三田病院の臨床研修プログラムの特色

国際医療福祉大学は、平成7年にわが国初の医療福祉の総合大学として開学し、以来、病気や障害を持つ人も健常者も、お互いを認め合い、尊重して暮らすことができる『「共に生きる社会」の実現』を建学の精神とし、「チーム医療・チームケアの実践」と、「医師以外の医療専門職の育成と、その地位の向上」に努めてきました。

研修医の臨床研修にあたっても、こうした大学附属病院としての特性を生かし、「チーム医療・チームケア」の大切さを体得していただくとともに、プライマリ・ケアを中心とした診療能力の養成および医師としての人格養成を図ることを目標としています。

将来、プライマリ・ケアを行う第一線の医師および高度な専門医のいずれにも必要な、基本的な知識・技術の習得はもちろん、「チーム医療・チームケア」の実践を担うリーダーとして、人間的にも優れた人材育成をめざします。

三田病院の研修スケジュール(例)

選択必修科を全て研修するスケジュール例

1年目
1カ月 2カ月 3カ月 4カ月 5カ月 6カ月
内科 内科 内科 内科 内科 内科
7カ月 8カ月 9カ月 10カ月 11カ月 12カ月
外科 外科 外科 救急部門 救急部門 救急部門
2年目
13カ月 14カ月 15カ月 16カ月 17カ月 18カ月
麻酔科 麻酔科 産婦人科 産婦人科 産婦人科 精神科
19カ月 20カ月 21カ月 22カ月 23カ月 24カ月
精神科 地域医療 選択科 選択科 選択科 選択科

2年目に将来専門とする診療科で研修を行う場合のスケジュール例

1年目
1カ月 2カ月 3カ月 4カ月 5カ月 6カ月
救急部門 救急部門 救急部門 内科 内科 内科
7カ月 8カ月 9カ月 10カ月 11カ月 12カ月
内科 内科 内科 産婦人科 産婦人科 産婦人科
2年目
13カ月 14カ月 15カ月 16カ月 17カ月 18カ月
地域医療 選択科 選択科 選択科 選択科 選択科
19カ月 20カ月 21カ月 22カ月 23カ月 24カ月
選択科 選択科 選択科 選択科 選択科 選択科

研修計画について

  • 基本診療科である、内科・救急部門・地域医療は必修とし、選択必修科の外科・麻酔科・小児科・産婦人科・精神科については、2科目以上選択することとしています。
  • 1年目は基本診療科の内科を6か月・救急部門を3か月、選択必修または選択科を3か月でのローテーションを基本としています。 2年目は基本診療科の地域医療を1か月と、選択必修科及び選択科を残り11か月でのローテーションを基本としています。
  • 選択必修科・選択科目の決定については、1年次は研修スケジュール確定時に、2年次は1年次の3月にそれぞれ研修医の希望を確認して、臨床研修委員会で決定します。
  • 救急部門・地域医療については研修医の希望や協力施設の受け入れ状況等を勘案しながら、臨床研修委員会で決定します。
  • 研修医には、救急来院患者(時間外、時間内を問わず)について、できるかぎり診療して頂く機会をつくり、到達目標を達成できるように努力します。また、臨床研修委員会において個々の研修過程を確認しながら、顕著な不足が認められる場合には2年目選択期間などをその補充研修に振り分ける等、臨機応変に対応します。

三田病院の臨床研修病院群

三田病院の臨床研修病院群は、グループ関連の医療・福祉施設を中心に構成し連携を図っています。研修に必要な診療科や施設は、研修医自身で選ぶことができます。

基幹型/協力型・協力施設 所在地 対応する診療科など
国際医療福祉大学三田病院(基幹型) 東京都港区 内科、選択必修科、選択科
国際医療福祉大学病院 栃木県那須塩原市 地域医療、救急部門、選択科
国際医療福祉大学熱海病院 静岡県熱海市 地域医療、救急部門、選択科
国際医療福祉大学塩谷病院 栃木県矢板市 地域医療、選択科
国際医療福祉大学市川病院 千葉県市川市 地域医療、選択科
高木病院 福岡県大川市 選択科
柳川リハビリテーション病院 福岡県柳川市 選択科
東京都保健医療公社 豊島病院 東京都板橋区 精神科
介護老人保健施設 マロニエ苑 栃木県那須塩原市 地域保健(選択科)
みなと保健所 東京都港区 地域保健(選択科)

三田病院の指導医の体制

  1. 各科の部長(=研修責任者)は、有意義な研修が行われるための責任を持つとともに、研修医の行う診療についても最終的な責任を負います。
  2. 担当の指導医は、研修プログラムに基づき研修医の指導を行います。また、研修医に対する評価を行い、各科の部長に報告します。
  3. 研修医の指導は、基本的に指導医と研修医のマンツーマン体制とし、実際の診療・手技等を研修医が実施する場合は、指導医の監督下の基に実施し、事故等が発生しないように、十分な配慮をもって指導します。
  4. 定期的な臨床研修委員会(年12回)を開催し、研修医の研修状況把握に努め、対応を協議します。

各診療科のプログラム

内科

総合内科として日本内科学会認定総合内科専門医の下で内科全般の診療の基本を修習します。さらに、消化器、呼吸器、循環器、腎臓病、糖尿病・内分泌代謝、腎・透析、神経などを担当する指導医の下で、入院患者を受け持ち内科領域について専門的な知識・技能を習得します。


救急部門

救急部門研修期間中はすべての診療科及び救急治療の基礎となる呼吸・循環・代謝の理論とテクニックを習得することを目標とします。呼吸管理に必要な気道確保と人工換気、血圧のコントロールと不整脈治療、ルートの確保(静脈・動脈・中心静脈)と輸液・輸血・酸塩基の管理等を行います。

救急

救急


地域医療

全人的な医療を地域医療の観点から研修できるように配慮します。地域医療の対象疾患として主なものは、障害者として認定される疾患群ならびにこれに準ずる疾患です。訪問診療・看護、訪問リハビリテーション、通所介護(デイケア)・リハビリテーションなどのほか、家事を支援するホームヘルパー、家族の不在時を支援する短期・長期入所(介護支援)などがあります。これらのシステムの運用方法やその適応範囲などを、実際の状況と必要性とに照らし合わせて活用できる知識と技術を身につけることを目標としています。


外科

切開縫合やルートの確保などの処置から外科小手術までの基本的手技を学ぶと同時に、術後管理や重症管理を通じて全身を診ることを到達目標とします。


麻酔科

各科の手術における全身麻酔、局所麻酔に従事し基本的手技を修得します。また、術前・術後の回診を行います。

麻酔科研修

麻酔科研修

麻酔科研修2

麻酔科研修2


小児科

現在の小児医療の情勢を考えると、将来、小児科以外の他科を専門とする場合においても、おのおのの専門科での小児患者の診療、または小児の一次医療に携わる機会があると思われます。その際に必要とされる小児への接し方、病歴の聴取方法、小児科専門医へ転送する必要性の有無の判断など小児医療の基本態度の習得を目指します。


産婦人科

婦人科では将来の高齢化社会の到来に備えて婦人科悪性腫瘍の診断・治療あるいは更年期障害、骨粗鬆症など中高年女性の健康管理を中心に研修を行います。産科では正常妊娠分娩の管理はもちろん、骨盤位、妊娠中毒症、多胎妊娠、前回帝王切開例、合併症のある妊婦等の管理、分娩について研修します。 


精神科

豊島病院は精神科救急病院としても知られており、プライマリ・ケアレベルから司法精神医学まで幅広く学ぶ事ができます。精神医療は徐々に地域を基盤としたケアにむかう傾向になっており、地域医療を担う医師に精神科的素養は必須となると考えられます。


選択科

当院では、必修科目や選択必修科目となっている診療科をはじめ、整形外科・乳腺外科・皮膚科・泌尿器科・眼科・耳鼻咽喉科・リハビリテーション科・放射線科・病理診断科など、幅広い診療科から選択いただけます。また、協力型病院の診療科も選択可能です。

カンファレンス・学会・勉強会

臨床病理検討会(CPC)
2年間の研修期間中、各人必須で実施していただきます。

緩和ケア研修会
年1回当院にて開催されます。当院の初期臨床研修医には必ず参加いただき、厚生労働省から修了証書が授与されます。

院内BLS研修会
患者様と直接対面する医師・看護師ほか医療関連職種の全員を対象に行っています。院内資格の取得が可能です。

院内BLS研修

院内BLS研修

緩和ケア研修会

緩和ケア研修会

症例検討会(CPC)

症例検討会(CPC)


キャンサーボード
当院では「東京都がん診療連携拠点病院」として毎月キャンサーボードが開催されています。がん患者の病態に応じたより適切ながん医療を提供できるよう、診療科の垣根を越え、医師や看護師、薬剤師、ソーシャルワーカーなどといった患者を取り巻く医療スタッフが、一同に介して患者の治療について話し合います。研修医も積極的に参加しています。

注射・点滴研修
入職時に研修します。
後期研修医も自分の腕を提供して丁寧に指導してくれます。

後期研修医からの指導

後期研修医からの指導

差注射点滴研修

注射点滴研修

キャンサーボード

キャンサーボード


  • 病院見学会
  • 各診療科からのご紹介
  • 三田病院
  • 関連病院ネットワーク
  • 後期臨床研修のご案内