医師案内

放射線科(放射線診断・核医学センター)

國松 聡

國松 聡(くにまつ・あきら)

Akira Kunimatsu

画像診断部長
国際医療福祉大学 医学部教授

放射線科(画像診断)

東京大学卒、医学博士
前東京大学医科学研究所附属病院放射線部准教授、元筑波大学大学院人間総合科学研究科先端応用医学専攻応用放射線医学分野講師、元NTT東日本関東病院放射線部、元東京都立墨東病院救命救急センター、元東京大学医学部附属病院放射線科
日本医学放射線学会認定放射線診断専門医、日本医学放射線学会認定研修指導者、日本核医学会認定PET核医学認定医、厚生労働省認定臨床研修指導医、第1種放射線取扱主任者

CT・MRIを中心としながらも、核医学検査、超音波検査、消化管撮影、一般撮影など画像診断全般に携わる。なかでも、脳や神経の画像診断に深い経験を有する。他科との細やかな連携により、わかりやすく正確な画像診断を実践して、より質の高い医療をご提供する。

小野木 雄三

小野木 雄三(おのぎ・ゆうぞう)

Yuzo Onogi

国際医療福祉大学 病院教授

放射線科(放射線医学、医療情報学)

東京大学卒、医学博士
前東京大学大学院特任助教授(医学系研究科・クリニカルバイオインフォマティクスユニット)、元東京大学大学院助教授(情報学環・学際情報学府)、元Oregon Health Sciences University 客員研究員、元東京大学講師(大学院医学系研究科社会医学専攻医療情報経済学)、元東京大学助手(医学部附属病院分院放射線科)、元社会保険中央総合病院放射線科
日本医学放射線学会認定放射線診断専門医、第1種放射線取扱主任者

放射線診断医だけでなく、治療医として長年従事してきた。専門領域の画像診断全般、特に腫瘍画像のCT・MRIを得意としている。新しいものを取り入れ、常に新技術には注意を払うようにしている。医療情報の世界には放射線読影報告書のオンライン化から入り、RIS・PACS構築および病院情報システムとの連携、医用文書を対象とした自然言語処理、日本語医学用語と統制用語集MeSHやUMLS)との関連づけ、知識処理、そして最近では診療ガイドラインの知識ベース構築を行っている。放射線診断センターや三田病院の放射線診療では、的確な診断とわかりやすいレポート作成を心がけている。

塩野 孝博

塩野 孝博(しおの・たかひろ)

Takahiro Shiono

国際医療福祉大学 病院教授

放射線科(画像診断)

山形大学卒、東京大学大学院修了、医学博士
Cleveland Clinic留学
前関東労災病院副部長、元独協医科大学越谷病院放射線科講師、元東京大学医学部附属病院
日本医学放射線学会認定放射線診断専門医、第1種放射線取扱主任者

MRI診断が専門だが、注腸やCT、シンチグラム、エコーなど幅広く画像診断に対応する。正確かつ詳細な放射線診断を心がけている。

奥田 逸子

奥田 逸子(おくだ・いつこ)

Itsuko Okuda

国際医療福祉大学 医学部准教授

放射線科、画像診断

川崎医科大学卒、医学博士
聖マリアンナ医科大学放射線医学講座客員教授、東京医科歯科大学非常勤講師、鈴鹿医療科学大学大学院客員教授、慶應義塾大学医学部放射線科学教育非常勤講師
前虎の門病院放射線診断科
日本医学放射線学会認定放射線診断専門医、日本抗加齢医学会認定専門医、Medical Skin Care Specialist、日本乳がん検診精度管理中央機構検診マンモグラフィ読影認定医、日本核医学会核医学専門医・PET核医学認定医、日本乳癌学会認定医、日本人間ドック学会認定医、日本医師会認定産業医・健康スポーツ指導医、日本体育協会認定スポーツドクター

マンモグラフィやMRIにおける乳腺画像、CTやMRIによる頭頸部および胸部画像などを中心とする画像診断に従事している。臨床における画像診断の占める割合は高く、多岐にわたり必要とされる。他科との医師と連携し、わかりやすく、患者様に役立つ報告書の作成に努めている。

黒木 聖子

黒木 聖子(くろき・せいこ)

Seiko Kuroki

国際医療福祉大学 医学部講師

放射線科(画像診断)

福岡大学卒、医学博士
前国立研究開発法人国立がん研究センター中央病院放射線診断科、元がん予防・検診研究センター検診部、元栃木県立がんセンター画像診断部、元国立がん研究センター東病院放射線科、元福岡大学病院放射線科
日本医学放射線学会認定放射線診断専門医、日本核医学会認定PET核医学認定医、日本乳がん検診精度管理中央機構検診マンモグラフィ読影認定医、緩和ケア研修修了

がん検診を中心とした悪性腫瘍の画像診断に携わってきた。CTやMRI、マンモグラフィによる腹部骨盤領域、乳がんなどの画像診断に従事している。他科の医師と連携し、患者様に役立つ画像診断を心がけている。

大倉 直樹

大倉 直樹(おおくら・なおき)

Naoki Okura

放射線科医長
国際医療福祉大学 医学部講師

放射線科(画像診断、IVR)

群馬大学卒、医学博士
前東京大学医学部附属病院放射線科助教、元関東労災病院放射線科、元聖マリアンナ医科大学病院放射線科、元聖マリアンナ医科大学横浜市西部病院放射線科、元筑波大学附属病院放射線科
日本医学放射線学会認定放射線診断専門医・研修指導者、日本IVR学会認定IVR専門医、日本乳がん検診精度管理中央機構検診マンモグラフィ読影認定医、日本消化器がん検診精度管理評価機構胃がんX線検診読影部門B資格、厚生労働省認定臨床研修指導医

画像診断全般およびIVR(画像下治療)全般を担当しているが、特に消化器領域や救急領域における画像診断およびIVRの経験が豊富である。診療においては、正確・迅速・詳細な画像診断報告書の作成に加え、各診療科医師とのコミュニケーションを重視しており、画像診断やIVRについて気軽にご相談に対応することができる存在となれるよう心がけている。

田島 拓

田島 拓(たじま・たく)

Taku Tajima

国際医療福祉大学 医学部講師

放射線科(画像診断)

東京大学卒、医学博士
前東京大学医学部附属病院放射線科助教、元関東労災病院放射線科、元新松戸中央総合病院放射線科、元公立昭和病院放射線科、元社会保険中央総合病院放射線科
日本医学放射線学会認定放射線診断専門医・研修指導者

CT・MRIを中心とした画像診断全般に携わってきた。特に、腹部領域を得意としている。最新の情報を取り入れつつ、正確かつ臨床的に有用な画像診断を行うよう心がけている。他診療科の医師と連携しつつ、画像診断を通じて患者様に最適な医療をご提供できるよう努めている。

稲野 祥子

稲野 祥子(いなの・さちこ)

Sachiko Inano

放射線科(画像診断)

島根医科大学卒、医学博士
前山王病院放射線科、元社会保険中央総合病院放射線科、元東京大学医学部附属病院放射線科助教、元東芝病院放射線科
日本医学放射線学会認定放射線診断専門医、日本乳がん検診精度管理中央機構検診マンモグラフィ読影認定医、日本核医学会認定PET核医学認定医

CT、MRI、マンモグラフィなどの画像診断全般を担当しており、その分野は脳神経領域、胸腹部領域、骨軟部領域など多岐にわたる。正確でわかりやすいレポートを作成することで他科の医師と連携し、患者様へよりよい医療をご提供できるよう努めている。

大鐘 健一朗

大鐘 健一朗(おおがね・けんいちろう)

Kenichiro Ogane

放射線科(画像診断、核医学)

福井大学卒
前東京大学医学部附属病院放射線科、元中東遠総合医療センター
緩和ケア研修修了

核医学画像診断を中心に、腫瘍や脳神経領域など幅広い分野の診断に携わっている。患者様に安心していただける診療の提供を心がけている。

安谷屋 仁

安谷屋 仁(あだにや・しのぶ)

Shinobu Adaniya

放射線科

琉球大学卒
前仙台赤十字病院

核医学画像診断を中心に、患者様が安心して医療を受けられる診療を心がけている。よりよい核医学診療に貢献したいと考えている。

花房 優衣

花房 優衣(はなぶさ・ゆい)

Yui Hanabusa

放射線科(画像診断)

東京女子医科大学卒
前練馬光が丘病院

前職練馬光が丘病院では初期臨床研修として、放射線科に加え、内科、外科、地域医療との連携を学ぶ。CT、MRIを中心とした画像診断と、X線透視やCTなどの画像で身体の中を見ながら、カテーテルや針を使って行うIVRの技術を向上すべく研鑽を積みたい。