新着情報

ホーム > 新着情報一覧 > 「少年・少女医学講座〜最先端心臓手術と心臓手術ライブ〜」開催のお知らせ

〒108-8329
東京都港区三田1-4-3
国際医療福祉大学 三田病院

  • お問い合わせ
  • よくあるご質問

新着情報

2013/06/11

「少年・少女医学講座〜最先端心臓手術と心臓手術ライブ〜」開催のお知らせ

昨年の会場の様子

実際に臓器をさわる体験も

国際医療福祉大学三田病院心臓血管センタ−・心臓外科では、夏休み中の小学5年生から中学3年生の児童・生徒を対象に、実際の心臓手術をライブ見学できる講座を、7月25日(木)国際医療福祉大学三田病院11階の三田ホールで開催いたします。


この講座は、将来の医学の発展を担う若い世代に、最先端の医療の現場を見て興味を持ってもらい、 次代の医師を育てるきっかけとなることを目的としており、約3,000件の心臓手術実績を持つ渡邊剛教授とそのチームが平成17年以来開催している取り組みで、今般11回目の実施となります。


当日は、6階の手術室と11階の三田ホールを回線でつなぎ、手術を生中継いたします。参加者は、三田ホールのスクリーンで手術の様子をライブで見学しながら、手術の合間にカメラを通して、執刀する渡邊教授と質疑応答ができます。
また、「解剖実習」、「電気メス体験」、「縫合実習」などの体験コーナーもご用意しております。

お申込みはWebサイト「ひらめき☆ときめきサイエンス」より申込みをしてください。


※「ひらめき☆ときめきサイエンス」は独立行政法人 日本学術振興会が全国の大学などと共同で実施する公開講座です。
科学研究費助成事業(文部科学省・(独)日本学術振興会)によって得られた研究成果を社会に還元・普及させることを目的としています。

日時: 2013年7月25日 (木) 9:00〜13:00 
主催: 国際医療福祉大学三田病院 心臓血管センター心臓外科
内容: □ 心臓手術のライブ中継と質疑応答(渡邊 剛教授)
□ 講演 「心臓の解剖、心臓外科手術について」 「ロボット(da Vinci)手術について」  「肺(呼吸器)手術について」
□ 体験コーナー(ブタの心臓や肺に触れたり、電気メスを使った切開の体験、手術器具を使っての縫合実習)
対象: 港区在住の小学5年生から中学3年生まで
申込方法: −お申し込みは終了いたしました。たくさんのお申し込みありがとうございました−
会場: 国際医療福祉大学三田病院 11F・三田ホール
 ●「少年・少女医学講座〜最先端心臓手術と心臓手術ライブ〜」開催レポート

【 お問い合わせ先 】
TEL 03-3451-8121(総務企画課) 川口
※受付時間 月曜〜土曜日(8:30〜17:30)

  • 渡邊剛 (わたなべごう)教授 プロフィール

国際医療福祉大学客員教授/国際医療福祉大学三田病院 心臓血管センター(心臓外科)
金沢大学 心肺・総合外科教授

日本人最年少の心臓移植執刀医としてドイツで活躍した後、患者様の身体に負担の軽い手術を目的として、日本で初めて人工心肺を用いない心拍動下冠動脈バイパス手術や、起きた状態で行う自発呼吸下心拍動下冠動脈バイパス術、傷口の小さい小切開や完全内視鏡冠動脈バイパス手術などを次々と成功させ、不整脈外科の研究も行う。
低侵襲冠動脈バイパス手術の経験は日本で最も経験豊かで、この10年で手術総数は約3,000件、手術の成功率は99.6%。外科手術用ロボットのダヴィンチを導入し日本で唯一ロボット心臓手術を行っている。

PAGE TOP