医師案内

腎臓・高血圧内科/糖尿病・内分泌内科

佐藤 敦久

佐藤 敦久(さとう・あつひさ)

Atsuhisa Sato

副院長
内科部長

国際医療福祉大学 医学部教授

内科(腎臓、高血圧、内分泌疾患-特に副腎疾患)

新潟大学卒、医学博士
慶應義塾大学医学部腎臓内分泌代謝科非常勤講師
前国際医療福祉大学塩谷病院副院長、元水戸赤十字病院内科部長、元Baker Medical Research Institute research fellow
日本内科学会認定指導医・総合内科専門医、日本高血圧学会認定指導医・高血圧専門医、日本腎臓学会認定指導医・腎臓専門医、日本内分泌学会認定指導医・内分泌代謝科専門医

臨床試験などから得られたエビデンスに基づいた治療を行う。十分な話し合いを行い、両者の合意による治療方針に、患者様からの高い信頼を得ている。

小山 一憲

小山 一憲(こやま・かずのり)

Kazunori Koyama

内科部長
国際医療福祉大学 医学部教授

内科(糖尿病、内分泌代謝)

慶應義塾大学卒、医学博士
慶應義塾大学医学部腎臓内分泌代謝内科助手
前国立病院機構東京医療センター内科(旧国立第二病院)、元テキサス大学ダラス糖尿病リサーチセンター研究員
日本内科学会認定内科医、日本糖尿病学会認定指導医・糖尿病専門医、日本内分泌学会認定指導医・内分泌代謝科専門医、緩和ケア研修修了

糖尿病、肥満症、脂質異常症、痛風、メタボリックシンドロームなどの生活習慣病を中心とした診療を行っている。特に、糖尿病は糖尿病療養指導士と協力して、1型および2型糖尿病におけるインスリン治療や糖尿病の合併症に対して、チーム医療を積極的に実践する。内分泌疾患では、甲状腺疾患(バセドウ病、橋本病など)を中心とした診療を行っている。医学の進歩による新たな知見と、これまでの豊富な臨床経験を生かし、21世紀の診療をめざしている。

坂本 昌也

坂本 昌也(さかもと・まさや)

Masaya Sakamoto

内科部長・地域連携部長
国際医療福祉大学 医学部教授

内科(糖尿病、内分泌、高血圧)

東京慈恵会科大学卒、医学博士
前東京慈恵会医科大学准教授、元千葉大学大学院医学研究科循環病態医科学、元東京大学大学院医学研究科循環器内科
日本糖尿病学会認定指導医・糖尿病専門医、日本内分泌学会認定指導医・内分泌代謝科専門医、日本高血圧学会認定指導医・高血圧専門医、日本内科学会認定総合内科専門医、厚生労働省認定臨床研修指導医

糖尿病、脂質異常症、高血圧といった生活習慣病に対し、患者様の生活面、ならびに医学的病態を鑑みながら治療を進める。1型糖尿病ポンプ治療・内分泌疾患(甲状腺・副腎疾患)は特殊な治療が必要になる場合があるため、さまざまな治療選択肢をご提示しながら進めていく。医療は時代とともにガイドライン・診療目標も変化する。常に最新・最適の世界水準の治療をめざし、当院から情報を世界発信していくとともに、診療は患者様と「対話・共感を大切に」をモットーに進めていきたいと考えている。

西本 光宏

西本 光宏(にしもと・みつひろ)

Mitsuhiro Nishimoto

国際医療福祉大学 病院准教授

内科(腎臓、内分泌、特に高血圧)

東京大学卒、医学博士
東京大学先端科学技術研究センター客員研究員
前東京大学先端科学技術研究センター特任講師、元東京大学医学部附属病院腎臓内分泌内科、元昭和病院内分泌代謝科

糖尿病や高血圧、脂質異常症などの生活習慣病、またそれらを原因とする慢性腎臓病は自覚症状に乏しいが、症状が出たときには手遅れになる。早期治療が重要であるが、無症状であるだけに効果の実感もわきにくいという点に治療のハードルがある。最新の知見を踏まえたうえで、お一人おひとりの患者様の事情を考慮し、患者様とともに最適な治療を選択できる診療をめざしている。