医師案内

脳神経外科

河島 雅到

河島 雅到(かわしま・まさとう)

Masatou Kawashima

脳神経外科部長
国際医療福祉大学 医学部 脳神経外科学主任教授

脳血管障害<脳動脈瘤クリッピング術など>、頭蓋底脳腫瘍<髄膜腫>、機能脳神経疾患の外科治療

九州大学卒、医学博士
国際医療福祉大学成田病院脳神経外科部長
前佐賀大学医学部脳神経外科准教授、元佐賀大学病院脳血管センター長、元日本脳卒中協会佐賀県支部長、元フロリダ大学脳神経外科博士研究員
日本脳神経外科学会認定指導医・脳神経外科専門医、日本脳卒中の外科学会技術指導医、日本脳卒中学会認定脳卒中専門医、日本神経内視鏡学会技術認定医

脳の中を直接治療するということは、病気を治療するのと同時に、正常な脳組織を傷つける危険性が常に伴うことを意味する。したがって、患者様に治療を受けていただく際は、手術の目的と手術の具体的な方法、手術に際して起こりうる危険性を十分に説明し、ご理解いただいたうえで行っている。

末廣 栄一

末廣 栄一(すえひろ・えいいち)

Eiichi Suehiro

国際医療福祉大学 医学部教授

脳神経外科<頭部外傷、脳血管障害などの神経救急、神経集中治療>

山口大学卒、医学博士
国際医療福祉大学成田病院脳神経外科
前山口大学医学部附属病院先進救急医療センター診療准教授、元山口大学医学部脳神経外科併任講師、元健和会大手町病院脳神経外科部長、元ヴァージニア医科大学研究員
日本脳神経外科学会認定指導医・脳神経外科専門医、日本脳卒中の外科学会技術指導医、日本脳卒中学会認定指導医・脳卒中専門医、日本脳神経外傷学会認定指導医、日本救急医学会認定救急科専門医、日本スポーツ協会公認スポーツドクター、日本ボクシングコミッションドクター、厚生労働省認定臨床研修指導医、日本DMAT隊員

頭部外傷や脳血管障害など、神経救急全般にわたって診療を行っている。"Time is brain."とは、 脳の疾患ではできるだけ早く治療を行う重要性を示した言葉であり、神経細胞は非常にナイーブであるため、残念ながら後遺症を残すことが少なくない。患者様の病後の暮らしをよりよくするために、病院前から早期に治療介入し、リハビリテーションや社会復帰支援まで、一貫して切れ目のない診療を心がけている。

田中 達也

田中 達也(たなか・たつや)

Tatsuya Tanaka

国際医療福祉大学 医学部准教授

脳神経外科<脳卒中、脳血管内治療、脊髄外科、認知症、水頭症ほか>

佐賀医科大学卒、医学博士
国際医療福祉大学成田病院脳神経外科
元佐賀大学医学部脳神経外科助教、元伊万里有田共立病院脳神経外科医長
日本脳神経外科学会認定指導医・脳神経外科専門医、日本脳卒中学会認定指導医・脳卒中専門医、日本脊髄外科学会指導医・認定医、日本認知症学会認定指導医・認知症専門医、日本脳神経血管内治療学会専門医、日本脊椎脊髄病学会、脊椎脊髄外科専門医、日本脈管学会脈管専門医、日本頭痛学会頭痛専門医、厚生労働省認定麻酔科標榜医、日本静脈経腸栄養学会認定医、日本DMAT隊員(統括DMAT登録)

脳卒中の大部分が一刻を争う緊急の対応および高度な診断・治療技術を要求されるものである。院内外すべての関連部署と連携し、患者様にとって最良の医療をご提供できるよう努めている。

道脇 悠平

道脇 悠平(みちわき・ゆうへい)

Yuhei Michiwaki

国際医療福祉大学 病院准教授

外科治療<脳卒中、脳腫瘍>

琉球大学卒、九州大学大学院修了、医学博士
国際医療福祉大学成田病院脳神経外科
前九州大学大学院医学研究院脳神経外科、元国立病院機構九州医療センター脳神経外科、元九州中央病院脳神経外科
日本脳神経外科学会認定指導医・脳神経外科専門医、日本脳卒中学会認定脳卒中専門医

脳神経外科を受診される患者様、手術を受けられる患者様やご家族は大きな不安を抱えている。脳神経外科でできる治療やその方法について丁寧にご説明し、患者様の不安を和らげるとともに、安全で適切な治療をご提供できるよう心がけている。

若宮 富浩

若宮 富浩(わかみや・とみひろ)

Tomihiro Wakamiya

国際医療福祉大学 医学部講師

脳神経外科全般、脳腫瘍、神経病理

佐賀大学卒、医学博士
国際医療福祉大学成田病院脳神経外科
前小栁記念病院脳神経外科部長、元佐賀大学脳神経外科
日本脳神経外科学会認定脳神経外科専門医

患者様やご家族に対し、わかりやすい説明を心がけている。

田部井 勇助

田部井 勇助(たべい・ゆうすけ)

Yusuke Tabei

国際医療福祉大学 病院講師

神経膠腫<グリオーマ>、転移性脳腫瘍、中枢神経系原発悪性リンパ腫<脳悪性リンパ腫>、髄膜癌腫症などの悪性脳腫瘍に対する手術・放射線治療<特にサイバーナイフ治療>・化学療法

琉球大学卒、医学博士
独立行政法人医薬品医療機器総合機構 専門委員
前日本赤十字医療センター脳神経外科/サイバーナイフセンター、元東京都立駒込病院脳神経外科、元国立がん研究センター中央病院脳神経外科
日本脳神経外科学会認定指導医・脳神経外科専門医、日本がん治療認定医機構がん治療認定医、難病指定医、身体障害者福祉法指定医(肢体不自由、音声・言語機能障害)

脳腫瘍の患者様に、サイバーナイフをはじめ、身体への負担が少なく有効な治療を行ってきた。高齢者膠芽腫には短期放射線治療を併用し、言語機能・運動機能の温存が必要な手術では覚醒下開頭腫瘍摘出術、脳悪性リンパ腫に対しては放射線治療を回避した化学療法を積極的に行っている。