三田病院について

ホーム > 三田病院について > 国際医療機能評価JCIの認証を取得

〒108-8329
東京都港区三田1-4-3
国際医療福祉大学 三田病院

  • お問い合わせ
  • よくあるご質問
三田メディカルクラブ

国際医療機能評価JCIの認証を取得

当院はこの度、国際医療機能評価機関の審査を経て、JCI(Joint Commission International)の認証を取得しました。同認証は「患者の安全」と「医療の質」に焦点を当てた評価基準を採用し、国際的に高く評価された認証です。世界60か国808の医療施設、日本では14施設(うち病院は11施設)が認証を受けています※2016年1月5日現在、JCIホームページに拠る

JCIとは
米国病院評価機構JC(Joint Commission)を起源とし、1994年に活動を開始した国際医療機能評価機関です。大学病院を除く病院のカテゴリーでは主に、14章にまたがる1,140余の測定項目の9割以上が、JCIの求める水準に達しているかどうかによって合否が判断されます。認証期間は3年間で、認証を継続するためには再度審査に合格することが求められます。
特に重要な第1章である国際患者安全目標は、正確な患者識別、重要な情報の確実な伝達、医薬品の安全性、手術時の部位・手技・患者識別の正確性、感染制御、転倒リスクの極小化という6つの目標で構成されています。

JCI ホームページ 


医療の質と安全性のさらなる向上へ向けて 名誉院長 小川 聡
当院では、看護師、医療専門職、事務など職種を問わず全職員が一丸となって長期間にわたり、JCIの求める国際標準(患者視点からの医療の質と安全性の向上)をクリアするように取り組んでまいりました。
2015年12月に3名の審査官が文書(医療に関する方針・手順)やカルテ閲覧、院内全域への実地審査を行いました。その結果、「三田病院はJCI認証に値する高い水準で、医療の質と安全性の向上に取り組んでいると認めます。私たちは自信をもって、JCI本部に三田病院の認証を推薦します」とのコメントをいただきました。
認証取得に向けた取り組みにより、私たちが提供する医療は、患者様視点をより尊重し、品質と安全性を継続的に向上させる仕組みも取り入れ、大きく進化したと自負しております。私たちは今回の認証取得を励みとし、医療の質と安全性の向上に今後ともたゆまず取り組んでまいります。

以上

PAGE TOP