病院長ご挨拶

国際医療福祉大学三田病院 病院長 宮崎 勝

国際医療福祉大学三田病院
病院長 宮崎 勝

当院は、2005年に東京専売病院を継承して以来、地域密着型医療施設として医療支援体制を整備してまいりました。また東京都がん診療連携拠点病院として、がん診療における基幹病院としての機能充実にも努めております。さらに2012年には、東京都指定二次救急医療機関の指定を受け、24時間365日、いつでも救急患者を受け入れる体制を整備しています。

外来部門につきましては、診療科の垣根を越えてより高度な専門医療をチームにて実現する「センター方式」を採用しており、脊椎脊髄センター、頭頸部腫瘍センター、乳腺センター、呼吸器センター、消化器センター、循環器内科と心臓外科、血管外科を統合した心臓血管センター等があります。さらに、2015年1月より、豊富な症例経験を持つ脳血管内治療の専門家が揃う脳卒中・血管内治療センターを開設しました。

こうした臨床体制のもと当院では、研修早期の段階から専門医療への積極的な参加を促しています。チーム医療を通じて、自らがチームの一員として責任ある判断と行動を取れるよう指導していきます。さらに、充実した後期研修プログラムも用意しています。
自主性に富み、向上心にあふれた皆さんをお待ちしています。

臨床研修委員長ご挨拶

国際医療福祉大学三田病院 内科部長 臨床研修委員長 佐藤 敦久

国際医療福祉大学三田病院
内科部長 臨床研修委員長
佐藤 敦久

当院では、多彩な臨床研修スケジュールからなる2年間の初期臨床研修プログラムを提供しています。このプログラムは、2年間の研修期間で医学という学問を通して、社会人としての常識・モラルを持った、才能豊かな医師となることを目的に作成したものです。

必修科目として、1年次の内科研修6か月、救急部門研修3か月、2年次の地域医療研修1か月がありますが、それ以外の期間は選択必修科目を含めて、自分で考え、自分の特性を生かした科目選択が可能です。各科には臨床経験豊富で優秀な臨床研修指導医、各学会専門医が在籍します。プログラムに沿って、2年間の研修が修了した際には、初期臨床研修医として基本的臨床力が確実に備わることでしょう。

私が、臨床研修委員会委員長として初期臨床研修医の皆さんに望むことは2つです。
1つは、常に患者さんに向き合う真摯な態度を取れ、人間的なやさしさを持った医師になることです。現代医学は細分化され、加速度的に進歩し、いまや高度な専門医療が選択できる時代となりました。しかしどれだけ専門性が高まっても、医師の原点は患者さんに対するやさしさです。ヒューマンな心を持った医師に成長してほしいと思います。

2つめは、精神的にタフになることです。研修期間は、自分の思い描いた通りには進まないことも多く、さまざまな悩みも出てきます。しかし、それに負けない強い心を鍛えてほしいのです。少しのことにはへこたれない、くじけない。これは自分のためであるとともに、実はすべては患者さんのためなのです。2年間、私達といっしょにがんばりましょう。

研修医からのメッセージ

奥田 達也 医師(H24年度研修医/三田病院呼吸器内科)

三田病院には数多くの高名な先生方がいらっしゃることもあり、実に多種多様な症例が集まります。初期研修医としての2年間、いわゆるcommon diseaseはもちろんのこと、稀少疾患・難病と呼ばれるような疾患にも数多く触れることができます。病床数こそ多くはないですが、初期研修医が1学年5人と少人数なこともあり、一つひとつの症例を濃厚に感じ、考えることができました。

また、私が初期研修中に学ぶべきであると考えている「医師としての姿勢」を指導いただける先生が多くいらっしゃいます。「医師は病ではなく人を治すものである」とよく言いますが、本当にそのとおりで、患者さんと時間をかけて対話を持ち、所謂「全人的な医療」を学ぶことができると考えています。

初期研修医の2年間は医師としての礎を築く時間です。勉強・治療マシーンではなくハートフルな医師をめざすならば、量よりも質が大事だと2年間で感じました。目の前の患者さん一人ひとりに対してアツくなれる病院での研修に興味があれば、ぜひ一度見学にきてください!


竹田 渓輔 医師(H26年度研修医)

三田病院の研修制度の特徴として第一にあげられるのが、研修内容の選択の自由度の高さです。
内科、救急、地域医療は初期臨床研修医の必修科目として決められていますが、それ以外に関しては自己で判断し、自由に研修先を組むことが出来ます。
私自身も専攻を麻酔科と決定してからは、麻酔科医としての必要なスキル、知識を意識したローテートを組むことが出来、非常に充実した時間を過ごすことが出来ました。

もう一つの特徴が、病院が都心にありながら地方にも関連病院を持つため都心と地方両側面の医療を経験出来ることです。一部の大学病院で行われている、たすき掛けというローテート方法をより短期的に、フレシキブルに行えると思っていただければいいかと思います。
実際に医療現場にて働いてみて実感したことですが、都心と地方では求められる医療の内容、経験できる症例や手技の内容、数が大きく異なります。短い研修生活の中でその両方を経験出来ることは、医師としての基礎を作り上げる大事な二年間をより有意義なものにしてくれます。

三田病院には数多くの高名な先生方がいらっしゃいますが、そういった先生方も我々若手スタッフに壁を作ることなく、非常に熱心かつご丁寧に指導してくださいます。それに加え、ここ数年は三田での初期研修を経た後期研修医を中心とした若手の医師も増えてきていますので、屋根瓦式の教育も実践出来るようになってきました。
三田病院での初期研修に興味のある方は、是非一度見学に来てみてください。お待ちしています。

縫合手技研修

縫合手技研修

造営CTの対応

造影CTの対応

グループ施設合同研修医の症例発表会

グループ施設合同研修医の
症例発表会

  • 病院見学会
  • 各診療科からのご紹介
  • 三田病院
  • 関連病院ネットワーク
  • 後期臨床研修のご案内