診療科のご案内

ホーム > 診療科のご案内 > 脊椎脊髄センター

  • 診療科のご紹介
  • 医師案内
  • フロアマップ

脊椎脊髄センター

当センターの特徴は、
① 患者本位の治療を実施 ② あらゆる脊椎脊髄疾患の治療に対応 ③ 世界トップレベルの最小侵襲内視鏡手術(肉体的に負担が軽い手術)を実施 ④ 世界最先端の革新的な治療を実施 ⑤ 難治性疾患(靭帯骨化症や脊椎脊髄腫瘍など)治療に卓越 している点です。

当センターでは、脊椎脊髄外科を専門とする整形外科と脳神経外科のメンバーにより、脊椎脊髄疾患の治療を行っています。変性疾患などの脊椎外科一般、低侵襲・内視鏡手術、側弯症などの脊柱変形、頚椎疾患、靭帯骨化症、リウマチ性脊椎炎、感染症性疾患、透析脊椎症、脊椎・脊髄腫瘍など幅広い分野の疾患に対応し、専門性の高い最新治療を行っています。また、内科的な併存疾患を有する患者様には、各診療科と協力して診療にあたっています。

脊椎(せぼね)に由来する症状で医療機関を受診する患者様は多く、平成25年度の国民生活基礎調査では、65歳以上の有訴者率は肩こり、腰痛が男女ともトップ3を占めています。脊椎には身体を支えて、首や身体を前後左右に動かすという運動器としての働きと、四肢の運動や知覚、また排尿・排便機能などを支配する神経組織(脊髄・馬尾神経)を保護するという働きがあります。脊椎には日常的に頭や身体の重みがかかり、また活発に動く部位なので、加齢とともにその構造物(骨・椎間板・靭帯など)に変性や変形が生じてきます。進行すると神経組織を圧迫し、変性や変形そのものにより痛みが生じ、以下のような症状が出現することがあります。

・首の痛み、肩こり、背中の痛み、腰の痛み ・手足のしびれ・痛み・脱力感 ・指が動かしづらい、細かい作業ができない ・起立・歩行・階段昇降時のふらつき、不安定感 ・間欠跛行(歩行すると下肢に痛みやしびれが生じ、休むと楽になる) ・膀胱直腸障害(頻尿・残尿感・便秘など)

以上のような症状が生じると、程度にもよりますが日常生活にも大きな影響を及ぼすことがあります。原因によって治療法も異なりますが、まずは薬物治療やコルセットなどの装具治療、理学療法、物理療法、あるいは神経ブロックといった保存治療(手術以外の治療法)を行います。保存治療による効果が不十分な場合、また麻痺などの重篤な神経障害を生じた場合には、手術治療を考慮する必要があります。手術は一般的に、神経組織を圧迫から解除したり、脊椎を固定・安定化したりすることによって、神経症状や痛みを改善します。

当センターで治療を行っている代表的な疾患や手術、さらに脊椎脊髄の最少侵襲・内視鏡手術を以下にお示しします。

代表的疾患・手術
脊椎脊髄 最小侵襲・内視鏡・顕微鏡手術

近年、脊椎脊髄手術は飛躍的な発展をとげており、なかでも「最小侵襲(低侵襲)手術」が注目されています。最小侵襲手術は、従来の方法と比べて体への負担を軽減した方法です。本邦では、1999 年にMEDという内視鏡手術が承認され、当センター長の石井は日本で最も早く低侵襲手技を取り入れた一人でこの分野の第一人者です。最小侵襲手術には、従来の方法と比較して以下に示すような多くのメリットがありますが、高難易度手術の1つと言えます。当センターでは、十分にトレーニングを積んだ専門医が、適応を十分に判断した上で、積極的に最小侵襲手術を取り入れています。

  1. 傷が小さい
  2. 組織侵襲が少ない
  3. 術後の痛みが少ない
  4. 精神的なストレスが少ない
  5. 入院期間が短縮できる
  6. 社会復帰が早い
  7. 中長期成績で腰背部筋肉の萎縮や隣接する脊椎の障害が少ない
  8. 感染症などの合併症の発生率が低い
  9. その他
脊椎最小侵襲手術の歴史

以下は本邦における脊椎最小侵襲手術の歴史です。

1975年
経皮的椎間板摘出術(Percutaneous Nuclectomy: PN;土方)

1999年
MicroEndoscopic Discectomy(MED)System

2003年
Expandable Retractor

2004年
腰椎棘突起縦割椎弓切除術

2005年
最小侵襲後方固定術システム

2005年
Minimally Invasive Spine Stabilization(MISt)手技
脊椎最小侵襲手術の適応となる疾患

当院では主に以下に挙げる胸腰椎疾患に対して最小侵襲手術を施行しています。

  1. 腰椎椎間板ヘルニア
  2. 腰部椎間板症
  3. 腰椎脊柱管狭窄(症)
  4. 腰椎変性すべり症
  5. 腰椎変性側弯(後弯)症
  6. 腰椎分離(すべり)症
  7. 転移性脊椎腫瘍
  8. 感染症性疾患(化膿性脊椎炎など)
  9. 脊椎圧迫骨折
  10. 透析脊椎症
  11. その他
脊椎最小侵襲手術の種類と方法

個々の患者様の診断や病態を評価し、最もふさわしいと思われる最小侵襲治療法を選択しています。症例に応じて最新式の脊髄モニタリングを使用し、これまで見えなかった脊髄や馬尾神経への侵襲を可視化することによってより安全安心・確実な最小侵襲手術を実践しています。以下に主な治療法とその特徴について記載します。

その他

当院では、胸腰椎のみならず頚椎疾患に対しても積極的に低侵襲手術を取り入れています。

お一人おひとりの病態を詳細に把握するため、診察・画像所見のみならず、SF36やRoland Morris、ODI、SRS-22、BS-POPといった症状のアンケート調査も施行しています。これらを総合的に評価し、患者様の病態に合った最良と思われる治療法を選択しています。したがって、低侵襲手術はすべての疾患や病態に適応があるわけではありませんのでご注意下さい。詳細は外来主治医にお尋ねください。

関連リンク
日本整形外科学会 https://www.joa.or.jp/
日本脊椎脊髄病学会 http://www.jssr.gr.jp/jssr_web/html/index.html
日本低侵襲脊椎外科学会 http://jasmiss.umin.ne.jp/
日本MISt研究会 http://s-mist.org/
学術活動など
受診される方へ

ご予約・お問い合わせ
電話03‐3451‐8225(予約・変更) ※月~金(除く祝日) 8:30~17:00の間にお願いします。
代表電話03‐3451‐8121(その他お問い合わせ)※月~土(除く祝日)15:00~17:00の間にお願いします。

診察を円滑に行うために、事前に下記問診票をダウンロードし、見本のように赤色ボールペンで必要事項をご記入いただきまして、受診当日ご持参ください。

問診票(PDF)

※脊椎の診察ではガウン(外来でお渡しします)へのお着替えが必要になります。着脱しやすい服装でご来院ください。(冬場のロングブーツなど着脱しにくいお履き物でご来院される方は、スリッパなどをご持参ください。)

手術実績
診療科 術式 2016年度
脊椎脊髄センター 頸椎椎弓形成術 53
頸椎前方固定術 6
腰椎椎弓切除術 197
腰椎後方固定術(PLF) 2
腰椎後方固定術(PLIF) 69
腰椎開窓術 4
腰椎髄核摘出術(LOVE) 8
側弯症矯正手術 26
その他の手術 30
395
外来医師担当表
曜日
午前 ★笹生 豊 ★朝本 俊司
★中村 聡
★船尾 陽生
★石井 賢
★西山 誠
★石原 慎一
★石井 賢
★中村 聡
★船尾 陽生
★石原 慎一
★磯貝 宣広
★櫻井 公典
★朝本 俊司
(手術)
★<処方外来>
(第2・4週)
★特別外来
午後 ★磯貝 宣広
(手術)
★朝本 俊司
★中村 聡
(検査)
(装具)
★石井 賢
★西山 誠
★石原 慎一
(装具)
★朝本 俊司
★石川 雅之
★中村 聡
★船尾 陽生
(検査)
(装具)
★西山 誠
★櫻井 公典
(手術)
★石川 雅之
(第1・2・3・4・5週)
★(側弯外来)
★特別外来

【特記事項】

※初診・再診共にすべての診察が完全予約制となります。

※手術等で代診になることがあります。

※石井外来(水曜午前、木曜午前)は有料予約(21,600円)となります。

PAGE TOP