医師案内

ホーム > 医師案内 > 脊椎脊髄センター

  • 診療内容
  • 医師案内
  • フロアマップ

脊椎脊髄センター

石井 賢
石井 賢

(いしい・けん)
Ken Ishii

整形外科部長・脊椎脊髄センター長
国際医療福祉大学 医学部
整形外科学主任教授

整形外科、脊椎脊髄(整形外科一般、脊椎脊髄一般、低侵襲・内視鏡、脊柱変形、頚椎疾患、靭帯骨化症、脊椎脊髄腫瘍ほか)

慶應義塾大学卒、医学博士
慶應義塾大学特任教授
前慶應義塾大学医学部整形外科専任講師・脊椎脊髄班チーフ、元ハーバード大学 MGH fellow、元ジョージタウン大学 fellow
日本脊椎脊髄病学会認定脊椎脊髄外科指導医、日本専門医機構認定整形外科専門医、日本整形外科学会認定整形外科専門医/脊椎脊髄病医/リウマチ医/脊椎内視鏡下手術・技術認定医、身体障害者福祉法肢体不自由の診断指定医、医学系OSCE評価者認定講習会認定医、臨床修練指導医、難病指定医

腰痛、首こり、難治性疾患(靭帯骨化症、首下がり病、脊柱変形、脊椎脊髄腫瘍など)をはじめとする脊椎脊髄疾患全般を担当する。5,600症例を超える豊富な手術経験を持つ。腰椎すべり症、頚椎症、脊柱変形などに対する最小侵襲安定術・内視鏡手術の日本の第一人者。脊椎脊髄腫瘍、靭帯骨化症手術、首下がり病、難治性疾患などにも豊富な臨床経験を持つ。


西山 誠
西山 誠

(にしやま・まこと)
Makoto Nishiyama

国際医療福祉大学 医学部教授

脊椎脊髄外科、整形外科

東京医科大学卒、医学博士
東京医科大学整形外科学教室
Hospital for Special Surgery(米国ニューヨーク市)留学
日本脊椎脊髄病学会認定脊椎脊髄外科指導医、日本整形外科学会認定整形外科専門医、インフェクションコントロールドクター

最近の脊椎手術を含めた治療法は格段の進歩があり、以前には治すことができなかった病気まで治療が可能となっている。患者様ご自身が病状・病態を正しく知り、治療法の選択をご自身が下す助けとなるよう、親身にご相談にのっている。


石川 雅之
石川 雅之

(いしかわ・まさゆき)
Masayuki Ishikawa

国際医療福祉大学 医学部准教授

脊椎脊髄外科
整形外科

慶應義塾大学卒、医学博士
国際医療福祉大学市川病院整形外科副部長
Hospital for Special Surgery(米国ニューヨーク市)留学
日本脊椎脊髄病学会認定脊椎脊髄外科指導医、日本整形外科学会認定整形外科専門医・脊椎脊髄病医

手術以外の保存療法から手術療法まで、患者様の病態に応じた治療方針を十分ご説明したうえで、最善の治療を行う。特に脊椎変形の疾患(側弯症や後弯症など)については、米国での臨床研究の経験を生かして診療を行う。腰痛や坐骨神経痛、手足のしびれ、上下肢の関節痛で悩んでいる方の治療を積極的に行っている。


船尾 陽生
船尾 陽生

(ふなお・はるき)
Haruki Funao

国際医療福祉大学 医学部講師

整形外科、脊椎脊髄(整形外科・脊椎脊髄一般、低侵襲手術、側弯症、リウマチ性脊椎炎、感染症性疾患、透析脊椎症、脊椎・脊髄腫瘍)

慶應義塾大学卒、医学博士
前川崎市立川崎病院整形外科医長、元ジョンズホプキンス大学整形外科学教室リサーチフェロー、元練馬総合病院整形外科医長、元慶應義塾大学医学部整形外科学教室助教、元太田記念病院整形外科、元さいたま市立病院整形外科、元済生会宇都宮病院整形外科、元けいゆう病院麻酔科
日本整形外科学会認定整形外科専門医・脊椎脊髄病医・リウマチ医、日本脊椎脊髄病学会認定脊椎脊髄外科指導医、厚生労働省認定麻酔科標榜医、難病指定医

脊椎脊髄疾患は病態が複雑なことも少なくないため、多岐にわたる鑑別診断を念頭においた正確な診断を心がけている。それぞれの病態や患者様の状態に応じた治療を重んじ、手術が必要な場合にも、できるだけ低侵襲な手術を心がけ、患者様の早期社会復帰をめざしている。


石原 慎一
石原 慎一

(いしはら・しんいち)
Shin-ichi Ishihara

 

脊椎脊髄外科
整形外科

大阪大学卒
前慶應義塾大学病院整形外科、元練馬総合病院整形外科、元江戸川病院整形外科
日本内科学会認定内科医

患者様の痛みの原因を正確に診断できるように診察すること、そして患者様にも、前向きに治療に取り組めるようにわかりやすく説明することを心がけている。


磯貝 宜広
磯貝 宜広

(いそがい・のりひろ)
Norihiro Isogai

脊椎脊髄外科
整形外科

千葉大学卒
前慶應義塾大学病院整形外科助教、元川崎市立川崎病院整形外科、元静岡赤十字病院整形外科、元佐野厚生総合病院整形外科、元済生会中央病院整形外科
日本整形外科学会認定整形外科専門医・脊椎脊髄病医、身体障害者福祉法肢体不自由の診断指定医、難病指定医

患者様本位の治療という観点から、手術療法、保存療法ともにそれぞれのライフスタイルにあわせた治療をご提案している。患者様とともに、納得できるまで治療方針をつくり上げていくことを心がけている。

PAGE TOP