診療科のご案内

薬剤部

先輩の声① 調剤室に所属しながら病棟業務も経験できます。

私は現在調剤室に所属しており、内服及び外用薬の調剤を中心に行っています。当院は外来患者さんの薬剤も院内で調剤しており、毎日多忙ではありますが、その分多くの診療科の処方に触れることができます。私はまだ2年目で未熟なこともたくさんありますが、忙しい時間帯でも親身に相談に乗ってくれる先輩方がたくさんいます。服薬指導をする機会も多いので、患者様が理解して、正しくお薬が使えるようにわかりやすい説明を心掛けていきたいと思っています。
また、調剤室に所属しながら病棟業務も経験することができます。患者さんの声に耳を傾け、医師に処方提案をするなど、多職種と連携が取れる薬剤師になりたいです。

先輩の声② 患者さんと関わる機会がたくさんあります。

現在調剤室での調剤業務を中心に、病棟業務も行っています。当院の大きな特徴である「院内処方」を通じて、中央業務においても患者さんと関わる機会がたくさんあります。日々の調剤業務で得た知識や患者さんとのコミュニケーションの取り方を活かし、病棟業務に臨んでいます。
病棟業務では医師への適切な薬剤の処方提案や患者さんの治療に関する不安や疑問の解決を行い、納得した上で治療を受けてもらうことを目標とし、薬剤師としてのやりがいと責任を感じています。 他にも医療資材の発注業務など多くの仕事を兼務し、忙しい毎日ですが、日々の勉強が重要であることを感じつつ、頼れる先輩薬剤師の方々に助けられながら頑張っています。

先輩の声③ 学会発表や資格取得にも励んでいます。

現在は病棟業務を中心に、チーム医療の一員として薬物治療に携わっています。そこでは、私が調剤室、注射センター、外来化学療法室での患者指導にて培ってきたことを患者さんに還元できるよう日々心掛けています。また、先輩方のご指導により、学会発表や資格取得にも励んできました。
三田病院では若手が多く、切磋琢磨しながら自己研鑽を積んでいます。こうした環境のもとで更に成長し、患者さんの薬物治療に貢献することで、信用・信頼される薬剤師として活躍することを目標に努めています。

先輩の声④ 国際医療福祉大学大学院 薬学研究科博士課程を修了しました。

私は今年の春に、国際医療福祉大学大学院 薬学研究科 博士課程を修了しました。授業は業務後でも出席可能な6〜7限または土曜日であり、e-ラーニングを活用することで社会人でも充分に履修可能なカリキュラムとなっています。病院業務と大学院の授業・研究の両立は大変でしたが、職場の理解や先生方の手厚いご指導のおかげで、充実した4年間を過ごすことができました。学会での研究発表や論文の執筆等、大学院在学中に得た知識や経験を今後の業務に活かし、さらなる医療の発展に貢献していきたいと思います。

見学会/面接/資料請求