医師案内

腎臓・高血圧内科/糖尿病・内分泌内科

佐藤 敦久

佐藤 敦久(さとう・あつひさ)

Atsuhisa Sato

内科部長
国際医療福祉大学 医学部教授

内科(腎臓、高血圧、内分泌疾患-特に副腎疾患)

新潟大学卒、医学博士
慶應義塾大学非常勤講師
前国際医療福祉大学塩谷病院副院長、元水戸赤十字病院内科部長、元Baker Medical Research Institute research fellow
日本内科学会認定指導医・総合内科専門医、日本高血圧学会認定指導医・高血圧専門医、日本腎臓学会認定指導医・腎臓専門医、日本内分泌学会認定指導医・内分泌代謝科専門医

臨床試験などから得られたエビデンスに基づいた治療を行う。十分な話し合いを行い、両者の合意による治療方針に、患者様からの高い信頼を得ている。

小山 一憲

小山 一憲(こやま・かずのり)

Kazunori Koyama

内科部長
国際医療福祉大学 医学部教授

内科(糖尿病、内分泌代謝)

慶應義塾大学卒、医学博士
慶應義塾大学医学部腎臓内分泌代謝内科助手
前国立病院機構東京医療センター内科(旧国立第二病院)、元テキサス大学ダラス糖尿病リサーチセンター研究員
日本内科学会認定内科医、日本糖尿病学会認定指導医・糖尿病専門医、日本内分泌学会認定指導医・内分泌代謝科専門医、緩和ケア研修修了

糖尿病、肥満症、脂質異常症、痛風、メタボリックシンドロームなどの生活習慣病を中心とした診療を行っている。特に、糖尿病は糖尿病療養指導士と協力して、1型および2型糖尿病におけるインスリン治療や糖尿病の合併症に対して、チーム医療を積極的に実践する。内分泌疾患では、甲状腺疾患(バセドウ病、橋本病など)を中心とした診療を行っている。医学の進歩による新たな知見と、これまでの豊富な臨床経験を生かし、21世紀の診療をめざしている。

石黒 喜美子

石黒 喜美子(いしぐろ・きみこ)

Kimiko Ishiguro

国際医療福祉大学 医学部講師

内科(糖尿病・腎臓・高血圧)

群馬大学卒、慶應義塾大学大学院修了、医学博士
前虎の門病院内分泌代謝科、元慶應義塾大学医学部腎臓内分泌代謝内科助教
日本内科学会認定総合内科専門医、日本高血圧学会認定指導医・高血圧専門医、日本糖尿病学会認定糖尿病専門医、日本透析医学会認定専門医、日本腎臓学会認定指導医・腎臓専門医、日本抗加齢医学会認定抗加齢医学専門医、日本医師会認定産業医

糖尿病、高血圧症、脂質異常症、メタボリックシンドロームなどの生活習慣病を専門として診療を行っている。これらの疾患は継続した加療が必要であり、特に糖尿病の治療は薬の内服、インスリン等の注射、インスリンポンプなどそれぞれ多様な選択肢がある。食事療法、運転療法など生活面での留意点も多いことから、丁寧なご説明、対話を大事にし、最適な治療をご提供できるよう努めている。

小島 智亜里

小島 智亜里(こじま・ちあり)

Chiari Kojima

国際医療福祉大学 病院講師

腎臓内科(腎臓内科、動脈硬化)

東京女子医科大学卒、医学博士
埼玉医科大学腎臓内科非常勤講師
前亀田総合病院腎臓内科、元横浜労災病院腎臓内科、元東京女子医科大学病院腎臓内科助教、元東京医科歯科大学生命倫理研究センター研究員、元英国インペリアルカレッジNHLI(National Heart & Lung Institute)研究員、元埼玉医科大学腎臓内科講師
日本内科学会認定総合内科専門医、日本腎臓学会認定指導医・腎臓専門医、日本透析医学会認定医、厚生労働省認定臨床研修指導医

生活習慣の変化や高齢化により、慢性腎臓病は増加している。腎臓病は身近な疾患でありながら、無症状で経過することもまれではない。前向きに腎臓病と向き合っていただけるよう、心の通う診療を心がけている。腎臓病を早期発見し、患者様にあわせた適切な治療や対策をとることにより、腎臓病の進行を抑制できるよう努めている。

吉村 寧紘

吉村 寧紘(よしむら・やすひろ)

Yasuhiro Yoshimura

内科

千葉大学卒
緩和ケア研修修了

患者様の生活習慣も含め、幅広く全般を理解するよう努めている。患者様の身体に何が起こっているのかをよく把握し、トータルケアを心がけて診療に取り組んでいきたいと考えている。