新着情報

ホーム > 新着情報一覧 > 第32回健康セミナー開催レポート

〒108-8329
東京都港区三田1-4-3
国際医療福祉大学 三田病院

  • お問い合わせ
  • よくあるご質問

新着情報

2014/10/21

第32回健康セミナー開催レポート

10月18日(土)、三田病院最上階(11F)の三田ホールで第32回健康セミナーを開催いたしました。健康セミナーは、一般の方を対象に毎月1回定期開催する公開講座で、気になる疾患の予防や治療について、当院の専門医たちがわかりやすく解説するものです。

第32回健康セミナーは、「消化器系のがんとは」というテーマで、外科・消化器センター センター長 池田 佳史(いけだ よしふみ)医師が講演しました。生涯でがんと診断される確率は男性が54%、女性が41%であるのに対し、がんで死亡する確率は男性が26%、女性が16%と言われています。つまり、がんは早期発見と治療により治り得る病気です。講演では、胃がん、大腸がん、肝臓がんについて、それぞれのリスク要因と最新の治療法・手術法を説明しました。そして、がんの要因を取り除くことでがんになるリスクが低くなることから、がんの予防として「禁煙する・節酒する・食生活を見直す・身体を動かす・適正体重を維持する」という5つの健康習慣を紹介し、講演をまとめました。講演後には、リハビリテーション室スタッフによる「座ってできる体操とストレッチ」を参加者と一緒に行い、盛況のうちに終了いたしました。

次回2014年11月8日(土)開催予定の第33回健康セミナーは、麻酔科・ペインクリニック 武田 昌子医師による「ペインクリニックで治療する痛みとは?」についての講演です。

講演風景

けんこう体操

『ペインクリニックという科はあまり知られていないかもしれませんが、最近は少しずつですが受診される方が増えてきているように思います。痛みには急性の痛み、様々な原因からくる慢性の痛み、心因性の痛みがあります。
慢性の痛みは目に見えないため他の人とは共有することができず、なかなか理解されないことも多く、日常生活が制限されQOL(生活の質)が低下することもあります。何らかの原因で痛みが慢性的に継続してしまう“慢性の痛み”を抱えている人は、日本全国で約1700万人いらっしゃると推定されており、大規模な調査では“慢性の痛みの保有率”は13.4%という結果がでております。
今回はペインクリニックで治療する様々な痛みとその治療についてお話をさせていただきたいと思います。』

どなたでもご参加いただけますので、どうぞご参加ください。


◎お申し込みは、総務企画課までお電話でお願いいたします。
TEL 03-3451-8123(総務企画課)
※受付時間 月曜〜土曜日(8:30〜17:30)

PAGE TOP