瘍科
日本内科学会認定指導医・総合内科専門医・認定内科医、日本血液学会認定指導医・血液専門医、日本がん治療認定医機構がん治療認定医、日本造血細胞移植学会造血細胞移植認定医、緩和ケア研修修了

近年、白血病や悪性リンパ腫、多発性骨髄腫などの血液疾患診療では、化学療法や分子標的療法、造血幹細胞移植療法などの進歩が大変めざましく、治療成績が大幅に向上している。患者様に最先端の医療をご提供するとともに、少しでも患者様、ご家族が安心して治療を受けられるよう、医師、看護師、薬剤師等の多職種からなるチームで力をあわせ、患者様の診療にあたっている。


東ヶ崎 絵美
東ヶ崎 絵美

(とうがさき・えみ)
Emi Togasaki

国際医療福祉大学 医学部助教

血液内科

千葉大学卒、医学博士
前大網白里市立国保大網病院血液内科診療科長、元千葉大学医学部附属病院血液内科、元千葉市立青葉病院内科、元千葉労災病院内科、元成田赤十字病院
日本内科学会認定内科医、日本血液学会認定血液専門医、日本骨髄バンク調整医師、緩和ケア研修修了

血液疾患全般の診療を行っている。血液内科は研究と臨床が非常に近く、特に多発性骨髄腫や悪性リンパ腫などは、ここ数年で新しい治療薬が次々と導入されている分野である。最新の知見に基づき、お一人おひとりの患者様にとって最も適した治療をご提案し、ともに決定しながら 治療を行っていける医療をめざしている。

PAGE TOP