診療科のご案内

ホーム > 診療科のご案内 > 耳鼻咽喉科(聴覚・人工内耳センター) > 耳鼻咽喉科専門外来について

  • 診療科のご紹介
  • 医師案内
  • フロアマップ

耳鼻咽喉科専門外来について

難聴外来

岩崎聡医師が毎週月・水・金曜日の午後に、完全予約制で難聴外来を行っています。

耳は外耳、中耳、内耳の三つの部分に分けられます(下図1)。難聴外来では外耳、中耳に原因のある伝音難聴(手術で聴力改善の可能性があります:一般外来で診察しております)ではなく、主に内耳以降に問題のある感音難聴の患者様の「難聴の診断と治療」を目的に診察しております。

(図1)耳の構造

図1 耳の構造

外来では、何種類もの聴覚検査を組み合わせた精密聴力検査、CTやMRIなどの画像検査を用いて精密な診断を行っていきます。
高分解能CTや3D-MRIの進歩により、従来わからなかった内耳の異常(奇形)なども診断可能となってきました。また、従来「原因不明」とされることの多かった感音難聴は、近年遺伝子変異が原因である例も多いことが明らかとなってきております。

(図2)残存聴力活用型人工内耳

図2 残存聴力活用型人工内耳

必要と判断された患者様には「難聴の原因遺伝子解析」も行っています。

このように、まずは難聴の原因や程度を診断し、患者様それぞれに適した治療法や介入を提案させていただいております。

内服薬による治療が可能な場合は、適切な薬剤を処方いたします。
薬の内服での治療が困難な場合には、難聴の程度に応じて補聴器の装用をご提案しております。補聴器適合検査を行いながら補聴器をフィッティング(調整)しております。

しかし、どんな補聴器を使っても音声によるコミュニケーションが困難な高度難聴の方もいます。
従来、このような患者様には手話、読話(唇の動きを読む)、筆談などの音声を用いない方法しかありませんでした。
しかし現在では、「人工内耳」を埋め込む手術により「音を取り戻す」ことができるようになりました。

(図3)植込型骨導補聴器

図3 植込型骨導補聴器

その他、低い音は聞こえるが高い音が聞こえない方に対する「残存聴力活用型人工内耳」(図2)や既存の中耳の手術を受けても聞こえがよくならなかった方に対する「植込型骨導補聴器」(図3)などの新たな治療法の適応になるかの判断(適応となれば手術)も積極的に行っております。

日本最先端の情報をご提供いたします。
突発性難聴などで片耳に耳鳴りを伴う高度な難聴が残ってしまった方には、最新の治療法の情報提供をいたします。

図4に示すような聴力の方は、ぜひ受診してみてください。

図4

音声外来

国際医療福祉大学東京ボイスセンター長の渡邊雄介医師が第1木曜日に、完全予約制で音声外来を行っています。
声がかすれてしまう(嗄声)方や発声に関して悩まれている方は、まず一般外来を受診し、専門外来受診の必要性があれば予約、もしくは東京ボイスセンターへご紹介いたします。

PAGE TOP