医師案内

整形外科

石井 賢

石井 賢(いしい・けん)

Ken Ishii

整形外科部長・脊椎脊髄センター長
国際医療福祉大学 医学部
整形外科学主任教授

整形外科一般、脊椎脊髄領域(脊椎脊髄全般、最小侵襲・内視鏡、腰椎すべり症、頚椎疾患、靭帯骨化症、首下がり症候群ほか)

慶應義塾大学卒、医学博士
国際医療福祉大学成田病院整形外科部長・脊椎脊髄センター長
前慶應義塾大学特任教授、前慶應義塾大学医学部整形外科専任講師・脊椎脊髄班チーフ、元ハーバード大学 MGH fellow、元ジョージタウン大学 fellow
日本脊椎脊髄病学会認定脊椎脊髄外科指導医、日本専門医機構認定整形外科専門医、日本整形外科学会認定整形外科専門医/脊椎脊髄病医/リウマチ医/脊椎内視鏡下手術・技術認定医、身体障害者福祉法肢体不自由の診断指定医、医学系OSCE評価者認定講習会認定医、臨床修練指導医、難病指定医

腰痛、首こり、難治性疾患(靭帯骨化症、首下がり病、脊柱変形、脊椎脊髄腫瘍など)をはじめとする脊椎脊髄疾患全般を担当する。6,000症例を超える豊富な手術経験を持つ。腰椎すべり症、頚椎症、脊柱変形などに対する最小侵襲安定術・内視鏡手術の日本の第一人者。脊椎脊髄腫瘍、靭帯骨化症手術、首下がり病、難治性疾患などにも豊富な臨床経験を持つ。

長島 正樹

長島 正樹(ながしま・まさき)

Masaki Nagashima

整形外科部長
国際医療福祉大学 病院教授

整形外科

慶應義塾大学卒、医学博士
前北里研究所病院整形外科医長・人工関節センター医長、元慶應義塾大学病院
日本整形外科学会認定整形外科専門医、日本スポーツ協会公認スポーツドクター

膝関節を中心に、整形外科全般、スポーツ外傷の診療を行っている。特に、人工膝関節全置換術や関節鏡を用いた前十字靭帯再建術、半月板縫合術などを多数担当している。患者様のニーズをうかがい、早期社会復帰・スポーツ復帰に向け、納得いただけるより低侵襲な医療をご提供したいと考えている。

関 広幸

関 広幸(せき・ひろゆき)

Hiroyuki Seki

国際医療福祉大学 病院講師

整形外科(下肢、足の外科)

慶應義塾大学卒
前慶應義塾大学病院整形外科、元日野市立病院整形外科、元さいたま市立病院整形外科、元至誠会第二病院整形外科、元栃木医療センター整形外科
日本整形外科学会認定整形外科専門医

足の外科を中心に、整形外科全般の診療に携わっている。疾患だけを診るのではなく、患者様とその生活に真摯に向き合うことで、より質の高い医療をご提供できると信じている。

磯貝 宜広

磯貝 宜広(いそがい・のりひろ)

Norihiro Isogai

国際医療福祉大学 病院講師

脊椎脊髄外科
整形外科

千葉大学卒
前慶應義塾大学病院整形外科助教、元川崎市立川崎病院整形外科、元静岡赤十字病院整形外科、元佐野厚生総合病院整形外科、元済生会中央病院整形外科
日本脊椎脊髄病学会認定脊椎脊髄外科指導医、日本整形外科学会認定整形外科専門医・脊椎脊髄病医、身体障害者福祉法肢体不自由の診断指定医、難病指定医

患者様本位の治療という観点から、手術療法、保存療法ともにそれぞれのライフスタイルにあわせた治療をご提案している。患者様とともに、納得できるまで治療方針をつくり上げていくことを心がけている。

佐々木 遼

佐々木 遼(ささき・りょう)

Ryo Sasaki

整形外科(下肢)

山形大学卒
前静岡市立清水病院整形外科、元公立福生病院整形外科、元伊勢原協同病院整形外科、元慶應義塾大学病院整形外科
緩和ケア研修修了

下肢の外科を中心に、整形外科全般の診療に携わっている。患者様のニーズにあった最適な治療をご提供できるよう心がけている。患者様とともに、よりよい医療をつくり上げていきたいと考えている。

岡田 善史

岡田 善史(おかだ・よしふみ)

Yoshifumi Okada

整形外科

熊本大学卒
前静岡赤十字病院、元大久保病院

整形外科では、急性期の骨折や変形性関節症、脊椎疾患など、慢性期のものがある。それぞれの疾患に対し患者様の症状をみることを第一に、お一人おひとりにあった治療をご提供できるよう心がけている。

秋葉 絢子

秋葉 絢子(あきば・あやこ)

Ayako Akiba

整形外科(整形全般)

富山大学卒
前川崎市立井田病院整形外科、元慶應義塾大学病院整形外科、元済生会中央病院

整形外科全般の治療に携わっている。手術から保存加療まで、整形外科の治療は幅広く多様である。治療の目標地点を共有しながら、患者様と二人三脚でよりよい機能の獲得に取り組めるよう、丁寧な説明と双方のコミュニケーションを心がけている。

中山 政憲

中山 政憲(なかやま・まさのり)

Masanori Nakayama

非常勤
国際医療福祉大学 医学部講師

整形外科<手・肘の外科、上肢の変形性関節症、関節リウマチ(薬物治療含む)>

慶應義塾大学卒、医学博士
国際医療福祉大学成田病院整形外科
前国際医療福祉大学三田病院整形外科、元国際医療福祉大学市川病院整形外科医長、 元済生会横浜市東部病院整形外科医長、元東京女子医科大学附属膠原病リウマチ痛風センター助教、元埼玉社会保険病院整形外科医長、元慶應義塾大学整形外科助教、元東京電力病院整形外科副科長
日本専門医機構認定整形外科専門医、日本整形外科学会認定リウマチ医/運動器リハビリテーション医/脊椎脊髄病医、日本手外科学会認定手外科専門医、日本リウマチ学会認定指導医・リウマチ専門医、厚生労働省認定臨床研修指導医

整形外科の中でも特に、手・肘の外科治療全般、その中でも関節リウマチや変形性関節症に対する手術を専門としている。関節リウマチについては薬物治療の経験も豊富であり、薬物治療を行いながら適切なタイミングで必要な方に手術を行っている。

竹島 憲一郎

竹島 憲一郎(たけしま・けんいちろう)

Kenichiro Takeshima

非常勤
国際医療福祉大学 医学部講師

整形外科<足の外科、人工関節手術(膝関節、股関節)、スポーツ傷害(障害、外傷)>

慶應義塾大学卒、医学博士
国際医療福祉大学成田病院整形外科
前国際医療福祉大学市川病院整形外科副医長、元永寿総合病院整形外科副部長、元国立病院機構埼玉病院整形外科、元慶應義塾大学整形外科下肢班(チーフレジデント)
日本専門医機構認定整形外科専門医、日本スポーツ協会公認スポーツドクター

足の外科を中心に、下肢全般の治療にあたっている。病気は同じでもお一人おひとり困っている内容は異なるため、一方的に医師の私から画一された治療方法を提案するだけでなく、患者様自身にもご自分の痛みについて考えていただくこともある。治療される側も治療する側も、納得できる治療をしていくよう心がけている。