医師案内

心臓血管センター(肺高血圧症センター)

循環器内科

岡部 輝雄

岡部 輝雄(おかべ・てるお)

Teruo Okabe

循環器内科部長
国際医療福祉大学 医学部教授

循環器内科(特にカテーテルを利用した冠動脈造影検査および経皮的経管的冠動脈形成術(PCI))

慶應義塾大学卒、医学博士
前Washington Hospital Center. Cardiovascular Research Institute, Research Fellow
元慶應義塾大学医学部循環器内科助手(心臓カテーテル班)
日本循環器学会認定循環器専門医、日本心血管インターベンション治療学会専門医、日本内科学会認定内科医

循環器疾患の中でも、特に動脈硬化に伴う冠動脈疾患(狭心症、心筋梗塞)の診断および加療を専門とする。日本人の代表的疾病となったこれらの冠動脈疾患に対して、確実な治療内容を患者様に提供できるよう、up-to-dateな知識と技術を維持すべく尽力している。特にカテーテルを使用した冠動脈形成術(PCI)に関しては、急性期だけでなく長期にわたっての良好な治療成績の獲得を第一義に考え行っている。

岩澤 仁

岩澤 仁(いわさわ・じん)

Jin Iwasawa

国際医療福祉大学 病院講師

循環器内科(不整脈、カテーテルアブレーション、ペースメーカー、および植え込み型除細動器植え込み術、両室ペーシング機能付き植え込み型除細動器植え込み術)

和歌山県立医科大学卒
前Icahn School of Medicine at Mount Sinai, Electrophysiology Center、元土浦協同病院循環器内科、元広尾病院循環器科、元東京大学医学部附属病院
日本循環器学会認定循環器専門医、日本不整脈心電学会認定不整脈専門医、日本内科学会認定内科医、植込み型除細動器/ペーシングによる心不全治療研修修了、HeartLight Mastery Course研修プログラム修了、リードレスペースメーカー移植術研修修了

循環器疾患全般、特に不整脈に対するカテーテルアブレーション治療を専門としている。アブレーション治療の豊富な経験と最先端治療の経験をもとに、患者様に最適な治療をご提供できるよう努めている。一人でできることの限界を常に肝に銘じ、チーム医療・チームケアで最善を尽くしている。

菅野 道貴

菅野 道貴(すげの・みちたか)

Michitaka Sugeno

循環器内科、心血管インターベンション(冠動脈疾患、閉塞性動脈硬化症)

埼玉医科大学卒
前福岡山王病院、元国際医療福祉大学病院
日本循環器学会認定循環器専門医、日本心血管インターベンション治療学会認定医、日本内科学会認定内科医、日本禁煙学会認定指導医、日本心臓リハビリテーション学会認定心臓リハビリテーション指導士、日本睡眠総合検診協会認定CPAP療法士、植込み型除細動器/ペーシングによる心不全治療研修修了

医療施設の少ない地域で循環器センター立ち上げに携わった。一方で、最先端の医療機器の備わる施設にて、冠動脈治療のみでなく、頸動脈・腎動脈・下肢動脈などの血管内治療(カテーテル治療)、日本で一部のみしか導入されていないロボットによるカテーテル治療を行ってきた。その後、地元である三田に診療の拠点を戻し、地元民として地域医療にも携わる診療を行っている。患者様が求めていることや困っていることを傾聴することで、納得して治療を受けていただけるよう診療に臨んでいる。

谷口 浩久

谷口 浩久(たにぐち・ひろひさ)

Hirohisa Taniguchi

国際医療福祉大学 医学部助教

循環器内科(循環器内科全般)

金沢大学卒
前国際医療福祉大学塩谷病院循環器内科、元国際医療福祉大学三田病院心臓血管センター
日本内科学会認定内科医、緩和ケア研修修了

初心を忘れず、患者様に寄り添った医療をご提供できるよう心がけている。

朝倉 恵子

朝倉 恵子(あさくら・けいこ)

Keiko Asakura

循環器内科
予防医学センター

慶應義塾大学卒、医学博士
前澄心会豊橋ハートセンター循環器科部長、元独立行政法人国立病院機構埼玉病院循環器内科医長、元東京電力病院内科副科長
日本循環器学会認定循環器専門医、日本心血管インターベンション治療学会認定医、日本内科学会認定総合内科専門医、日本医師会認定産業医

循環器病、特に心臓疾患を専門とする。慶應義塾大学で長く臨床に携わり、その後、トップクラスの循環器専門病院にて勤務。循環器疾患は、急性期の対応はもちろん、発症の予防、慢性期の管理が大変重要となるため、早期の発見、適切な治療、長期的な管理を含め、お一人おひとりの患者様に適した診療を心がけている。

栗田 康生

栗田 康生(くりた・やすお)

Yasuo Kurita

非常勤
国際医療福祉大学 医学部准教授

循環器内科、不整脈(特にペースメーカデバイスを用いた徐脈性不整脈治療など)

慶應義塾大学卒、医学博士
慶應義塾大学客員講師
前平塚市民病院循環器科医長、元慶應義塾大学医学部呼吸循環器内科助手
日本循環器学会認定循環器専門医、日本内科学会認定内科医
植込み型除細動器/ペーシングによる心不全治療研修修了

循環器内科疾患のうち、特に不整脈を専門とする。高齢化社会といわれるなか、不整脈をお持ちの患者様は年々増加傾向にあり、どのような基礎疾患と誘因から不整脈が生じるのかをしっかりと把握し、基礎疾患の治療も同時に行っていく。心不全、弁膜症、血液透析、自律神経など患者様の背景を常に念頭に置きながら、患者様に最も有益になる薬剤やペースメーカ、カテーテルアブレーション治療などを選択していく。また国際医療福祉大学准教授として、同大大学院ナースプラクティショナー養成分野での教育を行っているほか、学生、看護師、臨床工学技士向けの著書や講義など、臨床教育も積極的に行っている。

肺高血圧症センター

田村 雄一

田村 雄一(たむら・ゆういち)

Yuichi Tamura

国際医療福祉大学 医学部准教授

循環器内科(肺高血圧症・肺塞栓症・心臓リハビリテーション)

慶應義塾大学卒、医学博士
前仏パリ大学フランス国立肺高血圧症センター研究員、元慶應義塾大学医学部循環器内科助教
日本循環器学会認定循環器専門医、日本心臓病学会上級臨床医(FJCC)、日本医学教育学会認定医学教育専門家、日本内科学会認定内科医、日本医師会認定産業医、欧州心臓病学会フェロー(FESC)、心臓リハビリテーション指導士

循環器病全般を担当する。なかでも、指定難病である肺高血圧症の診療を専門とし、全国有数の豊富な臨床経験を有する。肺高血圧症に対する新しい治療や症状の重い方に対しても、積極的な治療を行うことにより、高い臨床成績を収めている。

古川 明日香

古川 明日香(ふるかわ・あすか)

Asuka Furukawa

非常勤

循環器内科

佐賀大学卒
前国立病院機構嬉野医療センター救急科、元国立病院機構嬉野医療センター初期臨床研修医、元国立病院機構嬉野医療センター循環器内科、元国立病院機構長崎医療センター内科、元国立循環器病研究センター心臓血管内科
日本循環器学会認定循環器専門医、日本内科学会認定内科医・総合内科専門医、心臓リハビリテーション指導士、JMECCインストラクター、緩和ケア研修修了

2年間、佐賀県で地域の救急医療に携わってきた。その経験も生かしながら、患者様の治療にあたっている。

心臓外科

牛島 輝明

牛島 輝明(うしじま・てるあき)

Teruaki Ushijima

心臓外科部長
国際医療福祉大学 医学部教授

心臓外科

金沢大学卒、医学博士
前東京医科大学病院心臓外科講師、元Klinikum Oldenburg(ドイツ)心臓外科
日本胸部外科学会認定指導医、日本外科学会認定指導医・外科専門医、日本心臓血管外科学会認定心臓血管外科専門医、日本脈管学会認定脈管専門医、日本循環器学会認定循環器専門医

冠動脈バイパス手術、弁膜症手術を代表とする心臓外科手術全般を担当している。以前より低侵襲心臓外科手術に取り組み、冠動脈バイパス手術は人工心肺を用いないオフポンプ手術を全例で行っている。心疾患に対する治療は内科治療、外科治療に分かれ、また外科治療の中にも何通りもの術式がある。多くの術式のバリエーションを有し、患者様お一人おひとりにとって最適で満足度の高い、ハイクオリティな手術を提供することを心がけている。

中川 敬也

中川 敬也(なかがわ・たかや)

Takaya Nakagawa

心臓外科

和歌山県立医科大学卒
前大阪大学医学部心臓血管外科、元大阪府立急性期・総合医療センター心臓血管外科、元りんくう総合医療センター心臓血管外科
日本外科学会認定外科専門医、三学会構成心臓血管外科専門医認定機構認定心臓血管外科専門医

心臓血管外科全般の診療に携わっている。これまでの経験を生かし、安全かつ適切な治療をご提供できるよう全力を尽くしている。

加瀬川 均

加瀬川 均(かせがわ・ひとし)

Hitoshi Kasegawa

非常勤
国際医療福祉大学 特任教授

心臓外科(弁膜症、虚血性心疾患、不整脈など)

千葉大学医学部卒、医学博士
早稲田大学理工学術院総合研究所招聘研究員
元榊原記念病院副院長、心臓血管外科主任部長、先進医療研究室長
元国立循環器病研究センター心臓血管外科
元慶應義塾大学心臓血管外科客員教授、元昭和大学心臓血管外科客員教授
日本心臓血管外科学会認定心臓血管外科名誉専門医

血管外科

小櫃 由樹生

小櫃 由樹生(おびつ・ゆきお)

Yukio Obitsu

血管外科部長
国際医療福祉大学 医学部教授

血管外科

東京医科大学卒、医学博士
前東京医科大学外科学第二講座(血管外科)教授
日本心臓血管外科専門医認定機構認定心臓血管外科専門医、日本外科学会認定指導医・外科専門医、日本脈管学会認定脈管専門医

血管外科領域の疾患(胸部・腹部大動脈瘤、大動脈解離、頸動脈を含む慢性閉塞性動脈疾患、下肢静脈瘤、静脈血栓塞栓症、大静脈疾患など)全般にわたる手術ならびに血管内治療に豊富な経験を有している。

重松 邦広

重松 邦広(しげまつ・くにひろ)

Kunihiro Shigematsu

国際医療福祉大学 医学部教授

血管外科

東京大学卒、医学博士
前東京大学医学部血管外科講師、元国保旭中央病院外科医長、元University of Washington senior fellow、元東京大学医学部附属病院、元河北総合病院外科、元帝京大学医学部附属市原病院
日本心臓血管外科専門医認定機構認定心臓血管外科専門医、日本外科学会認定指導医・外科専門医、日本脈管学会認定脈管専門医

動静脈を中心とする血管疾患に対する外科手術ならびに血管内治療に長年携わってきており、QOL(生活の質)と根治性のバランスを考慮した治療を心がけている。

折口 信人

折口 信人(おりぐち・のぶと)

Nobuto Origuchi

外科部長
国際医療福祉大学 病院准教授

血管外科

東京大学卒、医学博士
前東京専売病院外科副部長、元東京大学医学部附属病院第一外科、元東京都老人総合研究所臨床病理部門
日本外科学会認定外科専門医、日本脈管学会認定脈管専門医

血管・消化器領域の外科的治療を専門とする。なかでも、下肢静脈瘤、深部静脈血栓症やリンパ浮腫では多くの経験を有する。患者様にやさしい医療を心がけ、よきパートナーとして病気の克服に尽力している。

山本 諭

山本 諭(やまもと・さとし)

Satoshi Yamamoto

国際医療福祉大学 病院助教

血管外科(血管外科一般)

東京大学卒、医学博士
埼玉医科大学総合医療センター血管外科非常勤講師
前埼玉医科大学総合医療センター血管外科、元青梅市立総合病院外科、元東京大学医学部附属病院血管外科、元関東労災病院外科、元佐久市立国保浅間総合病院
日本心臓血管外科専門医認定機構認定心臓血管外科専門医、日本外科学会認定外科専門医、日本脈管学会認定脈管専門医、下肢静脈瘤血管内焼灼術指導医、ステントグラフト指導医(腹部)、緩和ケア研修修了

消化器外科を含む一般外科で経験を積んだ後、血管外科を専門として診療に携わってきた。血管外科では、腹部大動脈瘤や末梢動脈疾患、下肢静脈瘤などさまざまな領域の動脈・静脈疾患に対して治療を行っている。また、形成外科や腎臓内科など関連する診療科と連携を取りながら診療してきた。患者様お一人おひとりに対し、より適した治療を考えて診療することを心がけている。