お知らせ

2021.10.15

内科部長・坂本昌也医学部教授に、警視庁から感謝状が贈られました


右:警視庁運転免許本部 茅根弘幸警視
左:当院内科部長 坂本昌也医学部教授

去る10月7日(金)、東京都公安委員会認定医としての尽力に対し、当院の糖尿病・内分泌内科部長 坂本昌也医学部教授に、警視庁から感謝状が贈られました。

東京都公安委員会は、自動車の安全な運転に支障をおよぼす一定の病気を有するものに対し、医師の診断にもとづいて運転免許の取得・継続の可否を判断しますが、この診断を担うのが東京都公安委員会認定医です。

当日は、警視庁運転免許本部より、茅根弘幸警視、茂田博和警部補、後藤瑠衣主事が、当院におみえになりました。
統合失調症、てんかん、脳障害、認知症などが、交通事故などの要因となる代表的な病気ですが、てんかんや、認知症は、糖尿病が関係している場合も多く、糖尿病専門医である坂本医師の貢献がいかに大きいものであるか、お話しされました。

坂本医師からは、自身の診断によって免許の返納をされた方々への敬意、診断の際には治療についてのアドバイスも積極的にしていること、今後も尽力していきたいことをお伝えしました。

お知らせ一覧