医師案内

創傷治療センター

松﨑 恭一

松﨑 恭一(まつざき・きょういち)

Kyoichi Matsuzaki

創傷治療センター長
国際医療福祉大学 医学部 形成外科学主任教授

形成外科

千葉大学卒、医学博士
国際医療福祉大学成田病院形成外科部長
前国際医療福祉大学三田病院形成外科部長、元慶應義塾大学医学部形成外科学教室准教授、元Harvard Medical School, Postdoctoral Fellow
日本形成外科学会認定形成外科専門医・皮膚腫瘍外科指導専門医、日本創傷外科学会専門医、日本熱傷学会認定熱傷専門医、日本褥瘡学会認定師、日本乳房オンコプラスティックサージャリー学会乳房再建用エキスパンダー・インプラント責任医師

米国留学で研究した再生医療のノウハウを、「手術・けが・やけどのキズあと、ケロイドをめだたなくする」に適用している。この美しく治す技術を、眼瞼(まぶた)の下垂・内反、義眼床、口唇・外鼻・耳介形成、乳房の再建・縮小、陥没乳頭、乳輪下膿瘍などの手術に応用している。

辻阪 安声

辻阪 安声(つじさか・あがた)

Agata Tsujisaka

形成外科(形成外科一般)

埼玉医科大学卒
前JCHO埼玉メディカルセンター形成外科、元慶應義塾大学病院形成外科、元独立行政法人国立病院機構東京医療センター形成外科、元東京都立小児総合医療センター形成外科、元東京歯科大学市川総合病院形成外科
日本乳房オンコプラスティックサージャリー学会認定乳房再建エキスパンダー・インプラント実施医師、日本医師会認定産業医

後期研修期間で外傷、小児先天性疾患、乳房再建、足疾患(PAD、CLI)、眼瞼下垂など多岐にわたり研鑽を積んだ。この経験を糧に、患者様やご家族のご希望に可能なかぎり応え、また形成外科医として機能面の回復だけでなく、整容面での改善を根底に置き、日々診療にあたっている。