診療科のご案内

ホーム > 診療科のご案内 > 頭頸部腫瘍センター

  • 診療科のご紹介
  • 医師案内
  • フロアマップ

頭頸部腫瘍センターお知らせ

2014/12/24 頭頸部腫瘍センター レジデント募集

頭頸部腫瘍センター

頭頸部腫瘍センターは、頭頸部がん、頭頸部腫瘍、耳下腺腫瘍、副咽頭腫瘍、甲状腺腫瘍を専門に診療しています。同じ病気ではあっても一律に標準的な治療をお勧めするのではなく、患者様お一人おひとりにとって最も適切で最善な治療法を、患者様との対話を通じてご提案いたします。

がん治療後のQOL(生活の質)は、治癒率と同等に重要です。さまざまな領域の専門医が協力して一人の患者様を診る「集学的治療」により、根治性を損なうことなくQOLの低下を最小限にとどめるよう努めています。頭頸部外科医が中心となり、形成外科医、口腔外科医、耳鼻咽喉科音声外科医、放射線治療医、脳神経外科医、内科医、精神科医といった各種専門分野の有機的な協力関係のもとで、良質かつ高度な医療を実現しています。

また、当センターには、専属のがん専門看護師、言語聴覚士、理学療法士、管理栄養士、薬剤師、ソーシャルワーカー、ケアマネージャーを配置しています。入院中はもとより退院後から社会復帰まで、それぞれの専門職による「チーム医療」を実現、術後のリハビリテーションを強化しているのも特長です。頭頸部がんの治療は、音声や言語、そしゃく機能に影響を及ぼします。治療に伴う障害・後遺症を最小限に抑え、早期退院、早期社会復帰を促進させるため、高水準の集学的医療に加え、治療の一環として専門家による治療後の機能回復訓練(そしゃく、嚥下、音声、言語)を組み入れています。

■対象疾患
頭頸部がん・咽頭がん・喉頭がん・舌がん・上顎がん・耳下腺がん・甲状腺腫瘍などの診断と治療

手術実績
診療科 術式 2016年度
頭頸部腫瘍
センター
頭蓋底手術 前頭開頭 1
口腔がん(舌がん・口腔底がん・頬粘膜がんなど) 92
鼻副鼻腔がん 上顎全摘術 1
上顎部分切除術 6
中咽頭がん (扁桃がん、舌根がんなど) 9
下咽頭がん 咽頭喉頭全摘術 19
喉頭がん 喉頭全摘術 1
経口的喉頭・下咽頭・中咽頭悪性腫瘍手術 15
唾液腺 耳下腺がん 9
耳下腺良性浅葉切除 43
耳下腺良性全摘術 6
顎下腺がん 2
顎下腺良性腫瘍 6
甲状腺 甲状腺がん片葉切除 7
甲状腺がん全摘 8
良性疾患 1
頸部郭清術(単独、併施を含む術側総数) 169
微小血管吻合術による遊離皮弁移植再建術 51
有茎皮弁による再建術 10
副咽頭間隙腫瘍摘出術 7
選択的動注用カテーテル留置術 8
音声再建手術(プロヴォックス挿入術) 2
その他の手術(気管切開、生検術など) 97
570
放射線治療実績
診療科 治療内容 2015年度
頭頸部腫瘍
センター
放射線治療患者のべ人数 88
外来医師担当表
曜日
午前 三浦 弘規
(第1・3・5週)
多田 雄一郎
増淵 達夫
(第2・4週)
交替制
(手術) 三浦 弘規
岡田 拓朗
菅野 千敬
(手術) 三浦 弘規
多田 雄一郎
伏見 千宙
増淵 達夫
多田 雄一郎
(第1・3・4週)
増淵 達夫
岡田 拓朗
松木 崇
(第2・4週)
午後 三浦 弘規
多田 雄一郎
増淵 達夫
伏見 千宙
(手術)
交替制
三浦 弘規
岡田 拓朗
佐々木 剛史
多田 雄一郎
(手術)
交替制
多田 雄一郎
(増淵 達夫)
多田 雄一郎
(第1・3・4週)
増淵 達夫
岡田 拓朗
松木 崇
(第2・4週)

【特記事項】

※ご予約いただいた方を優先的に診療いたします。予約外の方は電話にてお問い合わせください。

ご予約・お問い合わせ
電話03‐3451‐8121(代表)
※13:00~17:00の間にお願いいたします。

PAGE TOP