東京都認定がん診療病院

ホーム > 東京都がん診療連携拠点病院 > 東京都がん診療連携拠点病院とは

〒108-8329
東京都港区三田1-4-3
国際医療福祉大学 三田病院

  • お問い合わせ
  • よくあるご質問
三田メディカルクラブ

東京都がん診療連携拠点病院とは

1.東京都がん診療連携拠点病院とは?

当院は、2008年4月に東京都認定がん診療病院の認定を受け、2015年4月に東京都がん診療連携拠点病院として再認定されました。

「東京都がん診療連携拠点病院」とは、都民に高度ながん医療を提供するため、国が指定するがん診療連携拠点病院と同等の高度な診療機能を有する病院を東京都が独自に認定するものです。
東京都下では当院を含め9か所が「東京都がん診療連携拠点病院」に指定されています。

がんの治療方法は、外科療法、化学療法(抗がん剤)、放射線療法、さらには免疫療法など多岐にわたりますが、当院では各部門と緊密に連携しながら、患者様本位で温かな医療をご提供しております。
また、患者様やそのご家族から寄せられる治療や生活上のご心配事に関しても、院内の緩和ケアチームや医療相談・緩和ケアセンター がん相談支援センターなどが一丸となってお受けしております。

2.東京都がん診療連携拠点病院の役割

東京都がん診療連携拠点病院は、東京都におけるがん医療水準の向上を図るとともに、都民に安心かつ適切ながん医療が提供されることを目的に設置されています。

東京都がん診療連携拠点病院では、国の定めた「がん診療連携拠点病院等の整備に関する指針」(平成26年1月10日付健発0110第7号厚生労働省健康局長通知別添)に基づき、東京都知事が指定した要件を満たす必要があります。

主なものとしては、次のような要件があります。

  • 集学的治療及び標準的治療等の提供体制の確保。
  • 手術療法、放射線治療、化学療法、緩和ケアの提供体制の確保。
  • 病病連携・病診連携の協力体制の整備。
    (地域の医療機関と連携し、がん診療に関する協力体制を整備)
  • セカンドオピニオンの提示体制の整備。
  • 専門的な知識及び技能を有する医師及び医師以外の医療従事者の配置。
  • 医師等医療従事者に対する研修の実施。
  • がん相談支援センターの設置。
  • 院内がん登録の実施。
PAGE TOP