医師案内

ホーム > 医師案内 > 神経内科

  • 診療内容
  • 医師案内
  • フロアマップ

神経内科

後藤 順
後藤 順

(ごとう・じゅん)
Jun Goto

神経内科部長
国際医療福祉大学 医学部教授

神経内科、神経遺伝学

東京大学卒、医学博士
前東京大学大学院医学系研究科脳神経医学専攻神経内科学准教授
日本神経学会認定指導医・神経内科専門医、日本内科学会認定内科医、日本人類遺伝学会認定指導医・臨床遺伝専門医

神経内科の病気について、頭痛などよくある病気から難病などのまれな病気まで、また急性の病気から慢性疾患まで、幅広く診療経験があり、診療の指導をしてきた。特に、ハンチントン病や脊髄小脳変性症などの遺伝性疾患の遺伝子診断、診療、遺伝カウンセリングなどを専門としている。どのような病気にあっても、患者様それぞれにあった最善の診療を進めていくことを心がけている。


村井 弘之
村井 弘之

(むらい・ひろゆき)
Hiroyuki Murai

神経内科部長
国際医療福祉大学 医学部
神経内科学主任教授

神経内科 <神経免疫疾患(特に重症筋無力症)、神経感染症、脳血管障害、その他神経内科全般)>

九州大学卒、医学博士
前九州大学脳神経治療学講座教授、元九州大学神経内科学講座准教授、元飯塚病院神経内科部長兼脳卒中センター長、元ロズウェル・パーク癌研究所研究員
日本神経学会認定指導医・神経内科専門医、日本認知症学会認定指導医・認知症専門医、日本頭痛学会認定指導医、日本脳卒中学会認定脳卒中専門医、日本内科学会認定内科医

手足のしびれ、頭痛、てんかん、脳卒中、認知症、神経難病など、あらゆる症状を診察するが、特に専門としているのは重症筋無力症である。重症筋無力症については、国内のみならず、国際ガイドラインの作成にも尽力してきた。神経系の病気では、丁寧な診察と説明が大切である。何か気になることがあれば、お気軽に受診していただきたいと考えている。


桂 研一郎
桂 研一郎

(かつら・けんいちろう)
Ken-ichiro Katsura

予防医学センター長
国際医療福祉大学 医学部教授

神経内科
予防医学センター

日本医科大学卒、医学博士
前日本医科大学多摩永山病院脳神経内科部長、前日本医科大学神経内科准教授、
元スウェーデン王国 Lund University, Experimental Brain Research 助教授
日本神経学会認定指導医・神経内科専門医、日本脳卒中学会認定脳卒中専門医、日本頭痛学会認定指導医・頭痛専門医、日本内科学会認定指導医・内科医、日本医師会認定産業医

神経内科全般、特に脳卒中、頭痛を中心に、長年第一線の診療、教育、研究に携わっている。第18回日本脳ドック学会総会の事務局長を務め、脳ドックのさらなる普及の必要性を痛感している。予防医学から現場の臨床へのスムーズな連携をめざしている。


岩田 信恵
岩田 信恵

(いわた・のぶえ)
Nobue K. Iwata

神経内科副部長
国際医療福祉大学 病院准教授

神経内科(神経生理学)

東京大学理学部卒、同大学院修士課程修了、大阪大学医学部卒、東京大学大学院医学系研究科修了、理学修士、医学博士
東京大学医学部神経内科客員研究員
前米国National Institutes of Health(NIH、NINDS)Visiting Fellow、元東京大学医学部附属病院、元三井記念病院、元虎の門病院、元都立駒込病院、元都立広尾病院
日本神経学会認定指導医・神経内科専門医、日本内科学会認定総合内科専門医、日本臨床神経生理学会認定医、American Board of Electrodiagnostic Medicine(ABEM) Diplomate(専門医)、日本医師会認定産業医、日本体育協会公認スポーツドクター

神経内科の疾患は、診断や治療が難しい神経難病、生活習慣の改善で予防や再発防止が可能な脳卒中、頭痛、腰痛、しびれといった日常よく遭遇する症状など、全身多岐にわたる。こうした多様な疾患に対して丁寧に診断、診療を行い、安心して納得のいく医療をご提供し、患者様から好評を得ている。

PAGE TOP