平成27年度 国際医療福祉大学三田病院 病院指標

  1. 年齢階級別退院患者数
  2. 診断群分類別患者数等(診療科別患者数上位3位まで)
  3. 初発の5大癌のUICC病期分類別並びに再発患者数
  4. 成人市中肺炎の重症度別患者数等
  5. 脳梗塞のICD10別患者数等
  6. 診療科別主要手術別患者数等(診療科別患者数上位3位まで)
  7. その他(DIC、敗血症、その他の真菌症および手術・術後の合併症の発生率)
年齢階級別退院患者数ファイルをダウンロード
年齢区分 0~ 10~ 20~ 30~ 40~ 50~ 60~ 70~ 80~ 90~
患者数 - 70 244 384 670 900 1661 1759 848 118
平成27年4月~平成28年3月の期間、保険(公費、生活保護を含む)を使用した退院患者数。10件未満は「-」表示。
昨年に比べて、年間の患者数285人増加。年齢構成で最も多いのは70歳~79歳で全体の26.4%を占めている。次に多いのは60歳~69歳で全体の24.9%。60歳以上の利用は65.9%、昨年と比較して1.1ポイント減少しました。0歳~19歳の患者数が少ないのは小児科入院を行なってないためです。
診断群分類別患者数等(診療科別患者数上位3位まで)ファイルをダウンロード
整形外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
070343xx99x20x 脊柱管狭窄(脊椎症を含む) 腰部骨盤、不安定椎 手術なし 処置2:神経ブロック(局所麻酔剤又はボツリヌス毒素使用) 神経根ブロック等(2) 副傷病なし 287 4.8 6.70 0.00 68.4
070343xx97x0xx 脊柱管狭窄(脊椎症を含む) 腰部骨盤、不安定椎 その他の手術 処置2なし 176 22.8 18.44 0.57 69.7
070343xx01x0xx 脊柱管狭窄(脊椎症を含む) 腰部骨盤、不安定椎 脊椎固定術、椎弓切除術、椎弓形成術(多椎間又は多椎弓の場合を含む) 前方椎体固定等 処置2なし 51 29.8 23.32 1.96 66.5
整形外科、脊椎脊髄センターの症例数は脊柱管狭窄が上位を占めています。
整形外科は、脊椎脊髄疾患を扱う脊椎脊髄センターと関節疾患を主に扱う整形外科に分かれ、双方「患者様の視点に立った医療」をご提供することを目的に日々の診療を行っています。腰部脊柱管狭窄症に対する当科の診療実績は国内でも有数ですが、脊髄造影や神経根ブロックといった診断を目的とした入院が多くなっていることは、患者様の視点に立ち本当に必要な医療を真剣に協議して提供するよう心がけていることの表れとご理解ください。また、整形外科医と脳神経外科医がお互いの垣根を取り払ってひとつのチームとして診療にあたっていることも当科の特徴で、頸椎から胸椎、腰椎、仙椎にいたるまで全脊椎の疾患に対応可能となっています。そのほか、変形性膝関節症、変形性股関節症、膝半月板損傷、膝前十字靭帯損傷、外反母趾等の下肢疾患に対する診療実績も豊富です。
消化器外科;消化器内科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
060100xx99xxxxツ 小腸大腸の良性疾患(良性腫瘍を含む。) 手術なし 65 2.48 2.93 0.00 72.1
060335xx0200xx 胆嚢水腫、胆嚢炎等 腹腔鏡下胆嚢摘出術等 手術・処置等1 なし 手術・処置等2 なし 64 6.16 7.84 0.00 51.8
060035xx99x50x 結腸(虫垂を含む。)の悪性腫瘍 手術なし 手術・処置等2 5あり 定義副傷病 なし 63 4.83 4.53 0.00 64.5
平成27年度の症例数では小腸大腸の良性疾患に対する症例が最も多く、胆嚢炎等に対する治療を行なった症例が2位、結腸(虫垂を含む。)の悪性腫瘍の症例が3位となっています。在院日数は3位の結腸悪性腫瘍では若干長くなっているが、1、2位は全国平均より自院の日数が短くなっています。
消化器センターでは、さまざまな消化器疾患に対し、消化器外科、消化器内科など診療科の枠にとらわれることなく、多職種が密接に協力しながら最良のチーム医療を実践しています。特にがん診療に関しては、診断、治療、経過観察、緩和医療などを継続的に一貫して行なうことで、個々の患者様に高度な医療技術ときめ細かい丁寧な診療をご提供致します。がんのみならず、胃・十二指腸潰瘍、胃腸炎、胆石症、肝炎、肝硬変などさまざまな消化器疾患に対する診療も行なっています。
呼吸器外科;呼吸器内科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
040080x099x0xx 肺炎、急性気管支炎、急性細気管支炎(15歳以上) 手術なし 手術・処置等2 なし 70 10.89 14.34 1.43 64.4
040040xx97x0xx 肺の悪性腫瘍 手術あり 手術・処置等2 なし 40 11.23 13.03 0.00 66.2
040040xx9904xx 肺の悪性腫瘍 手術なし 手術・処置等1 なし 手術・処置等2 4あり 33 8.24 13.38 0.00 61.7
びまん性肺疾患の診断の為のVATS(胸腔鏡下肺生検での診断)、薬剤による間質性肺疾患(薬剤性間質性肺疾患)の発症に関連するバイオマーカー検査や肺の悪性腫瘍手術については、ほとんどの検査を外来で行い、病状を把握したうえで治療方針を決定しております。基本的に手術の前日又は前々日に入院していただいておりますが、糖尿病の管理を要する場合や抗凝固の調節が必要な場合は術前の入院日数が長くなります。胸腔鏡下肺悪性腫瘍手術では、術後5~7日目に退院の可否を判断しております。術後、合併症等により入院期間が長期となる場合もあります。
泌尿器科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
11012xxx020x0x 上部尿路疾患 経尿道的尿路結石除去術等 処置1なし 副傷病なし 194 3.7 5.91 0.00 56.1
110070xx0200xxホ 膀胱腫瘍 膀胱悪性腫瘍手術 経尿道的手術 手術・処置等1 なし 手術・処置等2 なし 27 7.6 7.59 0.00 71.6
110200xx04xxxx 前立腺肥大症等 経尿道的レーザー前立腺切除術 21 8.4 7.9 0.00 72.8
当該泌尿器科では入院で実施する内視鏡的治療と、主に外来で実施する対外衝撃波破砕治療(ESWL)を組み合わせて様々な症例の治療を実施している。近隣の開業医の先生方は勿論、治療に苦労した他院泌尿器からの症例の紹介を受け入れている。外来で行うESWLはここに示すDPCコード表示に含まれないが、DPCコード11012と同等かそれ以上に実施されている。代表的入院疾患に関しては、クリニカルパスを使用することで、経過のばらつきを予防し、在院期間を短縮しています。
婦人科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
120060xx01xxxx 子宮の良性腫瘍 子宮全摘術等 24 16.1 10.18 4.17 43.0
120010xx99x50x 卵巣・子宮附属器の悪性腫瘍 手術なし 手術・処置等2 5あり 定義副傷病 なし 22 6.45 5.17 0.00 56.2
12002xxx99x40x 子宮頸・体部の悪性腫瘍 手術なし 手術・処置等2 4あり 定義副傷病 なし 15 6.93 5.33 0.00 48.0
平成27年度は、子宮の良性腫瘍、子宮筋腫で入院する患者様の割合が多くを占めています。また、悪性腫瘍に対する手術、化学療法も行っており、早期がんから進行がんまで、医療技術を個々の患者様に提供することで、機能障害を伴わない治療を行えるよう努めています。
眼科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
020200xx9710xxリ 黄斑、後極変性 手術あり 手術・処置等1 あり 手術・処置等2 なし 30 2.0 7.99 0.00 65.7
020200xx9700xx 黄斑、後極変性 手術あり 手術・処置等1 なし 手術・処置等2 なし - - 7.87 - -
020180xx97x0x0 糖尿病性増殖性網膜症 手術あり 手術・処置等2 なし 片眼 - - 8.62 - -
眼科の入院は手術目的がほとんどです。診断群分類別で最も多い症例は黄斑前膜や黄斑円孔といった黄斑疾患の硝子体手術短期入院です。基本的には、
1泊2日で片眼の手術を行っています。両眼手術の方は、片眼の手術後に一度退院して、2週間程度開けて、再入院の上、反対側の眼の手術を施行しています。その他、白内障などの短期入院手術も施行しています。
乳腺外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
090010xx03x0xx 乳房の悪性腫瘍 乳腺悪性腫瘍手術 乳房部分切除術(腋窩部郭清を伴わないもの) 処置2なし 58 5.4 6.79 0.00 57
090010xx02x0xx 乳房の悪性腫瘍 乳腺悪性腫瘍手術 単純乳房切除術(乳腺全摘術)等 処置2なし 19 6.6 10.37 0.00 61.7
090010xx01x0xx 乳房の悪性腫瘍 乳腺悪性腫瘍手術 乳房部分切除術(腋窩部郭清を伴うもの(内視鏡下によるものを含む))等 処置2なし 15 6.7 11.63 0.00 57.9
乳がんの早期診断から、手術療法、術後抗がん剤治療、再発に対して抗がん剤治療を中心とした集学的治療を非入院で行っています。手術に関しては小切開手術による低侵襲手術で、最短で1泊2日といった短い入院期間で、安全に安心して退院、社会復帰できるようサポートしています。
形成外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
090010xx04xxxx 乳房の悪性腫瘍 乳房再建術(乳房切除後) 二期的に行うもの 19 33.5 18.73 0.00 53.4
020320xx97xxxx 眼瞼、涙器、眼窩の疾患 手術あり - - 3.43 - -
020250xx97xxxx 結膜の障害 手術あり - - 3.20 - -
私どもは、乳癌切除後の乳房再建を得意としています。乳房部分切除後の軽度変形から、乳癌拡大切除後の広範囲重度変形までを対象とします。後者に対して行う筋皮弁移植術は高い評価を得ています。加齢に伴う腱膜性眼瞼下垂の手術は多くの医療機関で行われていますが、他院で行われた手術後不良例に対しても、私どもは筋膜移植などを行うことで良好な治療結果を得ています。義眼床形成も得意としています。陥凹部分への組織移植とともに、義眼装着が安定するように深いポケットを再建します。眼瞼の変形には耳介軟骨移植などを行い、健側に近い眼瞼・眼窩を形成します。
皮膚科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
080020xxxxxxxx 帯状疱疹 20 8.3 7.19 0.00 72.4
080011xx99xxxx 急性膿皮症 手術なし - - 11.97 - -
080100xxxxxxxx 薬疹、中毒疹 - - 11.65 - -
平成27年度は入院が必要な皮膚疾患としては、帯状疱疹が最も多い疾患となっております。そのほかにもアトピー性皮膚炎、湿疹、乾癬、ヘルペス、皮膚細菌ウイルス感染症、膠原病、薬疹、火傷、皮膚腫瘍など、全身の皮膚症状を診察しています。
循環器内科;心臓外科;血管外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
050050xx0200xx 狭心症、慢性虚血性心疾患 経皮的冠動脈形成術等 処置1なし 処置2なし 86 5.5 4.87 0.00 68.1
050130xx99000x 心不全 手術なし 処置1なし 処置2なし 副傷病なし 53 20.7 18.30 0.00 82.0
050050xx99100x 狭心症、慢性虚血性心疾患 手術なし 処置1:心臓カテーテル法による諸検査 処置2なし 副傷病なし 38 5.5 3.07 0.00 70.3
心臓血管センター循環器内科では、冠動脈疾患の患者様に対して、可能な限り身体的、精神的負担を軽量化すべく努力をしております。具体的には、心臓カテーテル検査や手術に関する説明を外来で詳細に施行し、入院は手技当日にしていただきます。ほとんどの患者様では、手の血管(橈骨動脈)からカテーテルを挿入するため、術後すぐに動き出すことが可能です。また、退院後も、いかなる相談に対しても、外来はもちろん、電話やメール等の電子媒体を利用してのcommunicationを推進するなど、きめ細やかなアフターフォローをご提示させていただいています。
耳鼻咽喉科;頭頸部外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
030150xx97xxxx 耳・鼻・口腔・咽頭・大唾液腺の腫瘍 手術あり 72 9.2 7.94 0.00 53.9
03001xxx01000x 頭頸部悪性腫瘍 頸部悪性腫瘍手術等 手術・処置等1 なし 手術・処置等2 なし 定義副傷病 なし 59 16.1 12.32 0.00 64.2
03001xxx01110x 頭頸部悪性腫瘍 頸部悪性腫瘍手術等 手術・処置等1 あり 手術・処置等2 1あり 定義副傷病 なし 54 39.6 42.50 0.00 62.4
頭頸部領域(耳、鼻副鼻腔、口腔、咽頭、喉頭、唾液腺、甲状腺、副咽頭等)全般の腫瘍性病変にたいしては、頭頸部腫瘍センターという標榜のもと耳鼻咽喉科とは独立した専門性を高めたスタッフで診療にあたっています。頭頸部部外科の専門として当院リハビリとの綿密な連携をもった診療に力を入れている。標準治療以外にも多くの臨床試験を導入することで治療の選択肢をより多く提示できるよう努力しています。
耳鼻咽喉科では、耳・鼻・喉の疾患を対象に診療を行っています。専門外来として、難聴専門外来、補聴器専門外来、めまい専門外来、音声専門外来があります。難聴専門外来では、お子様の難聴にも対応しています。必要に応じて人工内耳、人工中耳の手術も実施しています。突発性難聴やめまいなど聴覚・平衡系の急性疾患のほか、扁桃炎/急性喉頭蓋炎/扁桃周囲膿瘍などの咽喉頭の急性感染症の患者様も多く、手術が必要な疾患だけでなく、耳鼻咽喉科疾患全般の急性期の疾患にも対応しております。
脳神経外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
010030xx9910xx 未破裂脳動脈瘤 手術なし 処置1:動脈造影カテーテル法(選択的に造影撮影) 処置2なし 36 3.1 3.15 0.00 58.9
010060x099030x 脳梗塞 JCS10未満 手術なし 処置1なし 処置2:ラジカット(3) 副傷病なし 17 16.7 18.08 5.88 71.1
010030xx03x00x 未破裂脳動脈瘤 脳血管内手術 処置2なし 副傷病なし 11 7.1 10.08 0.00 65.7
脳卒中・血管内治療センターでは、脳ドックや頭痛・めまいの精査などにより発見された未破裂脳動脈瘤の検査入院が最も多くなっています。予防的な治療が適応と判断された場合には、治療方法に対する説明を丁寧に行い、治療方針を決定しています。当院では脳血管内治療を選択される症例が多くなっています。急性期脳梗塞による入院が次に多くなっています。リハビリテーション科と密な連携をとっており、早期の自宅退院や回復リハビリテーション病院への転院を目指しています。 
当院の脳神経外科は積極的に脊椎脊髄の手術を行っております。当院では、脳神経外科や整形外科に紹介された脊椎脊髄疾患の患者様は、一元的に”脊椎脊髄センター”受診となります。当院の脊椎脊髄センターは、整形外科と脳神経外科が完全にコラボレートしたシステムをとっています。受診された患者様は、どちらの科を受診すればよいか迷う必要も御座いません。その他、脳腫瘍、脳出血、脳挫傷などの外科手術も行なっています。
移植外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
070041xx97x1xx 軟部の悪性腫瘍(脊髄を除く) その他の手術 処置2:中心静脈注射等(1) 11 30.3 36.08 0.00 60.2
060030xx01x1xx 小腸の悪性腫瘍、腹膜の悪性腫瘍 小腸切除術等 処置2:中心静脈注射等(1) 10 29.4 32.50 0.00 53.3
110020xx01x1xx 後腹膜疾患 後腹膜悪性腫瘍手術等 処置2:化学療法等(1) - - 30.37 - -
平成27年より当院に移植外科が新設されました。当科スタッフは臓器移植(腎、肝、膵)の経験が豊富で、各臓器横断的に外科治療を行うことから、他病院、他大学病院では手術困難とされる腹部骨盤部に多発する肉腫、後腹膜腫瘍に対する手術も数多く積極的に行っています。臓器移植はDPCに含まれないため、記載されておりませんが、当科では生体腎移植も保険診療で行っています。また、血液透析関連手術(内シャント造設、人工血管移植、PTA(経皮的血管拡張術)など)も行っています。
内科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
100070xxxxxxxx 2型糖尿病(糖尿病性ケトアシドーシスを除く) 66 14.8 15.35 0.00 69.4
110280xx99000x 慢性腎炎症候群・慢性間質性腎炎・慢性腎不全 手術なし 処置1なし 処置2なし 副傷病なし 26 18.9 13.64 0.00 70.0
100180xx99000x 副腎皮質機能亢進症、非機能性副腎皮質腫瘍 手術なし 処置1なし 処置2なし 副傷病なし 25 7.4 6.55 0.00 57.7
内科の症例数は表記の通り、2型糖尿病が最も多くなっています。
2型糖尿病の血糖コントロールは、病態(インスリン分泌不全あるいはインスリン抵抗性)に応じて、適切な経口糖尿病薬またはインスリンを選択して行います。また食事指導、運動療法の実施、糖尿病教育など、個人に合わせた生活習慣の改善が図れるように、チームワークでご協力致します。
神経内科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
010160xx99x10x パーキンソン病 手術なし 処置2:SPECT等(1) 副傷病なし 19 29.5 21.49 0.00 74.4
010060x099000x 脳梗塞 JCS10未満 手術なし 処置1なし 処置2なし 副傷病なし 11 35.5 15.80 9.09 78.5
010160xx99x00x パーキンソン病 手術なし 処置2なし 副傷病なし 11 28.3 19.00 0.00 79.7
パーキンソン病またはパーキンソン症候群の診断、薬剤調整、リハビリテーション、併症治療のための入院に対応している。パーキンソン病以外の中枢神経系の変性疾患、末梢神経、骨格筋の変性疾患等の神経難病の診断、治療、リハビリテーション等の入院加療も行っている。また、筋炎、重症筋無力症、ギランバレー症候群、慢性炎症性脱髄性多発神経炎などの自己免疫性神経筋疾患の診断、入院治療も行っている。脳血管障害・脳卒中の急性期に対しては、脳卒中・血管内治療センターの入院加療となるが、慢性期の入院リハビリテーションに関しては、当科入院にて行っている。リハビリテーション科との連携にて、理学療法、作業療法、言語療法を行っている。失語症などの高次機能の障害、認知機能の評価、リハビリテーションを含め、充実した体制で診療しています。
初発の5大癌のUICC病期分類別並びに再発患者数ファイルをダウンロード
初発 再発 病期分類
基準(※)
版数
Stage I Stage II Stage III Stage IV 不明
胃癌 49 - - - 26 17 1 7,6
大腸癌 87 15 16 - 14 31 1 7,6
乳癌 87 41 - - 86 - 1 7
肺癌 18 - - - 83 53 1 7,6
肝癌 - - - - - - 1 7
※ 1:UICC TNM分類,2:癌取扱い規約
平成27年4月~平成28年3月に退院した患者さんが対象で、実患者数を集計しています。期間内に同じ患者さんが同じがんで入退院を繰り返しても1症例を1件としてカウントします。また、症例数が10未満の場合は「-」で表記しています。
 患者数としては乳がんが最も多くなっています。次に大腸がん、肺がん、胃がん、肝がんの順となっています。
乳がんは早期に発見し治療を開始することが大切です。乳がんの標準的治療方法は、手術などの外科療法、化学療法、ホルモン療法、放射線療法の組み合わせで行われます。治療の選択は腫瘍の大きさや進行度、がんの特性、によりガイドラインに沿った適切な治療方針が選択されます。
食道、胃、大腸などの早期のがんに対しては、可能な限り内視鏡的手術を行なっています。適応とならない患者さんへは胸腔鏡や腹腔鏡などによる鏡視下手術をセンチネルリンパ節検査とともに施行し、患者様へ手術の影響を少なくするよう努めています。進行したがんでは、標準的治療、さらには徹底した拡大手術施行して根治を目指します。進行度や根治度に応じて化学療法、放射線治療、緩和治療を組み合わせる治療も行なっています。
成人市中肺炎の重症度別患者数等ファイルをダウンロード
患者数 平均
在院日数
平均年齢
重症度 0 24 8.13 44.8
重症度 1 15 9.6 74.2
重症度 2 20 12.5 78.8
重症度 3 - - -
重症度 4 - - -
重症度 5 - - -
不明 - - -
平成27年4月~平成28年3月までに退院した患者様で、成人とは20歳以上の患者をさします。市中肺炎とは、日常的な生活をしていてた人が発症する肺炎のことです。「-」表示は症例件数が10未満を指します。
軽症(重症度0、1)の割合が最も多く、全体の66%を占めています。
脳梗塞のICD10別患者数等ファイルをダウンロード
ICD10 傷病名 発症日から 患者数 平均在院日数 平均年齢 転院率
G45$ 一過性脳虚血発作及び関連症候群 3日以内 - - - -
その他 - - - -
G46$ 脳血管疾患における脳の血管(性)症候群 3日以内 - - - -
その他 - - - -
I63$ 脳梗塞 3日以内 39 25.59 74.05 4.41
その他 29 36.55 74.38 8.82
I65$ 脳実質外動脈の閉塞及び狭窄,脳梗塞に至らなかったもの 3日以内 - - - -
その他 14 7.00 71.64 0.00
I66$ 脳動脈の閉塞及び狭窄,脳梗塞に至らなかったもの 3日以内 - - - -
その他 - - - -
I675 もやもや病<ウイリス動脈輪閉塞症> 3日以内 - - - -
その他 - - - -
I679 脳血管疾患,詳細不明 3日以内 - - - -
その他 - - - -
 平成27年度において、おおよそ5割の患者様は、3日以内発症となっております。ほとんどの患者様が、来院されたその日に緊急入院となり、処置やリハビリをされています。基本的には自宅退院となっておりますが、1割ほどの患者様は引き続きリハビリなどを受けられるため、より専門的な医療機関に転院となっております。
診療科別主要手術別患者数等(診療科別患者数上位3位まで)ファイルをダウンロード
整形外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K1425 脊椎固定術、椎弓切除術、椎弓形成術(椎弓切除) 202 3.6 20.2 2.48 70.3
K0821 人工関節置換術(肩・股・膝) 68 3.0 26.4 1.47 75.2
K068-2 関節鏡下半月板切除術 50 1.1 4.1 0.00 51.3
 脊椎脊髄センターでは、主な脊椎変性疾患に対して椎弓切除術や椎弓形成術などの後方除圧術あるいは前方除圧固定術、Instrumentationを併用した脊椎固定術を病態に応じて行っています。また、脊髄腫瘍や脊柱側弯症などの専門性の高い疾患に対する手術も行っています。整形外科では、膝、股関節の人工関節置換術、関節鏡下半月板切除術に加え、関節鏡下膝前十字靭帯再建術、外反母趾に対する第1足指外反症矯正手術も多く行っています。
消化器外科;消化器内科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K7211 内視鏡的大腸ポリープ・粘膜切除術 124 0.8 1.4 0.00 69.1
K721-4 早期悪性腫瘍大腸粘膜下層剥離術 78 0.9 4.3 0.00 64.5
K672-2 腹腔鏡下胆のう摘出術 73 1.6 3.6 0.00 51.3
消化器センターでは、消化器外科と消化器内科が密接な連携をとりながら、内視鏡による診断から治療までを行っています。患者様に内視鏡検査を苦痛無く行わせて頂けるよう、前処置から鎮静まで配慮しております。さらに、通常の診断内視鏡から内視鏡的粘膜剥離術(ESD)といった先進の内視鏡治療まで幅広く対応しています。また、28年度からは、肝胆膵領域のスタッフも充実し、経皮的ラジオ波焼灼術(RFA)や内視鏡的逆行性膵胆管造影(ERCP)を用いた治療も広く行っております。
呼吸器外科;呼吸器内科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K5131 胸腔鏡下肺切除術(肺嚢胞手術) 31 2.1 4.3 0.00 31.7
K514-23 胸腔鏡下肺悪性腫瘍手術(肺葉切除又は1葉を超えるもの) 22 2.1 10.2 0.00 68
K514-21 胸腔鏡下肺悪性腫瘍手術(部分切除) 16 1.8 6.0 0.00 64.1
 気胸は突然発症するため事前に入院日や手術日決定することが出来ません。入院後なるべく早く手術(胸腔鏡下肺切除術(肺嚢胞手術))ができるよう努力しておりますが手術室の空き状況等により手術まで数日お待ちいただいております。肺の悪性腫瘍手術については、ほとんどの検査を外来で行い、病状を把握したうえで治療方針を決定しております。基本的に手術の前日又は前々日に入院していただいておりますが、糖尿病の管理を要する場合や抗凝固の調節が必要な場合は術前の入院日数が長くなります。胸腔鏡下肺悪性腫瘍手術では、術後5~7日目に退院の可否を判断しておりますが、退院日は、患者様のご都合を考慮し決めております。術後、合併症等により入院期間が長期となる場合もあります。
泌尿器科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K7811 経尿道的尿路結石除去術(レーザーによるもの) 175 1.1 1.4 0.00 56.1
K8036 膀胱悪性腫瘍手術(経尿道的手術) 30 1.6 5.0 0.00 72.3
K783-2 経尿道的尿管ステント留置術 25 1.0 2.4 0.00 58.4
 代表的疾患に関しては、クリニカルパスを使用し、術前の検査を外来で行うことにより、術前日数を短縮、術後に関しても入院期間が短くなり、他院への転院はほぼ無いという状況であります。
婦人科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K867 子宮頸部(腟部)切除術 66 0.8 1.0 0.00 39.3
K877 子宮全摘術 12 1.0 13.2 8.33 44.4
K879 子宮悪性腫瘍手術 12 1.8 18.7 0.00 51.2
 当院では、症例数としては子宮頸部異形成に対する、円錐切除術が最も多く行われております。このほか、子宮・卵巣の癌・筋腫に対しても対応できる能力を備えており、患者様と相談しながら安全性の高い手術を心がけております。
眼科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K2821 水晶体再建術(眼内レンズを挿入する場合) 216 0.0 1.2 0.00 74.1
K2801 硝子体茎顕微鏡下離断術(網膜付着組織を含むもの) 43 0.0 1.0 0.00 67.5
- - - - - - -
 眼科の手術でもっとも多いのは白内障手術です。小切開創からのオジル法を用いての手術で、侵襲の少ない、安全性の高い手術を行っています。また、硝子体手術では、黄斑前膜や黄斑円孔といった黄斑疾患の手術を、侵襲の少ない25ゲージ法を用いて行っています。
乳腺外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K4762 乳腺悪性腫瘍手術(乳房部分切除術・郭清なし) 60 1.0 3.4 0.00 57.0
K4763 乳腺悪性腫瘍手術(乳房切除術・郭清なし) 17 1.1 4.8 0.00 63.0
K4765 乳腺悪性腫瘍手術(乳房切除術・郭清あり・胸筋切除を併施しないもの) - - - - -
 患者様の状態に合わせ、また想いも伺いながら、安心・安全な手術を心がけております。内容としては、根治手術はもとより、センチネルリンパ節の同定による縮小手術の試み、乳房同時再建、脂肪弁による乳房形成術など、根治性を保ちかつ美容上にも十分配慮した乳房温存手術を実施しています。
形成外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K476-32 動脈弁及び筋弁を用いた乳房再建術(乳房切除後・二次的) 18 2.0 30.6 0.00 53.4
K2192 眼瞼下垂症手術(筋膜移植法) - - - - -
K0102 瘢痕拘縮形成手術(その他) - - - - -
 私どもは、乳癌切除後の乳房再建を得意としています。乳房部分切除後の軽度変形から、乳癌拡大切除後の広範囲重度変形までを対象とします。後者に対して行う筋皮弁移植術は高い評価を得ています。 加齢に伴う腱膜性眼瞼下垂の手術は多くの医療機関で行われていますが、他院で行われた手術後不良例に対しても、私どもは筋膜移植などを行うことで良好な治療結果を得ています。義眼床形成も得意としています。陥凹部分への組織移植とともに、義眼装着が安定するように深いポケットを再建します。眼瞼の変形には耳介軟骨移植などを行い、健側に近い眼瞼・眼窩を形成します。
循環器内科;心臓外科;血管外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K5493 経皮的冠動脈ステント留置術(その他) 84 2.6 3.4 0.00 67.7
K5972 ペースメーカー移植術(経静脈電極) 14 5.2 8.9 0.00 75.2
K5463 経皮的冠動脈形成術(その他) 10 0.3 2.4 0.00 62.3
心臓血管外科内科的には治療が困難な心臓病および血管疾患に対する手術が可能です。リハビリ施設も併設しているので、早期離床に向けた医療の提供も行っております。狭心症などの原因になっている場合には、カテーテルを用いてステントを留置するなどの冠動脈形成術(PCI)が可能です。最近では、再狭窄の少ない薬剤溶出性ステントが広く用いられ、良好な成績が得られています。
耳鼻咽喉科;頭頸部外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K4571 耳下腺腫瘍摘出術(耳下腺浅葉摘出術) 32 1.2 7.0 0.00 52.5
K3932 喉頭腫瘍摘出術(直達鏡) 25 1.4 2.4 0.00 61.9
K328 人工内耳埋込術 20 1.5 7.8 0.00 51.1
 頭頸部領域(耳、鼻副鼻腔、口腔、咽頭、喉頭、唾液腺、甲状腺、副咽頭等)全般の腫瘍性病変にたいしては、頭頸部腫瘍センターという標榜のもと当院耳鼻咽喉科とは完全に独立した専門性を高めたスタッフで診療にあたっています。頭頸部部外科の専門として当院リハビリとの綿密な連携をもった診療に力を入れています。標準治療以外にも多くの臨床試験を導入することで治療の選択肢をより多く提示できるよう努力しています。
 耳鼻咽喉科で最も多い手術は、当科の特徴でもある、人工内耳植込術をはじめとした聴覚、耳科手術でした。術後経過も順調で、術後日数の短縮にもつながっています。その他、口蓋扁桃摘出術、慢性副鼻腔炎や副鼻腔のう胞などへの内視鏡下鼻副鼻腔手術も施行しており、ナビゲーションシステムなどを用いて安全な手術を心がけております。
脳神経外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K609-2 経皮的頸動脈ステント留置術 10 7.3 8.4 0.00 75.2
K162-2 慢性硬膜下血腫穿孔洗浄術 - - - - -
K1781 脳血管内手術(1箇所) - - - - -
 脳卒中・血管内治療センターでは、脳梗塞の原因となる頸動脈狭窄症に対する頸動脈ステント留置術が多くなっています。外傷が原因の慢性硬膜下血腫が次いで多くなっています。未破裂脳動脈瘤に対する脳血管内手術(コイル塞栓術)も徐々に増えてきています。頸動脈ステント留置術も合わせてカテーテル手術が増えているのが特徴です。
 脳神経外科は積極的に脊椎脊髄の手術を行っております。当院では、脳神経外科や整形外科に紹介された脊椎脊髄疾患の患者様は、一元的に”脊椎脊髄センター”受診となります。当院の脊椎脊髄センターは、整形外科と脳神経外科が完全にコラボレートしたシステムをとっています。脊椎脊髄センターの症例数としては整形外科にカウントされています。件数は多くありませんが脳腫瘍、硬膜下血腫の手術も行なっています。
移植外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K643 後腹膜悪性腫瘍手術 22 3 24 0.00 51.8
K780-2 生体腎移植術 - - - - -
K6332 腹壁腫瘍摘出術(形成手術を必要とする) - - - - -
 平成27年より移植外科が新設されました。当科では腎不全に対する外科治療(生体腎移植、内シャント造設、人工血管移植、PTA(経皮的血管拡張術)など)のみならず、各臓器横断的に外科治療を行うことから、他病院、他大学病院では手術困難とされる腹部骨盤部に多発する肉腫、後腹膜腫瘍に対する手術も数多く積極的に行っています。
その他(DIC、敗血症、その他の真菌症および手術・術後の合併症の発生率)ファイルをダウンロード
DPC 傷病名 入院契機 症例数 発生率
130100 播種性血管内凝固症候群 同一 - -
異なる - -
180010 敗血症 同一 - -
異なる - -
180035 その他の真菌感染症 同一 - -
異なる - -
180040 手術・処置等の合併症 同一 29 0.4
異なる - -
 厚生労働省による平成26年度のDPC対象病院全国平均は、敗血症「0.56%」、手術・処置等の合併症「0.70%」であり、当院ではすべて平均以下です。
より安心して治療を受けていただくよう、さらなる改善の意思を持って努めていきます。
更新履歴