医師案内

リハビリテーション科

草野 修輔

草野 修輔(くさの・しゅうすけ)

Shusuke Kusano

リハビリテーション科部長
国際医療福祉大学 医学部教授

リハビリテーション科

福島県立医科大学卒、埼玉医科大学卒、医学博士
厚生労働省年金局保険審査会専門官
前埼玉医科大学総合医療センター・リハビリテーション科助教授、元国立障害者リハビリテーションセンター・リハビリテーション科医長
日本リハビリテーション医学会認定指導医・リハビリテーション科専門医・認定臨床医、義肢装具等適合判定医、日本体育協会認定スポーツドクター、日本障がい者スポーツ協会公認障がい者スポーツ医、緩和ケア研修修了

リハビリテーション医療では、障害を改善していくことだけでなく、障害を持つことにより生じている生活障害を改善し、QOL(生活の質)をいかに高めていくかが大切となる。これまで急性期病院、リハビリテーション専門病院において、各種疾患・障害(脳血管障害、頭部外傷、脊髄損傷、四肢外傷、切断、神経筋疾患、変性性神経疾患、脳性麻痺、内部障害、各種がんなど)について幅広くリハビリテーション医療に携わってきた。当院では通常の病院機能のほかに、より専門的な各種疾患センターを有しており、それぞれの診療科との緊密な連携のもとにこれまでの経験を生かし、上記理念のもとに良質なリハビリテーション医療をご提供していきたいと考えている。

木村 郁夫

木村 郁夫(きむら・いくお)

Ikuo Kimura

リハビリテーション科(脳卒中のリハビリテーション)

東京慈恵会医科大学卒
前東京慈恵会医科大学附属病院、元総合東京病院、元東京慈恵会医科大学葛飾医療センター、元東京慈恵会医科大学附属青戸病院
日本リハビリテーション医学会認定リハビリテーション科専門医

リハビリテーション科では、脳血管疾患や骨関節疾患による運動障害から内科系疾患の内部障害に至るまで、広い領域にわたる機能障害を対象とするため、きめ細かな対応ができるよう心がけている。特に、中枢神経疾患が原因で発現する痙縮に対しては、ボツリヌス毒素を用いた治療を積極的に行っている。